ジャズ・シンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャズ・シンガー
The Jazz Singer
映画のポスター
監督 アラン・クロスランド
脚本 アルフレッド・A・コーン
原作 サムソン・ラファエルソン
出演者 アル・ジョルソン
音楽 ルイス・シルヴァース
撮影 ハル・モーア
編集 ハロルド・マッコード
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1927年10月6日
日本の旗 1930年8月21日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $422,000
テンプレートを表示

ジャズ・シンガー』(The Jazz Singer)は、1927年10月6日アメリカワーナー・ブラザーズが公開した映画で、ヴァイタフォン方式を採用した世界初のトーキーと言われている。

「You ain't heard nothin' yet!(お楽しみはこれからだ!)」というセリフが、映画史上初めてのセリフとして有名である。映画全編を通してのトーキーではなく、部分的なトーキー(パートトーキー)だったが、驚異的な興行収入を記録し、トーキーの時代の幕開きとなった。第1回アカデミー賞脚色賞部門でノミネートされた。

1953年1980年にリメイクされている。

ストーリー[編集]

ユダヤ人の少年ジョン・ラーヴィノヴィッツは或る酒場で俗的な歌を歌っていたのをユダヤ教司祭長で厳格な父に見つかり勘当されてしまう。数年後。ジャック・ロビンと言うアメリカ人の名前を名乗ったラーヴィノヴィッツは長年の夢であったジャズシンガーになり人気を博していた。舞台女優メアリーと恋仲になったラーヴィノヴィッツは彼女の手助けで大舞台で歌う事になったが、その前日、母が訪ねて来る。ラーヴィノヴィッツが歌う日はちょうどユダヤ人にとって聖なる日であり、ユダヤ人達が父の経営する教会に集まり讃美歌を歌う日であった。ところが父が病気で倒れてしまったのだった。母がラーヴィノヴィッツを訪ねて来たのは彼に、父の代わりに讃美歌を歌ってもらう様頼む為だった。メアリーは「ラーヴィノヴィッツはもう立派なジャズ歌手であり自立した大人。そんな彼に親の都合を勝手に押し付け、大舞台をフイにして良いのか」と抗議する。しかし彼は敢えて教会で讃美歌を歌う事を選ぶ。

メアリーの「ジャズシンガーが賛美歌を歌っている」と言う嘆きの声を傍らに、ラーヴィノヴィッツは立派に父の代役を果たすのだった。病床の父はそんな息子の歌声を聴きながら息を引き取るのだった。数か月後。改めて大舞台で歌う事になったラーヴィノヴィッツは顔に墨を塗り、黒人に扮しながらメアリー、母の前で「マミー」を熱唱する。母はそんな息子の姿を、涙を流しながら見守るのだった。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]