フランソワ・クリュゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランソワ・クリュゼ
François Cluzet
生年月日 1955年9月21日(58歳)
出生地 パリ
国籍 フランスの旗 フランス

フランソワ・クリュゼFrançois Cluzet 1955年9月21日-)はフランスパリ出身の俳優。セザール賞の主演男優賞を『唇を閉ざせ』(2006年)の演技で受賞している。セザール賞には他に9回ノミネートされている。

人物・来歴[編集]

17歳の時、私立の演劇学校 Cours Simon に入学する。1976年に舞台に初出演し、1979年にはディアーヌ・キュリス監督の映画 Cocktail Molotov に出演している。1980年と1982年にはクロード・シャブロル監督の映画に出演。

1984年の第9回セザール賞では、ジャン・ベッケル監督の映画『殺意の夏』で助演男優賞に、他の映画でも有望若手男優賞にノミネートされた。以後、ベルトラン・タヴェルニエ(『ラウンド・ミッドナイト』)、トニー・ガトリフ (Rue du Départ ) 、クレール・ドニ(『ショコラ』)、ベルトラン・ブリエ(『美しすぎて』)ら大物監督の映画で主要な役を演じるようになった。

1990年代にはフランスを舞台にした外国映画にも挑戦し、ロバート・アルトマン監督のアメリカ映画『プレタポルテ』やローレンス・カスダン監督のアメリカ映画『フレンチ・キス』に出演した。

子供は全部で4人おり、最初の子供は1982年生まれの娘である。他に、女優マリー・トランティニャンとの間に1992年に息子をもうけている。また、女優 Valérie Bonneton との間にも2001年に息子を、2006年に娘をもうけている。

主な出演作[編集]

主な受賞・ノミネート[編集]

セザール賞[編集]

作品名 部門 結果
1984年(第9回) Vive la sociale! 有望若手男優賞 ノミネート
殺意の夏 助演男優賞 ノミネート
1990年(第15回) Force majeure 助演男優賞 ノミネート
1996年(第21回) Les Apprentis 主演男優賞 ノミネート
2003年(第28回) 見えない嘘 助演男優賞 ノミネート
2007年(第32回) 唇を閉ざせ 主演男優賞 受賞
Quatre étoiles 助演男優賞 ノミネート
2010年(第35回) Le Dernier pour la route 主演男優賞 ノミネート
À l'origine 主演男優賞 ノミネート
2012年(第37回) 最強のふたり 主演男優賞 ノミネート

その他[編集]

賞・映画祭 部門 作品名 結果
1984年 ジャン・ギャバン賞 受賞
1996年 パリ映画祭 最優秀男優賞 Le silence de Rak 受賞
2007年 グローブ・ドゥ・クリスタル 最優秀男優賞 唇を閉ざせ 受賞
2007年 エトワール・ドール 主演男優賞 唇を閉ざせ 受賞
2010年 エトワール・ドール 主演男優賞 À l'origine 受賞
2011年 第24回東京国際映画祭 最優秀男優賞 最強のふたり 共演者オマール・シーと共に受賞

外部リンク[編集]