フランス領アファル・イッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス領アファル・イッサ
Territoire français des Afars et des Issas
フランス領ソマリ 1967年 - 1977年 ジブチ
フランス領アファル・イッサの国旗
(国旗)
公用語 フランス語
アラビア語
首都 ジブチ市
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
面積
1971年 23,200km²
人口
1970年推計 95,000人
1971年推計 367,210人
1974年推計 350,000人
1977年推計 200,000人
変遷
フランス領ソマリより移行 1967年7月5日
ジブチ共和国として独立 1977年6月27日
通貨 ジブチ・フラン

フランス領アファル・イッサフランス語: Territoile français des Affars et Issas[1])は、1967年東アフリカのフランス領ソマリが改称して名づけられたフランス海外県の名称。1977年にフランスからジブチ共和国として独立した。アファル・イッサの名称はアファル族イッサ族、2つの部族の名称を併記したものである。紅海の入口・アデン湾奥の西岸を占め、イエメンアデンに相対している[1]。1977年にジブチ共和国として独立した。

その他の基礎情報[編集]

住民(1975年) ソマリ族 (50%)、アファル族 (30%)、欧州系 (6%)、アラブ人 (3%)
宗教 イスラム教キリスト教カトリック
国内総生産(GNP、1969年) 480万ドル
一人当たりの所得(1969年) 50ドル
貿易輸入額(1969年) 3300万ドル
貿易輸出額(1969年) 400万ドル
年平均気温 25~30℃
政体 議員32名で、その中から選出された8名から成る国家評議会が内政のみ担当。フランス国民議会と上院に代表2名を派遣。
入国 ビザが必要で、コレラ黄熱病などの予防接種も必要。

歴史[編集]

19世紀後半にフランス領ソマリフランス語: Côte des Somalis[1])としてフランス植民地となった地域についは第二次世界大戦後、フランスの海外県となり1958年及び1967年3月には住民投票によって引き続きフランス領であることを選択したあと、1967年7月にフランス領アファル・イッサと改称された。改称後の9月、議会選挙でアファル族の進歩党が圧勝し、イッサ族を基盤とする独立アフリカ人民同盟と共に独立を要求した。その結果、仏領アファールイッサは1977年、ジブチ共和国として独立した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『コンサイス地名辞典 外国編』、三省堂、1977年7月、P29。

関連項目[編集]