最後の賭け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最後の賭け
Rien ne va plus
監督 クロード・シャブロル
脚本 クロード・シャブロル
製作 マラン・カルミッツ
出演者 イザベル・ユペール
ミシェル・セロー
音楽 マチュー・シャブロル
撮影 エドゥアルド・セラ
編集 モニーク・ファルドゥリ
製作会社 MK2 Productions
TF1 Films Production
CAB Productions
Télévision Suisse-Romande (TSR)
Téléclub
Rhône-Alpes Cinéma
Canal+
la procirep
l'office fédéral de la culture [DFI] suisse
配給 フランスの旗 MK2 Diffusion
日本の旗 紀伊國屋書店/マーメイドフィルム
公開 フランスの旗 1997年10月15日
日本の旗 2011年5月21日
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
言語 フランス語
ハンガリー語
製作費 FRF 60,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $250,899[2]
テンプレートを表示

最後の賭け』(さいごのかけ、Rien ne va plus)は1997年フランスの映画サン・セバスティアン国際映画祭グランプリ受賞作品である。『賭けはここまで』の邦題もある[3]

ストーリー[編集]

年の離れた詐欺師コンビ、ヴィクトールとベティは、ベティの色仕掛けで男から金をだまし取るという細かい仕事で稼いでいた。次の獲物を探すためにやって来たスイスのホテルに、ベティは1年前から付き合っているモーリスという男を連れて来る。モーリスは大企業の経理部長で、500万フランの大金をベティと持ち逃げする気でいるらしいことから、ヴィクトールとベティは500万フランをかすめ取る作戦に出る。 グアドループまでの運び屋として飛行機内で大金の入ったアタッシュケースをすり替えた「ふり」をすることで、まんまと大金を手に入れたヴィクトールとベティだったが、モーリスの持ち逃げに気付いていたモーリスのボス、ムッシューKの命を受けたヤクザによって拉致される。モーリスが持ち逃げしたのはマフィアの金だったのである。モーリスは既に殺されており、ヴィクトールとベティも命の危険にさらされるが、ベティがアタッシュケースの鍵の番号を教えたことで、辛うじて殺されずに釈放される。そして、アタッシュケースの中からあらかじめ一部の金を抜き取っていたヴィクトールは、2人が一緒にいない方が安全との言葉と分け前を残してベティの前から姿を消す。

それから何年かが過ぎ、ベティがヴィクトールの隠れ家にやって来る。もう一度コンビを組もうというヴィクトールの言葉を一度は無視して隠れ家を後にしたベティだったが、思い直してヴィクトールのもとに戻って来る。2人は父娘だったのである。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]