フレンチ・ポップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フレンチ・ポップス(フレンチ・ポップ)とは、通常、日本ではフランス語によって歌われるポップスの事を指す。したがってフランス人による歌唱に限定されておらず、フランス語圏であるフランスベルギーケベック州出身の歌手、あるいは日本人歌手も存在する。

実情[編集]

発売されている多くの「フレンチ・ポップスのオムニバス・アルバム(使用例を参照の事)」では、1960年代後半から70年代前半にかけて流行した、いわゆる「イエイエ」 (Yé-yé) と称される音楽が中心となって構成されている。ライナーノーツの解説などにおいては、多くの場合、シルヴィ・ヴァルタンフランス・ギャルエルザミッシェル・ポルナレフなどが、その代表例として挙げられている。

使用例[編集]

作品解説、あるいはアルバムに記述されているコピー等で「フレンチ・ポップス(フレンチ・ポップ)」という言葉が使われているアルバム例は以下の通り。

アルバム名 主な収録作品(歌手)
ボン・ボン・フレンチ オー・シャンゼリゼダニエル・ビダル) / 夢見るシャンソン人形フランス・ギャル) / 無造作紳士(ジェーン・バーキン) / あなたのとりこ(シルヴィ・ヴァルタン) / シェリーに口づけミッシェル・ポルナレフ) / ジェレミー(クレモンティーヌ) / 愛の歴史(ミシェル・フュガン) / アイドルを探せ(シルヴィ・ヴァルタン) / 愛の言葉の国(イヴ・デュテイユ) / 男と女(クロディーヌ・ロンジェ & ホセ・ソアレ
フレンチ・ファイン あなたのとりこ(シルヴィ・ヴァルタン) / アイドルを探せ(シルヴィ・ヴァルタン) / そして、たとえ…(フランソワーズ・アルディ) / 男と女(クレモンティーヌ) / 夢見るシャンソン人形(松本英子) / 白髪になった少年たち(ジルベール・ベコー) / 哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)(エルザ) / サン・ジャンの私の恋人(パトリック・ブリュエル) / ナイト・アンド・デイ(パトリック・ブリュエル・アンド・カヒミ・カリィ) / パリの空の下(ジゼル・マッケンジー
フレンチ・ポップスのすべて オー・シャンゼリゼ(ダニエル・ビダル) / カトリーヌ(ダニエル・ビダル) / ふたりの天使(ダニエル・リカーリ) / シェルブールの雨傘(ダニエル・リカーリ) / さらば夏の日(フランシス・レイセリーヌ) / 男と女(フランシス・レイとニコール・クロワジール) / シバの女王(レイモン・ルフェーブル・グランド・オーケストラ) / 恋はみずいろ(レイモン・ルフェーヴル・グランド・オーケストラ) / 雪が降る(サルバトーレ・アダモ) / サン・トワ・マミー(サルバトーレ・アダモ)

関連項目など[編集]