セバスチアン・ジャプリゾ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セバスチアン・ジャプリゾSébastien Japrisot, 1931年7月4日 - 2003年3月4日)はフランス小説家推理作家脚本家映画監督翻訳家

人物[編集]

本名はジャン=バティスト・ロッシJean-Baptiste Rossi)。1950年ソルボンヌ大学在学中に純文学的な小説"Les Mal partis"(『不幸な出發』『愛は終り一つの憶い出に一つの祈りそして一粒の涙』)を本名で発表しデビュー。しかし経済的理由から推理小説家に転向し、1962年"Compartiment tueurs"(『寝台車の殺人者』)をセバスチアン・ジャプリゾ(「Sébastien Japrisot」は本名「Jean-Baptiste Rossi」のアナグラム)名義で発表した。同年に発表した"Piège pour Cendrillon"(『シンデレラの罠』)でフランス推理小説大賞を受賞。1978年"L'Eté meurtrier"(『殺意の夏』)でドゥ・マゴ賞受賞。1991年には、"Un long dimanche de fiançailles"(『長い日曜日』)でアンテラリエ賞を受賞。

小説[編集]

  • 1950年 "Les Mal partis"
邦題『不幸な出發』(青柳瑞穂訳)
邦題『愛は終り一つの憶い出に一つの祈りそして一粒の涙』(山崎剛太郎訳)訳者あとがきによると旧訳の底本とは異同がある。
映画『続・個人教授』原作。本名で監督・脚本を担当。
  • 1962年 "Compartiment tueurs"
邦題『寝台車の殺人者』(望月芳郎訳)
映画『七人目に賭ける男』原作。
  • 1962年 "Piège pour Cendrillon"
邦題『シンデレラの罠』(望月芳郎訳/新訳として平岡敦訳がある)
同題の映画の原作。
  • 1966年 "La Dame dans l'auto avec des lunettes et un fusil"
邦題『新車の中の女』(望月芳郎訳)
邦題『さらば友よ』(榊原晃三訳)
同題の映画の原作。ジャプリゾが脚本を担当した。
  • 1972年 "La Course du Lièvre à Travers les Champs"
邦題『ウサギは野を駆ける』(榊原晃三訳)
映画『狼は天使の匂い』のノベライゼーション。デイビッド・グーディスの原作は映画と同題で邦訳あり。
邦題『殺意の夏』(望月芳郎訳)
同題の映画の原作。
  • 1986年 "La passion des femmes"
  • 1991年 "Un long dimanche de fiançailles"
邦題『長い日曜日』(田部武光訳)
映画『ロング・エンゲージメント』原作。