ラングストン・ヒューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラングストン・ヒューズ (1936)

ラングストン・ヒューズLangston Hughes1902年2月1日 - 1967年5月22日)は、小説戯曲・短編・コラムなどに活動したハーレム・ルネサンス期のアフリカン・アメリカン作家である。

それまでアメリカ白人作家によって描かれてきたアフリカ系アメリカ人ステレオタイプ(ひたすら従順・あるいは野蛮で知性に欠ける、など)とは異なり、黒人自身の視点からブラックアメリカ文化・風俗を提示することにより普遍的人間像を描いた。

生涯[編集]

主な作品[編集]

  • 「おんぼろブルース」 1926
  • 「笑いなきにあらず」1930
  • 「Dear Lovely Death」 1931
  • 「白人たちのやりかた/ The Ways of White Folks」 1934
  • 「Don't You Want to be Free.」 1938
  • 「ハーレムのシェイクスピア」1942* 「Street Scene, contributed lyrics.」1947
  • 「One-Way Ticket」 1949
  • 「涙をこらえて/ Laughing to Keep from Crying, Holt」1952
  • 「Simple's Uncle Sam.」1965
  • 「自由への闘い」: The Story of the NAACP. 1962

書籍[編集]

  • ハンス・オストロム著、木内 徹訳『ラングストン・ヒューズ辞典』雄松堂出版 2006年