日墨学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本メキシコ学院日本コース中学部

日墨学院(にちぼくがくいん)社団法人日本メキシコ学院(しゃだんほうじんにほんメキシコがくいん 西: Liceo Mexicano Japonés, A.C. )の通称。リセオとも呼ばれる。メキシコおよび日本の両国の文部省(現文部科学省)に認定された、日本人学校と現地校が同じ敷地内に混在する世界的にもめずらしい学院である。

メキシコ日本人学校を母体に、タクバヤ学園、タクバ学園、中央学園などの日本語学校(補習授業校)が一つになった学校で、日本・メキシコ共学の幼稚園があり、日本の文部省カリキュラムに準拠した日本コース、メキシコのカリキュラムによるメキシココースがある。所在地はメキシコシティー南部の高級住宅地ペドレガル (en:Pedregal) 。

歴史[編集]

3つに分かれていたコロニア(日系人コロニー)の日本語学校を「総合学園」にしたいという活動が滞る中、日本の第二次ベビーブームにより、過密状態でパンク寸前であった日本人学校の移転をきっかけに、駐在員・コロニア共同の学校にしようと日墨学院構想は始まった。

しかし、日本の高度成長期を終えニクソン・ショックで世界がゆれながらもメキシコに進出する日本企業に対するコロニア(日系人コロニー)側の不信感や、コロニア内の派閥(主に一世)間の調整や、約300万ドル(約十億円)にも及ぶ建設費の調達など、学院設立のためには、進出企業と日系社会が大同団結して、資金と人材を集める必要があった。

日本メキシコ商工会議所の有志により、建設委員会には、中屋敷正人(ジェトロのメキシコ所長)を中心に、小林勇一(伊藤忠商事メキシコ支店長、日墨学院初代理事長)、林正治(三菱商事メキシコ支店長)、森田和夫(日商岩井メキシコ支店長)などが集まり、二世有志の春日カルロス、山崎ベニート、平田ロベルトらも加わった。(役職はいずれも当時)

メキシコの教育界には、1894年に開校したドイツ学校を筆頭に、仏墨学院(1937年)、ユダヤ系学校(1924年)、クイーンエリザベス校(1959年)、オランダ学校(1973年)などの外国系学校がすでに存在していた。

設立の調査をするなかで「この欧米諸国の海外学校のあり方は、現地への貢献や文化交流が単にお義理や金ですまされるものでなく、知恵を出し、汗を出し、ともに学び、ともに鍛え合ってこそできるものだということを教えてくれるが、それを何の気負いもなく、しごく当然のこととして行っている姿は、きわめて教訓的である」(中屋敷正人)と、建設委員会は「欧米諸国並みのことはしなければ」という意識に目覚める。

日本の進出企業側が日本人学校側へ幾度と出向き、コロニア側への不信感を好転させるなかで、二世側は「二世有志に商社側が協力するという形で推進し、計画がまとまりかけた時点で一世には参加」してもらう作戦で計画を進めた。

日系社会代表者であった松本三四郎による100万ペソの寄付をきっかけに集まったコロニア側の50万ドルの資金や、メキシコ進出企業側の160万ドル、日本人学校の売却費12万ドルと、合計222万ドルもの資金を集めたものの必要な300万ドルには足りなかった。

日本国政府に補助金を申請したところ、1974年9月に田中角栄総理大臣(当時)が100万ドルの手土産と共に来墨し、エチェベリア大統領(当時)と会見し、日本メキシコ学院の早期開設を支援する共同声明を表明し、両国の産官民による協力の元、学校設立が実現された。

システム[編集]

セクション[編集]

日本コース及びメキシココース、並びに文化センターの3つのセクションから成り立っている。

日本コース[編集]

メキシココース[編集]

  • 幼稚部、小学部、中学部、高校部、日本語教育部を持つ。
  • メキシコ教育省の教育課程に準拠した教育を行うとともに、日本語及び日本文化学習を実施。
  • 主に、日系人子弟を含むメキシコ人子弟が中心となっている。
  • 新学期は9月より始まる。

文化センター[編集]

  • 両コースの中間に位置し、架け橋的役割をもち、両国文化交流の促進を図る。
  • 国際交流室、広報室の2部門がある。
  • 院内外の交流活動、広報活動、異文化理解教育、各種研究会・交歓会、院内外の一般成人向け文化講演会・講習会、諸外国への研修旅行など、広範な文化交流活動を実施している。

会員総会[編集]

  • 同学院の最高機関である。
  • 「理事会」は学院の運営に当たる中心機関。
  • 同数の在住日系個人会員と進出企業会員により構成される。
  • 理事は2年毎に改選される。

年表[編集]

  • 1974年3月 - 建設構想が始まる。
  • 1974年5月 - ブラボ・アウハ教育大臣が日本を訪問。奥野文部大臣と会談した際、日本メキシコ学院の設立が提唱される。
  • 1974年9月 - メキシコを訪問した田中元総理エチェベリア大統領との会談の結果、共同声明において同学院の設立は「両国民の相互理解のために画期的な重要性を有するものであって、早期建設を支援する」旨が発表される。
  • 1974年9月29日 - メキシコ合衆国憲法による社団法人日本メキシコ学院「Liceo Mexicano Japonés, A.C.(リセオ・メヒカーノ・ハポネス)」を設立。
  • 1975年4月 - 土地登記完了。
  • 1976年春 - 建設工事が着工。
  • 1977年9月29日 - 開校。

所在地[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯19度18分32.7秒 西経99度12分43.2秒 / 北緯19.309083度 西経99.212000度 / 19.309083; -99.212000