セルジュ・ゲンスブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルジュ・ゲンスブール

セルジュ・ゲンスブールSerge Gainsbourg1928年4月2日 - 1991年3月2日)は、フランス作曲家作詞家歌手映画監督俳優

概要[編集]

両親は帝政ロシア(現在のウクライナハリコフ)出身のユダヤ人で、パリ生まれ。幼名はリュシヤン・ギンスブルグ(Lucien Ginsburg)といった。1958年Le Poinçonneur des Lilas(『リラの門の切符切り』)でデビューして以来、反体制的な作風で人気を博し1960年代の特に後半から1970年代にかけてフランスのポピュラー音楽において中心的な役割を果たした。

作詞に特徴が強く、ダブル・ミーニングなどの言葉遊びを多用する。また、ときにはメタファーを使って、ときには露骨に性的な内容を語った歌詞が多い。俳優歌手ジェーン・バーキンは3人目のであり、俳優のシャルロット・ゲンスブールはバーキンとの間に儲けたである。

死後はその栄光をたたえて、ジャン=ポール・サルトルシャルル・ボードレールなどの著名人が数多く眠るモンパルナス墓地に葬られた。

経歴[編集]

デビュー以前[編集]

ギンスブルグ家はロシア革命の混乱を逃れてきた移民である。リュシヤンの父親ジョゼフはピアニスト美術家だったが、パリに移ってからはもっぱらキャバレーピアノを弾いて生計を立てていた。パリで産まれたリュシヤンは父の影響で幼少からクラシック音楽に親しみ、絵画にも興味を持っていた。幼いころは内気な性格だった。1947年ごろ、小遣い稼ぎにギターを弾きはじめる。1948年に召集を受け翌1949年までおよそ1年間従軍するがこの間、脱走を企てたことなどから3ヶ月間投獄されている。それに前後してギターが生計を担うようになり、絵画からは遠ざかってゆく。この期間、貧困に苦しんでさまざまな仕事をする合間にはじめて作曲をする。1951年、エリザベット・レヴィツキーと結婚する。1954年、パリの有名なキャバレー「ミロール・ラルスイユ」でピアニストとして働きはじめる。そこでボリス・ヴィアンの歌唱を聞いて感銘を受け、「これなら自分にもできる」と考える。それ以来、セルジュ・ゲンスブールと名乗るようになる。本人の談によると、「ゲンスブール」の由来は高校の教師が「ギンスブルグ」をうまく発音できず「ゲンスブール」と読んでいたことで「セルジュ」はロシア風の名前から選んだという。同時にリュシヤンというファーストネームに嫌気がさしていたともいわれている。

1958年に歌手としてデビューするまで、ゲンスブールはパリのキャバレーでピアニスト兼歌手として働いていた。ここでボリス・ヴィアンの歌唱を聞き、その反骨精神に感銘を受けたことが後の作風に影響したという。デビュー前から、ほかの歌手に提供する形で作曲はしていた。ヴィアンはセルジュの才能を絶賛していた。

なお「ギンスブルグ」の綴りには諸説あるが、2006年に発売されたトリビュート・アルバムMonsieur Gainsbourg Revisitedのブックレットには"We wish to thank [...] Paul Ginsburg"という記載がある。「ゲンスブール」についても、日本では「ゲンブール」「ゲーンスブール」「ゲーンズブール」といった表記が使われている。69 année érotique(『69年はエロな年』)、Ballade de Johnny-Janeなどで聞ける本人の発音は「ゲンブール」に近い。フランス語の発音規則に従えばここは「ス」なのだが(フランス語の規則に従えば、全体を「ガンスブール」または「ギャンスブール」と発音するのが自然であろう)フランス語では有声化と呼ばれる現象が強く、後の[b]に影響されて[s]が[z]に近く発音されると考えられるので揺らいでいる文字の発音は「有声化によって『ズ』に近くなった『ス』」という記述がもっとも適当だろう。 発音例

歌手デビュー後[編集]

1958年、ゲンスブールは歌手としてメジャーデビューする。デビュー作のLe Poinçonneur des Lilas(『リラの門の切符切り』)は、地下鉄切符を切り続ける改札係を歌ったものである。暗い地下から逃げて広い世界に出たいという着想はあるとき改札係に「なにか望みはないか」と尋ね、「が見たい」という答えを受けたことから生まれたという。歌詞の中では、色々な意味に変わりながら繰り返されるtrous(穴)というが性的な隠喩であるとされる。この曲がヒットしている間、セルジュはコンサートで改札係に扮して歌った。

