ジョルジュ・ビドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・ビドー

ジョルジュ・オーギュスタン・ビドーGeorges-Augustin Bidault, 1899年10月5日1983年1月24日)は、フランス政治家第二次世界大戦後、首相外相などを務める。

1899年10月5日フランス中央部のオーヴェルニュ地方アリエ県ムーランに生まれる。ソルボンヌ大学卒業後、高校教師となり歴史を教える。1932年カトリック系新聞の記者となり、1938年ミュンヘン会談を受けて、協定に反対する社説を執筆するなど、反ファシストの立場に立っていた。

1939年第二次世界大戦が勃発するとフランス軍に志願するが、フランスがナチス・ドイツに降伏すると捕虜となる。1941年7月釈放後、リヨンのリセ・デュ・パルクの教師となるが、レジスタンス運動に加わる。レジスタンス全国委員会のジャン・ムーラン委員長は、ビドーに着目し、地下出版・新聞編集担当とした。1943年ムーランがゲシュタポに捕らえられ、拷問死すると、ビドーはムーランの後任となった。1944年戦後を念頭においた広範囲な改革プログラムを作成する。パリ解放では、レジスタンスを代表して戦勝パレードに参加している。

臨時政府の首班となったシャルル・ド・ゴールは、8月25日ビドーを外相に任命した。ビドーはド・ゴール同様、フランス自主外交路線の堅持を主張したが、現実の国際政治を踏まえてアメリカとの協力関係も維持しようとした。ビドーは、レジスタンス参加者のうち、進歩的穏健左翼を結集し、人民共和派人民共和運動Mouvement Républicain Populaire、MRP)を創設し委員長に就任した。 外相としてのビドーは、西ドイツとの和解に努め、フランスの欧州鉄鋼石炭共同体加盟に尽力した。

ド・ゴールを大統領とする第五共和制が発足し、アルジェリア問題に関して、ド・ゴールがアルジェリア独立に傾斜すると、アルジェリアやインドシナ独立に徹頭徹尾反対であったビドーは、アルジェリアの独立反対派に同調して、反ド・ゴールの旗幟を鮮明にした。この過程でビドーは極右団体「秘密軍事組織」(Organisation de l'armée secrète、OAS)に加担した。 1962年反逆容疑での逮捕を逃れるためブラジルに亡命する。6年後、逮捕状執行停止措置に伴い帰国し、以後、隠遁生活を送った。

1983年1月24日カンボ=レ=バンで死去。83歳。

先代:
ピエール・ラヴァル
外相
1944年 - 1946年
次代:
レオン・ブルム
先代:
フェリックス・グーアン
臨時政府議長
1946年
次代:
レオン・ブルム
先代:
レオン・ブルム
外相
1947年 - 1948年
次代:
ロベール・シューマン
先代:
アンリ・クーユ
フランスの首相
1949年 - 1950年
次代:
アンリ・クーユ
先代:
アンリ・クーユ
副首相
1950年
次代:
先代:
副首相
1951年 - 1952年
次代:
先代:
ジュール・モック
国防相
1951年 - 1952年
次代:
ルネ・プレヴァン
先代:
ロベール・シューマン
外相
1953年 - 1954年
次代:
ピエール・マンデス=フランス