ジョゼフ・ラニエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョゼフ・ラニエルJoseph Laniel1889年10月12日 - 1975年4月8日)は、フランス政治家フランス第四共和制1953年から1954年にかけて首相を務めた。

オルヌ県ヴィムティエ Vimoutiers出身。戦後、中道右派政党自由共和党(Parti républicain de la liberté、 PRL)を経て、全国独立農民センター (Centre National des Indépendants et Paysans、CNIP)を結成。1953年首相となるが、1954年第一次インドシナ戦争におけるディエンビエンフーの戦いの敗北で打撃を受ける。ディエンビエンフー陥落後もアメリカの軍事介入に同調し、戦争継続を図ったが、ピエール・マンデス=フランスの激しい攻撃を受け、これをきっかけに内閣総辞職した。 1975年4月8日パリで死去。

先代:
Charles Brune
郵政相
1951年
次代:
Roger Duchet
先代:
Maurice Petsche
国務相
1951年 - 1952年
次代:
先代:
ルネ・マイエール
フランスの首相
1953年 - 1954年
次代:
ピエール・マンデス=フランス