ラインダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラインダンスLine Danceとは、ダンスフロアに整列し、全員が一斉に同じステップを踏むダンス。 主にカントリー・ミュージックポップスなどの曲で踊られることが多いが、音楽ジャンルに特に限定は無い。


コレオグラファーや有名ダンスインストラクターなどが創作した振りをステップシートにおこし、それが各地のディスコナイトクラブホンキートンクなどでそれぞれ広められる。 カウントや曲ごとに振り付けが決まっていて全員がほぼ同じ振りをする。 いわば日本の“パラパラ”を腕ではなく足のステップを中心に行なうダンスと考えるとわかりやすい。 カウントやステップ、あて曲などに地域差があるが、エレクトリック スライドElectric Slide)やトゥシュ プシュTush Push)などは世界中どこででも通用する有名なステップである。 大抵の場合、DJが曲中のMCで「さぁ~っ ホットなカウガールたちの為に次はヒップホップでいくぜっ! 次は"Men In Black"だっ!」というような感じで、次の曲のステップを予告する場合が多い。 1990年代に、ドワイト・ヨーカム"Crazy Little Thing Called Love動画"ミュージック・ビデオアパレルブランド GAPのテレビCM動画が影響してか、ラインダンスが一世をふうびし、カントリーに限らず ビートの効いたヒップホップやロックスタイルのステップも流行したが、現在はかなり下火になっている。 しかし最近では、hpiPodのテレビCM動画 にラインダンスを登場させたり、シャナイア・トゥエイン"I Ain't No Quitter動画" や、マドンナ"Don't Tell Me動画"ジェシカ・シンプソン"These Boots are Made for Walkin 動画" などをはじめとする多くの最新カントリーやポップス・ダンス系のミュージック・ビデオの中でラインダンスを踊るシーンを盛んに盛り込むなど、「ラインダンス・ブームが再燃するのでは」とのうわさもある。 またカウボーイ・トロイCowboy Troy)やアラン・ジャクソンAlan Jackson)のように、MVの中で踊られているステップの“インストラクション動画動画1)(動画2 ”を公開しているアーティストもいる。

また日本ではポンキッキーズという番組で知名度を上げている。本番組の場合では、主に小中学生の女子は椅子を一列に並べた状態で、ポンキッキーズれていた曲や洋楽を流しながら座ったり立ったりしてラインダンスを行う形だった。それに加えて普通のダンスを混ぜて行う為に非常に難易度が高かったが、成功すると非常に見た目がよく、放送当時はこのダンスを学芸会や体育祭で取りあげる学校も多かった。 ちなみに衣装はチアガール・浴衣・パジャマ・制服・水着・作業着など、歌によって変更しているのも特徴で、衣装よって小道具も違っていた。例えば、制服の場合だったら本・大きな鉛筆・バケツを小道具として使い、パジャマの場合はオムレツが入ったフライパン(音楽は森高千里ロックン・オムレツ)。作業着は帽子、水着の場合は浮き輪やデッキブラシなどを巧みに使用し、ダンスに取り組まれていた。 現在でも、このダンスをする人も多い。


ラインダンスを踊る楽曲[編集]

関連項目[編集]