二都物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二都物語
A Tale of Two Cities
初版
初版
著者 チャールズ・ディケンズ
発行日 イギリスの旗 1859年
ジャンル 小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

二都物語』(にとものがたり、A Tale of Two Cities)は、チャールズ・ディケンズ長編小説。全3巻。初版は1859年刊。

フランス革命を背景に、ダーニーとカートンという2人の青年と、無罪の牢人の娘であるルーシーとの悲劇的な恋を描く。作者後期の佳作の一つ。

2008年現在までに全世界で2億冊を発行した[1]

あらすじ[編集]

再び逮捕されるチャールズ

1775年、ルーシー・マネットは、18年間バスティーユ牢獄に入れられていた父:アレクサンドル・マネットが解放されたことを聞き、ルーシーは父をイギリスに連れて帰る。マネット医師は、酒場を営むドファルジュ夫妻に保護されていた。はじめは、過去の記憶も曖昧で、牢獄の中のときと同じように靴を作ってばかりいたが、5年後にはすっかり回復した。

フランスからイギリスへの帰途で出会ったのは、フランスの亡命貴族:チャールズ・ダーニーであった。チャールズはスパイの容疑で裁判にかけられるが、ルーシーとマネットの証言、そして彼によく似た弁護士シドニー・カートンに助けられた。そしてチャールズとカートンの2人はルーシーに恋をする。カートンは酒びたりの身であったために、ルーシーは裕福な身の上のチャールズと結ばれた。チャールズはマネットを獄に入れたサント=エブルモント侯爵の血縁者であったが、マネットはそれを知った上で2人の仲を認め、ダーニー夫妻は英国で幸せに暮らし、女児も生まれた。

1789年になって、チャールズはフランス革命によりかつての召使いの身に及んだ危機を知り、渡仏した。しかしそれは旧貴族階級に怨嗟を抱くフランス民衆のヒステリックな陰謀であり捕らえられる。ルーシーとともにフランスへ駆けつけたマネット医師の証言により一度は釈放されたものの再び別の罪で裁判にかけられる。

しかし証言に立ったドファルジュ夫妻により、サント=エブルモント一族がテレーズ・ドファルジュの家族を虐殺し、それを知ったマネット医師が投獄されたことが、マネット医師の昔の手記によって判明する。エルネスト・ドファルジュはマネット医師の使用人であった。かくして父や叔父たちの犯した暴虐により、チャールズは死刑を宣告されてしまう。ルーシーを愛していたカートンは彼女を悲しませないために、ダーニーと入れ替わり、断頭台の露と消えた。

主な登場人物[編集]

Under the Plane-Tree
左からバーサッド、ドファルジュ夫妻。
ルーシー・マネット
マネット医師の娘。死んでいたと思っていた父とフランスで再会する。
チャールズ・ダーニー(ダーネイ)
フランスからの亡命貴族。裁判をカートンたちに助けられ、その際に証人であったルーシーと結ばれる。
シドニー・カートン
弁護士。普段は酒びたりのだらしない生活を送る。ルーシーを愛しているが、ルーシーがダーニーを愛していることを知り、身を引く。
エルネスト・ドファルジュ、テレーズ・ドファルジュ
酒場を経営する夫婦
ミス・プロス
ルーシーの侍女
ジョン・バーサッド
スパイ
ジャーヴィス・ロリー
テンプル銀行の銀行員
ジェリー・クランチャー
テンプル銀行の連絡員

邦訳[編集]

二都物語を題材とした作品[編集]

映画[編集]

ジャック・コンウェイ監督
カートン:ロナルド・コールマン、ルーシー:エリザベス・アラン
  • 「二都物語」 - 1957年、イギリス映画
ラルフ・トーマス監督
カートン:ダーク・ボガード、ルーシー:ドロシー・テューティン
  • 「ダークナイト ライジング」 - 2012年、アメリカ・イギリス映画
クリストファー・ノーラン監督
クリストファー・ノーランは二都物語に構想を得たと語っている[2]

舞台[編集]

詳細は宝塚歌劇団によって舞台化された作品の一覧#二都物語を参照。
1985年月組にて初演。大地真央主演。
2003年花組にて再演。瀬奈じゅん主演。
  • 「二都物語」 - 2013年。時代設定を、古代の日本にアレンジ。草彅剛主演。
  • 東宝ミュージカル「二都物語」 - 東宝
ブロードウェイで上演されたA Tale of Two Citiesの日本公演版である。井上芳雄主演。

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 三都物語 (二都物語をもじって名づけられたキャンペーンおよび楽曲)

外部リンク[編集]