スタンリー・ホフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スタンリー・ホフマンStanley Hoffmann, 1928年11月27日 - )は、アメリカ合衆国在住の政治学者、ハーバード大学政治学部教授。専攻は、国際政治学フランス政治。80才を超えた今もなおハーバード大学の教授職にある。

略歴[編集]

ウィーン生まれのアシュケナジム・ユダヤ人で、フランスに移住しパリ政治学院を卒業後、社会科学高等研究院で教鞭をとる。1955年からハーバード大学に移り、1969年同ヨーロッパ研究センターを設立、1995年まで所長を務めた。

著作[編集]

単著[編集]

  • The State of War: Essays on the Theory and Practice of International Politics, (Praeger, 1965).
  • Gulliver's Troubles: or, the Setting of American Foreign Policy, (McGraw-Hill, 1968).
  • Decline or Renewal? France since the 1930s, (Viking Press, 1974).
天野恒雄訳『フランス現代史(1-3)』(白水社, 1977年)
  • Primacy or World Order: American Foreign Policy since the Cold War, (McGraw-Hill, 1978).
  • Duties beyond Borders: On the Limits and Possibilities of Ethical International Politics, (Syracuse University Press, 1981).
最上敏樹訳『国境を超える義務――節度ある国際政治を求めて』(三省堂, 1985年)
  • Dead Ends: American Foreign Policy in the New Cold War, (Ballinger Publishing, 1983).
  • Janus and Minerva: Essays in the Theory and Practice of International Politics, (Westview Press, 1987).
  • The European Sisyphus: Essays on Europe, 1964-1994, (Westview Press, 1995).
  • World Disorders: Troubled Peace in the Post-Cold War Era, (Rowman & Littlefield, 1998, updated ed., 2000).
  • Chaos and Violence: What Globalization, Failed States, and Terrorism Mean for U.S. Foreign Policy, (Rowman & Littlefield, 2006).

共著[編集]

  • The Ethics and Politics of Humanitarian Intervention, with Robert C. Johansen, James P. Sterba, and Raimo Vayrynen, (University of Notre Dame Press, 1996).
  • Gulliver Unbound: America's Imperial Temptation and the War in Iraq, with Frédéric Bozo, (Rowman & Littlefield, 2004).

編著[編集]

  • Contemporary Theory in International Relations, (Prentice-Hall, 1960).

共編著[編集]

  • The Relevance of International Law: Essays in honor of Leo Gross, co-edited with Karl W. Deutsch, (Schenkman Publishing, 1968).
  • Culture and Society in Contemporary Europe: A Casebook, co-edited with Paschalis Kitromilides, (Allen & Unwin, 1981).
  • The Fifth Republic at Twenty, co-edited with William G. Andrews, (State University of New York Press, 1981).
  • The Marshall Plan: A Retrospective, co-edited with Charles Maier, (Westview Press, 1984).
  • The Rise of the Nazi Regime: Historical Reassessments, co-edited with Charles S. Maier and Andrew Gould, (Westview Press, 1986).
  • The Mitterrand Experiment: Continuity and Change in Modern France, co-edited with George Ross and Sylvia Malzacher, (Polity, 1987).
  • Rousseau on International Relations, co-edited with David P. Fidler, (Oxford University Press, 1991).
  • The New European Community: Decisionmaking and Institutional Change, co-edited with Robert O. Keohane, (Westview Press, 1991).
  • After the Cold War: International Institutions and State Strategies in Europe, 1989-1991, co-edited with Robert O. Keohane and Joseph S. Nye, (Harvard University Press, 1993).

日本語訳論文[編集]

  • 「理論と国際関係」『静岡大学法政研究』4巻2・3号(2000年)
  • 「世界政治をめぐる追想」『静岡大学法政研究』4巻4号(2000年)
  • 「グローバル化と仏外相の現実主義」『論座』77号(2001年)
  • 「この『戦争』について――私たちアメリカ人の課題」『みすず』43巻11号(2001年)
  • 「国際秩序は存在するか」『静岡大学法政研究』6巻2号(2001年)
  • 「介入の問題」『静岡大学法政研究』6巻3・4号(2002年)
  • 「なぜ米国は嫌われるのか」『世界』700号(2002年)
  • 「グローバル化の衝突」『論座』88号(2002年)

外部リンク[編集]