1965年フランス・ギャルがゲンスブールの提供曲Poupée de cire, poupée de son(『夢見るシャンソン人形』)でユーロビジョン・ソング・コンテストのグランプリを獲得する。当時ジャック・プレヴェールに代表される情緒豊かな作品(日本で普通「シャンソン」と呼ばれるようなもの)が主流だったフランス音楽界においてそれらと比べテンポが速く音数も多い作風であることが一線を画したゆえ一部の反発を受けるが、若い層を中心に絶大な人気を集めギャルとともにセルジュの名を一気に高める。その後もギャルへの提供曲は続々とヒットし、ギャルはフレンチロリータという伝統の始まりとなる。

問題とされた歌詞[編集]

ギャルに与えた歌におけるゲンズブールの作詞をもっと詳しく考察すると他にも皮肉や嫌味が入っている歌があり、時としてそれは悪意の領域にまで達している。1966年にギャルは、同じくゲンスブールが童謡のような曲とアレンジで制作した『Les sucettes』(邦題:アニーとボンボン)を歌い、こちらもヒットした。しかし、このsucette(スュセット)という語はロリポップ・キャンディ(子供などが嘗める棒状の飴)を意味すると同時にフェラチオの隠語でもあった。当時、若年のアイドルであり、まだ18歳のギャルはPVで無邪気にロリポップを嘗める姿を見せていたが、その意味には気付いていなかったと発言している(ギャルのベスト・アルバムPoupée de cire日本版のブックレットより)。また、ギャルの後ろでロリポップ・キャンディの着ぐるみを被った数人の人物が共演しているが、彼らの着ぐるみもギャルが手にしたキャンディも両者共に男性器を彷彿させるような形状であることが確認できる。 ギャルは、ヒット中には何も知らずにTVやグラビアで棒つきキャンディを頬張っている姿を見せていたが、後にセルジュが書いた歌詞に秘められていた別の意味に気付いて人間不信に陥り恥ずかしさと怒りから数ヶ月部屋に閉じこもってしまったという。ちなみに『夢見るシャンソン人形』にも、蝋人形という死のイメージにアイドル歌手をダブらせるという意味が込められているとされる。

ブリジット・バルドーとの関係[編集]

1967年ブリジット・バルドーと不倫の関係を持つ。この年にはバルドーにHarley Davidsonなど多数の提供曲を作っている。Je t'aime... moi non plus(『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』)もその1つだがバルドーは当時の夫ギュンター・ザックスの怒りを恐れ、この歌のリリースを拒否する(詳しくはジュ・テーム・モワ・ノン・プリュを参照のこと)。翌1968年にはセルジュとバルドーのデュエットなどによるアルバムBonnie and Clydeがリリースされている。

ジェーン・バーキン[編集]

1968年、映画Slogan(『スローガン』)でジェーン・バーキンと共演する。当時20歳のバーキンはセルジュに一目惚れし、同年のうちにJe t'aime moi non plusをセルジュとデュエットするなど親密な関係を経て結婚する。なお、バーキンがJe t'aime moi non plusを歌ったアルバムJane Birkin et Serge Gainsbourgにはセルジュが歌うLes sucettesも収録されている。セルジュにとっては3度目の結婚である。この結婚生活は円満で娘のシャルロット・ゲンスブールにも恵まれ、2人はおしどり夫婦として知られるようになる。以後セルジュはバーキンに無数の提供曲を作る。バーキンとのデュエットにJe t'aime moi non plusと同様、性行為を歌ったLa décadance(『デカダンス』、1972年)がある。

1968年フランソワーズ・アルディComment te dire adieu(『さよならを教えて』)を提供する。これがきっかけで、アルディはセルジュともバーキンとも親しく交際するようになる。セルジュの死後もアルディはバーキンのアルバムRendez-vous2003年)にSuranéeで参加するなど、バーキンと懇意である。

1973年、心臓発作を起こして倒れる。バーキンは家庭のために健康にも気遣ってほしいと懇願するがセルジュはそれを聞き入れず、以前と同様の飲酒喫煙を続ける。これも一因となって夫婦の争いが多くなり、セルジュはバーキンに暴力を振るうようになる。1977年、バーキンと離婚。その後も曲の提供は続ける。

バーキンとの離婚以降[編集]

1979年、フランスの国歌La Marseillaise(『ラ・マルセイエーズ』)をレゲエに編曲したAux armes et caetera(祖国の子供たちへ)をリリースする。この時代レゲエに傾倒していたセルジュは、新作のアルバムをジャマイカキングストンで録音する。このときボブ・マーリーのバックヴォーカルを務めていたリタ・マーリーが参加しているが、ボブは後でリタがエロティックな歌詞を歌わされたとして怒ったという。

1980年から、モデル・歌手のバンブーと同棲、正式な結婚の手続きをとらず最後まで事実婚状態であったがバンブーがセルジュの最後のパートナーとなった。セルジュ・バンブー間にはピアニスト・作曲等音楽家として活動するルル・ゲンスブール(1986年生まれ)がいる。

