手嶋龍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
手嶋 龍一
出生 1949年7月11日(64歳)
日本の旗 日本北海道芦別市
出身校 慶應義塾大学経済学部
職業 ジャーナリスト作家
主な業績 NHKボン支局長
NHKワシントン支局長
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授
早稲田大学政治経済学術院客員教授
公式サイト

手嶋 龍一(てしま りゅういち、1949年7月11日 - )は、日本ジャーナリスト作家。本人は“外交ジャーナリスト”を称する。

日本放送協会職員。ボン支局長・ワシントン支局長を歴任。現在は、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授としてインテリジェンス論を担当。後進の指導に取り組む傍ら、文筆活動。

来歴・人物[編集]

北海道芦別町(現芦別市)出身。 北海道岩見沢東高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業。

1974年日本放送協会(NHK)に入局。

室蘭放送局横浜放送局横須賀支局を経て、政治部に異動。外務省首相官邸自由民主党などを担当。

1987年、特派員としてワシントン支局に赴任。1990年代初めには、湾岸戦争前後のアメリカでの取材をもとに執筆したノンフィクション『ニッポンFSXを撃て』・『一九九一年日本の敗北』を上梓。

1994年ハーバード大学・国際問題研究所(CFIA)にシニア・フェローとして招聘され、『文明の衝突』で著名なサミュエル・ハンティントン、国防次官補を務めたジョセフ・ナイ、ブライアン・ヘア、リベラル派の代表的論客スタンレー・ホフマンらの指導を受けた。

1995年から1997年までボン支局長、1997年から2005年までワシントン支局長を務めた。

2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件では、11日間にわたる24時間連続の中継放送を担当。同時多発テロ事件の模様は「そのときホワイトハウスは」(月刊『文藝春秋』)に記録したのをはじめ、ハイビジョンスペシャル『聖戦への暴走』、NHKスペシャル『一年目の真実』などの大型ドキュメンタリー作品に描いた。

2005年6月、NHKを退局。

フリーランス[編集]

2006年2月、拉致や偽札といった北の独裁国家の問題をめぐる情報戦を描いた『ウルトラ・ダラー』(新潮社)を発表。4月、早稲田大学政治経済学術院客員教授就任。

同年11月には、高度な情報活動の重要性を説いた新書『インテリジェンス 武器なき戦争』(佐藤優との共著)、世界29都市に生起する情報戦を綴ったルポルタージュ『ライオンと蜘蛛の巣』(共に幻冬舎)を、2008年4月には、国際政治の最前線で活躍する29人を取り上げた人物ルポタージュ『葡萄酒か、さもなくば銃弾を』(講談社)を刊行。

2007年4月、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授就任。大学院で教鞭を取る傍ら、外交ジャーナリスト・作家としての活動を本格化させる。

2010年2月、『ウルトラ・ダラー』の姉妹篇となる『スギハラ・ダラー』(新潮社)を上梓。第二次大戦中、日本人外交官杉原千畝が発給した「命のビザ」で生き延びたスギハラ・サバイバルと世界を震撼させた幾多の国際金融事件とを結ぶインテリジェンスの深淵を描いた。

同年9月には、『インテリジェンスの賢者たち』(『ライオンと蜘蛛の巣』改題、新潮文庫)を、さらには環境問題を外交の重要テーマとして論じた『武器なき“環境”戦争』(池上彰との対論、角川SSC 新書)を刊行。

外交・安全保障問題をめぐっては、新聞・雑誌にも寄稿し、現在六紙(東奥日報秋田魁新報新潟日報北日本新聞福井新聞山陰中央新報)が一斉掲載するシンジケート・コラムを定期的に執筆している。

エピソード[編集]

競馬に対する造詣が深い。社台グループ創設者吉田善哉や、その次男でノーザンファームの代表を務める吉田勝己とも親交が深い[1]

また、有限会社キャロットファームに競走馬を現物出資している愛馬法人会キャロットクラブ(一口馬主クラブ)の代表取締役会長を務め、主要株主にも名前を連ねている。2011年安田記念では所有馬のリアルインパクトが優勝を果たした。

イラク戦争の際には、一貫してブッシュ政権寄りの論評を繰り返し、“駐NHKアメリカ大使”と一部で揶揄された。

出演番組[編集]

様々なジャンルの番組に出演。外交・安全保障分野のジャーナリストとして出演することが多い。造詣の深い競馬番組に出演することもある。

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

講演[編集]

  • 「スギハラ・サバイバーたちへの支援を通じて日本・イスラエルの両国関係を考える会」にてスピーチ(在日イスラエル大使館、2010年5月17日)

著書[編集]

ノンフィクション作品[編集]

インテリジェンス小説[編集]

共著[編集]

主なテレビ・ドキュメンタリー[編集]

  • 米ソ艦艇・謎のUターン-日本海はえ縄切断事件-(NHK、1981年より数回にわたり放送)文化庁芸術祭ドキュメンタリー部門優秀賞受賞
  • NHK特集『初めて見た中ソ国境地帯』(NHK、1985年6月24日)
  • 決定の瞬間 -記録されていたキューバ危機-(NHK、1999年4月29日)文化庁芸術祭ドキュメンタリー部門参加作品
  • ハイビジョンスペシャル『亡命者たち』(NHK、2001年5月31日)
  • ジョージ・W・ブッシュ大統領 単独テレビインタビュー(NHK、2002年2月15日)ホワイトハウスにて収録
  • ハイビジョンスペシャル『暴走する聖戦』(NHK、2002年5月24日)
  • NHKスペシャル『一年目の真実』(NHK、2002年6月1日)アメリカ同時多発テロ事件追跡ドキュメンタリー
  • イラク戦後のアメリカ -外交戦略と市民の声-(NHK、2003年5月10日)
  • アメリカ大統領への道 -ブッシュ再選を阻む風-(NHK、2003年12月6日)
  • アメリカ大統領への道 -ケリー躍進の意味するもの-(NHK、2004年3月10日)
  • NHKスペシャル『カリブの囚われ人たち』(NHK、2004年6月13日、グアンタナモ基地探索ドキュメンタリー)
  • NHKスペシャル『ふたつのアメリカ -イラク戦争のなかの大統領選挙-』(NHK、2004年7月24日)
  • 外交の瞬間 -71年ニクソン機密テープが語る米中接近-(NHK BS1、2005年5月26日)

脚注[編集]

  1. ^ GOETHE(ゲーテ)2006年6月号掲載特集記事(スティーブンズ・クラブ)

外部リンク[編集]