赤坂プリンスホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤坂プリンスホテル
Grand Prince Hotel Akasaka.jpg
赤坂プリンスホテル
ホテル概要
正式名称 赤坂プリンスホテル
ホテルチェーン プリンスホテル
部屋数 761室
開業 1955年10月1日
閉業 2011年3月31日
最寄駅 赤坂見附駅
所在地 〒102-8585
東京都千代田区紀尾井町1-2
位置 北緯35度40分47.58秒
東経139度44分14.09秒
座標: 北緯35度40分47.58秒 東経139度44分14.09秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

赤坂プリンスホテル(あかさかプリンスホテル、Akasaka Prince Hotel)は、かつて東京都千代田区紀尾井町で営業していたホテルである。

2007年に「グランドプリンスホテル赤坂」と改称された後、2011年3月をもって閉鎖された。

概要[編集]

開業は1955年10月1日で、最終的には旧館・別館(旧新館)・新館の3棟から構成されていた。「赤プリ」の愛称で知られ、特に1983年に開業した40階建ての新館は、隣接するホテルニューオータニのタワー棟と並んで赤坂見附にそびえ、バブル時代はトレンディスポットとしても人気を得ていた。芸能人やスポーツ選手の結婚式の披露宴会場に使用された[1]バブル時代にはクリスマスを高級レストランや高級ホテル、リゾートで過ごすことが流行しており、赤坂プリンスホテルのクリスマスの宿泊予約も9月末には埋まり、クリスマス明けにチェックアウトした客がその場で翌年分を予約するほどの人気であったという[2]

旧館は1930年に完成した旧李王家邸を改装したクラシックな建物で、別棟が増築された後には客室は置かれず、バーやレストラン、結婚式場として利用されていた。

2010年4月、老朽化による競争力低下の予想と保有資産の活用再検討の必要性を理由に、翌年3月31日をもって営業を終了することが発表された[3]。その後、2011年3月31日をもってホテル営業を終了した。

施設[編集]

旧館(旧李王家邸)[編集]

旧館(旧李王家邸)

1930年、韓国皇太子として生まれ、朝鮮併合後には日本の皇族に準じた扱いを受けていた李垠の邸宅として造営された建物を引き継いで開業した。建物は木造2階建の洋館で、宮内省内匠寮の北村耕造権藤要吉らが設計し、清水組(当時)により施工された。

日本の敗戦後には李垠臣籍降下したことから、建物の大部分は参議院議長公邸などとして使用された後、1952年に国土計画興業(後のコクド、及びプリンスホテル)がこれを取得した。1客室35室が整備され、1955年に赤坂プリンスホテルとして開業した。

元は四角い中庭を囲む形の建物で、後に西側が撤去されている。デザインはチューダー様式を基調としている。白い壁と濃褐色の木材との対比が落ち着いた印象を与えている。玄関ホールのスクリーン、階段の手摺り子など随所にねじり柱が施されている。談話室などには和風の網代天井も用いられている。現在、1階の大食堂はチャペルとして使用されている。2階のレストランは大幅に改装されているが寝室や書斎などの内装は造り付けの調度品も含めて当初の状態で残され、レストランの個室などに使用されている。1階がバー「ナポレオン」や結婚式場、2階がフレンチレストラン「トリアノン」などとなっていた。

  • 2階:サファイアホール、仏蘭西料理「トリアノン」
  • 1階:チャペル、バー「ナポレオン」、清和政策研究会事務所(閉館に伴い2011年2月、紀尾井町に移転)

新館[編集]

新館(2011年)

丹下健三設計による超高層ビルで、1983年3月7日に営業を開始した。雁行設計により、全ての客室がコーナールームとなっており、客室内にはエーロ・サーリネンのデザインしたチューリップチェアやサイドテーブルのほか、スイートルームには丹下デザインのソファも配されていた。客室は761室で、1,454人の収容が可能であった。

開業翌年には第25回BCS賞を受賞した。2001年には、全面改装が行われていた。

建築概要
  • 設計 - (建築)丹下健三・都市・建築設計研究所、(構造)鹿島建設武藤清
  • 施工 - 鹿島建設・西武建設JV
  • 着工 - 1980年3月
  • 竣工 - 1982年11月
  • 建築面積 - 3,098m²
  • 延床面積 - 67,750m²
  • 階数 - 地上39階、塔屋1階、地下2階
  • 高さ - 138.9m
  • 構造 - 鉄骨造(地上)、鉄骨鉄筋コンクリート造(地下)
館内設備
  • 40階:レストラン「ブルーガーデニア」、カクテルラウンジ「トップ オブ アカサカ」
  • 5~39階:客室
  • 3階:コーヒーハウス「ポトマック」、スーベニアショップ
  • 2階:クリスタルパレス
  • 1階:メインエントランス、ロビー、フロント、クローク、ロビーラウンジ「マーブルスクエア」
  • 地下1階:会席料理「紀尾井」寿司処・天麩羅処・しゃぶしゃぶ処、中国料理「李芳」
  • 「弁慶橋清水」(庭園内)
  • 江戸東京たてもの園 - 旧自証院霊屋はかつて西武鉄道が所有し、1957年から1979年までホテル敷地内に建っていた(新館建築に伴い解体、1986年に東京都へ寄贈)。

五色[編集]

丹下健三設計のコンベンションセンター。1997年12月3日開業。地上3階、地下2階建[4]

  • 2階:宴会場「五色の間」 - 橙光・黄雲・紅玉・紫雲・青葉
  • 1階:宴会場6室 - 紺青・新緑・赤瑛・紅花・紅葉・紅梅

別館(旧新館)[編集]

