唇を閉ざせ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
唇を閉ざせ
Ne le dis à personne
監督 ギヨーム・カネ
脚本 ギヨーム・カネ
フィリップ・ルフェーヴル
原作 ハーラン・コーベン
製作 アラン・アタル
製作総指揮 リュック・ベッソン
ピエランジュ・ル・ポギャム
出演者 フランソワ・クリュゼ
音楽 マチュー・シェディッド
撮影 クリストフ・オーファンスタン
編集 ハーヴ・デ・ルーズ
製作会社 Les Productions du Trésor
ヨーロッパ・コープ
M6 Films
Caneo Films
Sofica Europacorp
Région Ile-de-France
Canal+
CinéCinéma
M6 Métropole Télévision
配給 フランスの旗 ヨーロッパ・コープ
日本の旗 熱帯美術館
公開 フランスの旗 2006年11月1日
日本の旗 2011年8月14日
上映時間 131分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 €11,700,000[1]
興行収入 世界の旗 $33,406,992[2]
テンプレートを表示

唇を閉ざせ』(くちびるをとざせ、Ne le dis à personne)は2006年フランスの映画アメリカ合衆国の作家ハーラン・コーベン同名小説を映画化した作品である。

第32回セザール賞において、作品賞をはじめとする9部門でノミネートされ、そのうち監督賞(ギヨーム・カネ)、主演男優賞(フランソワ・クリュゼ)、作曲賞(マチュー・シェディッド)、編集賞(ハーヴ・デ・ルーズ)の4部門で受賞を果たした。

ストーリー[編集]

8年前に妻マルゴを惨殺された過去を持つ小児科医アレックスは、ある日、妻と自分の関係を示す「M+A」と書かれたメールを受け取る。その内容に従って、あるサイトにアクセスすると「現在のマルゴ」が映っていると思われる動画が再生される。妻が生きていると考えたアレックスは、彼女の死体を確認した唯一の存在である、妻の父で元警官のジャックに死体の状態を尋ねるが、マルゴの死を否定する可能性を得ることはできなかった。それでも疑問が拭えないアレックスは、真相を突き止めようとするが、アレックスを監視している謎の男たちに陥れられ、マルゴの親友シャルロットを殺した容疑者として警察に追われることになる。

キャスト[編集]

リメイク[編集]

2009年ハリウッドでのリメイクが発表された[3]。翌2010年には、オーストラリア映画監督脚本家アンドリュー・ドミニクがリメイク版の脚本を執筆しているが、監督も担当するかは未定であると報道された[4]

参考文献[編集]

  1. ^ Ne le dis à personne” (フランス語). AlloCiné. 2014年2月3日閲覧。
  2. ^ Tell No One (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2012年5月23日閲覧。
  3. ^ “Miramax, Focus to 'Tell No One'” (英語). バラエティ. (2009年4月29日). http://www.variety.com/article/VR1118002992 2012年5月23日閲覧。 
  4. ^ “Andrew Dominik Writing Tell No One Remake” (英語). Film Junk. (2010年8月11日). http://www.filmjunk.com/2010/08/11/andrew-dominik-writing-tell-no-one-remake/ 2012年5月23日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]