殺意の夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殺意の夏
L'Été meurtrier
監督 ジャン・ベッケル
脚本 セバスチアン・ジャプリゾ
原作 セバスチアン・ジャプリゾ
製作 クリスティーヌ・ベイトゥ
出演者 イザベル・アジャーニ
アラン・スーション
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
撮影 エチエンヌ・ベッケル
編集 ジャック・ウィッタ
製作会社 S.N.C.
C.A.P.A.C.
TF1フィルムズ
配給 フランスの旗 S.N.C.
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 フランスの旗 1983年5月11日
日本の旗 1985年6月15日
上映時間 134分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

殺意の夏』(さついのなつ、原題:L'Été meurtrier / 英題:One Deadly Summer)は、ジャン・ベッケル監督が1983年に製作したフランス映画

概要[編集]

1978年ドゥ・マゴ賞を受賞したセバスチアン・ジャプリゾの同名原作をもとに、ジャン・ベッケル監督が1983年に製作したサスペンス。カンヌ国際映画祭パルム・ドールにノミネートし、主演のイザベル・アジャーニセザール賞主演女優賞を受賞した。

ストーリー[編集]

フランス南部の小さな町にエリアーヌが両親とともに引っ越してくる。美しくセクシーな彼女の姿に、修理工で消防夫のパン・ポンはすぐに惹かれるが、彼女にはかつて母ポーラをレイプして妊娠させた実の父親を見つけ出し、復讐するという目的があった。レイプ犯が運んでいた自動ピアノがパン・ポンの亡父のものであることを知ったエリアーヌはパン・ポンに近づき、彼の家に「嫁」として入り込む。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
第9回セザール賞英語版 セザール賞作品賞英語版 ノミネート
セザール賞監督賞英語版 ジャン・ベッケル
セザール賞脚本賞英語版※脚色部門 セバスチアン・ジャプリゾ 受賞
セザール賞主演男優賞英語版 アラン・スーション ノミネート
セザール賞主演女優賞英語版 イザベル・アジャーニ 受賞
セザール賞助演男優賞英語版 フランソワ・クリュゼ ノミネート
セザール賞助演女優賞英語版 シュザンヌ・フロン 受賞
セザール賞音楽賞英語版 ジョルジュ・ドルリュー ノミネート
セザール賞編集賞英語版 ジャック・ウィッタ 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ L'été meurtrier (1983) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]