第1コンスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
3人のコンスル:左からジャン=ジャック・レジ・ド・カンバセレス、ナポレオン・ボナパルト、シャルル=フランソワ・ルブラン

第1コンスル(だいいちコンスル、:Premier Consul)あるいは第1執政(だいいちしっせい)または第1統領(だいいちとうりょう)は、ナポレオン・ボナパルトによりフランスの権力奪取の後用いられた肩書きである。当初は同じ権限を持つ3人のコンスルが置かれた。

1799年11月9日のブリュメールのクーデターの後、ナポレオンとエマニュエル=ジョゼフ・シエイエスによって設立された執政政府統領政府Le Consulat、1799年 - 1804年)に3人のコンスルが置かれた。当初、3人のコンスルは同じ権限を持つとされたが、やがてナポレオンが3人の中の最強の者となった。

言葉の歴史[編集]

コンスルという言葉は、自分自身を古代ローマの支配者になぞらえようとするボナパルトの計画の一部として用いられた。後に、彼はエトワール凱旋門などの古代ローマ様式の凱旋門や記念碑の構築により、ローマとのつながりを強めることになる。

古代ローマには、政府の長として2人のコンスルが置かれた。コンスルは元老院を含む共和国を運営し、軍隊の最高指揮官でもある。2人のコンスルは同等の権威を持っており、互いに拒否権を行使することもできた。これは独裁を予防するための仕組みである。そして、非常時には元老院は1人のディクタトルを6ヶ月の任期を限って指名することができた。

第1共和政の崩壊により作られたフランスのシステムは、コンスルが2名から3名になった点以外は古代ローマの制度に類似していた。しかし、やがて3人の中で最も野心的でカリスマ性を持つナポレオンが頭角を現すこととなる。国民投票で彼は終身第1コンスルに選出された。この選出は任期の点以外では古代ローマのディクタトルの指名に類似するものである。最終的に1804年にナポレオンはフランス皇帝となることを宣言して、フランスに君臨することになった。

他のコンスル[編集]

関連項目[編集]