フランス領スーダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス領スーダンの旗

フランス領スーダン(フランス語: Soudan français, 英語: French Sudan)は、1890年-1902年および1920年-1960年の間、西アフリカにあったフランス植民地フランス領西アフリカの一部であり、現在のマリ共和国の領域を管轄としていた。

歴史[編集]

前史[編集]

現在のマリ共和国の地域にフランス植民地政府が置かれたのは1880年のことである。当時はオー・セネガル植民地と呼ばれ、首都はカイに置かれた。

1890年〜1902年[編集]

1890年にはフランス領スーダンと改称され、1899年には首都はカイからバマコへと遷都された。

セネガンビア・ニジェール[編集]

1902年にはセネガルニジェールと統合され、フランス領セネガンビア・ニジェール植民地英語版植民地となった。

オー・セネガル・ニジェール[編集]

1904年にはフランス領オー・セネガル・ニジェール植民地英語版となった。

1921年〜1960年[編集]

1919年フランス領オートボルタ英語版(現ブルキナファソ)が分離し、1921年12月1日には再びマリの領域だけで再独立してフランス領スーダンの呼称に戻った。

1933年フランス領オートボルタ英語版が消滅した際、領土を増やした。

1958年10月4日国民投票の結果、1958年11月25日にフランス領スーダンはフランス共同体の中で自治権を得た。その後各植民地の完全独立の動きが高まる中、フランス領スーダンの首相であるモディボ・ケイタは同じくフランス領セネガルの首相レオポール・セダール・サンゴールとともに両国の連合を組むことに合意し、1960年6月20日両国はマリ連邦として統一して独立した。しかし、両植民地の意見の食い違いにより、8月20日にセネガルは脱退し、わずか2ヶ月でマリ連邦は崩壊。残されたスーダンはマリ共和国として単独独立することとなった。