1960年10月1日開業。5階建。

  • 5階:ロイヤルホール
  • 4階:結婚式場、有明、旭、曙、右近左近、写真室、衣装室、更衣室
  • 1階:グリーンホール、ロビー、クローク

別館外、プリンス通りにベーカリーショップ「ブーランジュリー アカサカ」。2011年3月当時、2、3階は従業員事務所、更衣室になっていた。

赤坂プリンス・レジデンス[編集]

2001年7月12日竣工。ホテルの快適さをそのままにセントラル冷暖房完備、各種取次サービスを配したデラックスなマンション。

閉鎖後と再開発[編集]

東日本大震災避難所[編集]

2011年3月24日、東京都は福島第一原子力発電所事故で避難した福島県民の受け入れ施設として、新館を活用すると発表した[5]。4月9日から6月30日まで被災者を受け入れ[6]、建物の解体は7月以降に行われることとなった[5]

再開発計画[編集]

建て替えに伴う地区計画について、東京都の都市計画審議会2011年7月、緑地の割合を増やすなど周辺環境に配慮されているとして、容積率を従来の2倍の600%に設定した[7]。これにより、該当地区の建物の高さの上限は180メートルとなり、現在の140メートルから大幅に増すことになった[7]

再開発を進める西武ホールディングスは、該当する紀尾井町南地区44,000平米の敷地に2棟の高層ビルを2012年から建設する[7]。1棟は高さ180メートルの複合ビルで、上層に200-300室規模のホテル、中層にオフィス、低層に商業施設を設ける。もう1棟は高さ120メートルのタワーマンションとなり、100-200戸の賃貸住戸となる[7]

旧館(旧李王家邸)については、移築して活用されるという[7]

解体工事[編集]

新館の解体工事は、粉塵や部材の飛散、騒音振動を最小限に抑える新工法の「テコレップシステム」[8]を開発した大成建設が請け負い、西武ホールディングス傘下の西武建設も参加する。解体工事は当初2011年9月中から本格的に開始されるとされたが[7]、諸事情により工事開始は遅れて2012年6月から行われた。2012年11月13日、39階と40階の解体作業が終了し、15本の油圧ジャッキが操作されて建物が6m短くする作業が行われた。解体作業は2013年5月頃まで続く予定とされた[9]が、最終的には2013年7月6日に解体作業が完了した[10]

これ以前に日本国内で行われた高層建築物の解体工事は、清水建設2007年に実施した東京・上野のホテルソフィテル東京(112m)が最大のものだったが、今回はそれを上回る高さの高層ビルの解体例となった。

旧館の移動[編集]

旧館は曳家による移動が行われた[11]

その他[編集]

新館屋上には、日本放送協会(NHK)が千代田放送会館地内にあった千代田放送所に代わる予備送信設備(アナログテレビ・FM)を設置しているが、取り壊しに伴い廃止される。閉鎖時期がテレビジョン放送の完全デジタル化の時期に近く、かつ東京タワー局に代わる送信所となる東京スカイツリー局の運用開始は2012年となるため、一時的に予備送信施設がなくなることが危惧されたが、前述の通り解体工事開始が東京スカイツリー局の試験運用開始後となったためその問題は事実上解消している。FM放送は東京スカイツリー局の運用開始後、東京タワー局が予備送信施設としての機能を引き継いだ。

主な利用者[編集]

政治[編集]

芸能[編集]

スポーツ[編集]

将棋界[編集]

創作への登場[編集]

楽曲
映画、漫画

脚注[編集]

  1. ^ “「赤プリ」解体 屋上部分が地上に到着”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年5月19日). オリジナル2013年5月19日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0519-0029-15/www3.nhk.or.jp/news/html/20130518/t10014675271000.html 2013年5月19日閲覧。 
  2. ^ “「赤プリ」閉館 バブル世代の憧れ「思い出ありがとう」”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年3月31日). オリジナル2011年4月3日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20110403040623/http://www.asahi.com/national/update/0331/TKY201103310320.html 2013年1月15日閲覧。 
  3. ^ 連結子会社の事業所の営業終了に関するお知らせ (PDF) 株式会社西武ホールディングス 2010年4月28日
  4. ^ 館内案内
  5. ^ a b “赤プリが震災の避難施設に 取り壊し前に最後の活躍”. 47NEWS. 共同通信. (2011年3月24日). http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032401000831.html 2011年3月24日閲覧。 
  6. ^ “赤プリ、9日から被災者受け入れ 廉価で食事、ランドリー利用も”. 47NEWS. 共同通信. (2011年4月7日). http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040701000105.html 2011年4月7日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f 「旧赤プリ建て替え 容積率2倍の600%に」 『日本経済新聞』 平成23年7月30日朝刊
  8. ^ 大成建設>会社情報>プレスリリース>2010年
  9. ^ 国内最高のビル解体工事 本格開始(2012年11月14日時点のウェブ魚拓
  10. ^ 赤プリ 解体終了、新棟着工へ 16年夏ごろ完成目指す - スポニチアネックス2013年7月10日
  11. ^ 西武が赤プリ旧館の移設作業公開 都の有形文化財(msn 産経ニュース)
  12. ^ “千葉真一 家族初お披露目 結婚15年目の披露宴”. CHUNICHI Web (中日スポーツ). (2010年10月23日). オリジナル2010年10月23日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20101024205329/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2010102302000097.html 2013年1月15日閲覧。 
  13. ^ “千葉真一Jr.お披露目…結婚披露宴に600人が出席”. スポーツ報知. (2010年10月23日). オリジナル2010年10月24日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20101024151559/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101023-OHT1T00013.htm 2013年1月15日閲覧。 

外部リンク[編集]