ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ
Je t'aime... moi non plus
監督 セルジュ・ゲンスブール
脚本 セルジュ・ゲンスブール
製作 ジャック・エリック・ストラウス
出演者 ジェーン・バーキン
ジョー・ダレッサンドロ
ユーグ・ケステル
ジミー・デイヴィス
ジェラール・ドパルデュー
ミシェル・ブラン
ルネ・コルデホフ
音楽 セルジュ・ゲンスブール
撮影 ウィリー・クラン
ヤン・ル・マッソン
配給 日本の旗 デラ・コーポレーション
シネマテン
公開 フランスの旗 1976年3月10日
日本の旗 1983年12月3日
上映時間 90分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」(Je t'aime... moi non plus)とは、セルジュ・ゲンスブールが作詞・作曲したフランスのヒット曲、およびゲンスブールの監督による同名の映画作品である。

概要[編集]

1967年当時、ゲンスブールは女優ブリジット・バルドー不倫の関係にあり、バルドーのために「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」を書いた。この曲はゲンスブールとバルドーによるデュエットで、バルドーによるあえぎ声の演技とともに録音された。しかし、バルドーは当時の夫であるギュンター・ザックスの怒りを恐れ、この曲のリリースを拒否し、それがきっかけでゲンスブールとバルドーの関係は終わった。

1969年、ゲンスブールとジェーン・バーキンのデュエットで「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」がリリースされた。バルドーとのデュエットが未公開だったため、この曲が世に出たのはこれが最初である。また、映画俳優として活動していたバーキンにとって、「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」は歌手としてのデビュー曲になった。この録音もやはりバーキンによるあえぎ声の演技を含んでいる。過激な性描写によって一部の人から反感を買いながら、その話題性に結果としては後押しされる形で、「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」はイギリスのシングルチャート1位を獲得するなどヨーロッパ全土でヒットした。バーキンとの録音はアルバム『ジェーン&セルジュ』(1969年)にも収録されたが、再発盤では同曲は外され、やはりゲンスブールとバーキンとのデュエットによる「スローガンの歌」(映画『スローガン』主題歌)に差し替えられた。

1976年、ゲンスブール監督、バーキン主演の映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』が公開された。

1986年、バルドーが1967年に録音されたまま未発表だった「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」のリリースに同意した。このとき「売り上げは動物保護団体に寄付する」という条件がつけられた。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]