Aux armes et caeteraのために右翼団体から狙われていたセルジュは、その後たびたび襲撃されるようになる。1984年競売La Marseillaise著作権を買い取ったとき、「破産する覚悟で望んだ」という本人の談がある。

1984年、当時13才のシャルロットとのデュエットでLemon incestレモン・インセスト)をリリースする。これはフレデリック・ショパンの「12の練習曲 Op.10 第3番 ホ長調『別れの曲』」にincest(近親姦)という題名の通り、セルジュとシャルロットの関係を思わせるような歌詞をつけて歌ったものである。1986年にはシャルロットのアルバム『魅少女シャルロット』をプロデュースして、同作でも2曲でシャルロットとデュエットした。

晩年、テレビに出演する機会は多かったがも剃らずしばしば酔ったままで現れた。ホイットニー・ヒューストンと共演したときには"I want to fuck you"と発言した。

Gainsbourg Serge tombe.jpg

1991年、死亡。死因は心筋梗塞と考えられているが、発見時、既に死後どの程度の時間が経過していたか定かでない。遺体はパリのモンパルナス墓地に埋葬された。ゲンスブールのを訪れる人は後を絶たず、彼らがLe poinçonneur des Lilasにちなんで地下鉄の切符を供えるため墓の周りにはいつも無数の切符が散らばっている。

代表作[編集]

アルバム[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライヴ・アルバム[編集]

  • Enregistrement public au Théâtre Le Palace(1980年)
  • ライヴ・イン・パリ - Gainsbourg Live(1985年)
  • ゼニット・ライヴ - Le Zénith de Gainsbourg(1989年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • ボニーとクライド - Bonnie and Clyde(1968年、ブリジット・バルドーとの連名)
  • ゲンスブール・フォーエヴァー - Gainsbourg... Forever(2001年)
  • ベスト・オブ・セルジュ・ゲンスブール – イニシャルSG - Initials SG(2002年)

歌曲[編集]

  • リラの門の切符切り - Le Poinçonneur des Lilas(1958年)
  • 唇によだれ - L'Eau à la bouche(1960年)
  • ラ・ジャヴァネーズ - La Javanaise(1962年)
  • コーヒー・カラー - Couleur Café(1964年)
  • ニューヨーク USA - New York U.S.A.(1964年)
  • ジキルとハイド - Docteur Jekyll et monsieur Hyde(1965年)
  • 誰がインで誰がアウト - Qui est in, qui est out(1968年)
  • イニシャルB.B. - Initials B.B.(1968年)
  • ボニーとクライド - Bonnie and Clyde(1968年)
  • フォード・ムスタング - Ford Mustang(1968年)
  • ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ - Je t'aime… moi non plus(1969年)
  • エリザ - Elisa(1969年)
  • ’69はエロな年 - 69, année érotique(1969年)
  • デカダンス - La Décadanse(1972年)
  • 手ぎれ - Je suis venu te dire que je m'en vais(1973年)
  • ロック・アラウンド・ザ・バンカー - Rock around the bunker(1975年)
  • ジョニー・ジェーンのバラード - Ballade de Johnny-Jane(1976年)
  • 海、セックスそして太陽 - Sea, Sex and Sun(1978年)
  • 祖国の子供たちへ - Aux armes et caetera(1979年)
  • ハーレイ・ダヴィッドソン - Harley-Davidson(1980年)
  • 神様はハバナタバコが大好き - Dieu fumeur de havanes(1980年)
  • エクセ・オモ - Ecce homo(1981年) フリードリヒ・ニーチェEcce Homo(『この人を見よ』)にちなんだもの
  • ラヴ・オン・ザ・ビート - Love on the Beat(1984年)
  • レモン・インセスト - Lemon incest(1985年)
  • ユア・アンダー・アレスト - You're under arrest(1987年)
  • 幸せな子供たちへ - Aux enfants de la chance(1987年)
  • おれの外人部隊 - Mon Légionnaire(1987年)
  • ヘイ・マン・アーメン - Hey Man Amen(1989年)

提供曲[編集]

楽曲を提供したアーティストは無数であり、特に女性が多い。

  • フランス・ギャル
    • 夢見るシャンソン人形 - Poupée de cire, poupée de son(1965年)
    • アニーとボンボン - Les Sucettes(1966年)
  • フランソワーズ・アルディ
    • さよならを教えて - Comment te dire adieu?(1968年)
  • ジェーン・バーキンへは数多くの曲を提供しているがもともとセルジュが歌ったものをバーキンがカバーしたり、逆のケースも多いので厳密に分けることは難しい。

映画[編集]

著作[編集]

  • 「スカトロジー・ダンディズム」(福武書店、1980年

評伝[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]