カレン・ブリクセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カレン・ブリクセンBaroness Karen von Blixen-Finecke, 1885年4月17日 - 1962年9月7日)は、20世紀のデンマークを代表する小説家。デンマーク語英語の両方で執筆し、デンマーク語版は本名のカレン・ブリクセン名義、英語版はペンネーム(男性名)のイサク・ディーネセンもしくはアイザック・ディネーセンIsak Dienesen)名義で作品を発表した。作品によっては作品間の翻訳の際に加筆訂正がなされ、時には別作品ともいえる物になっているという複雑な作家である。現在のデンマークの50クローネ紙幣には彼女の肖像が使われている。

生涯[編集]

1885年デンマークルングステッズ生まれ。作家であり軍人であった父親ヴィルヘルム・ディーネセンに強い影響を受け、20代前半にはコペンハーゲン王立美術アカデミーで学んだり、パリで絵画の修業をしたり、あるいは文芸雑誌に小品を寄稿したりしていた。この時代の作品は画集などの形をとり後に復刻している。

1913年に父方の親戚のスウェーデン貴族のブロア・ブリクセンと結婚し、翌年ケニアに移住。夫婦でコーヒー農園を経営するが、まもなく結婚生活が破綻(夫に移された梅毒は生涯の病になった)し、離婚。単身での経営を試みるがあえなく失敗し、1931年にデンマークに帰国した。1933年(当時48歳)に本格的に作家活動を始めた。1934年にアメリカで出版したイサク・ディーネセン名義の作品「七つのゴシック物語」で成功を収め、その翌年デンマークでカレン・ブリクセン名義でそのリライトを発表し、以降その名義の使い分けを始めた。

1950年代に入ると体調を崩す事が多くなり、執筆活動が困難になるものの、ラジオ番組などに出演するなどの活動を続けた。1962年にルングステッズで死去。

主要作品[編集]

  • 七つのゴシック物語(Seven Gothic Tales, 1934年)
  • アフリカの日々(Out of Africa, 1937年) - 『愛と哀しみの果て』として映画化された。
  • 運命譚(Anecdotes of Destiny, 1958年) - 収録作の一編が『バベットの晩餐会』として映画化された。
  • エーレンガード(Ehrengard, 1963年)

日本語訳[編集]

  • ノルダーナイの大洪水(カーレン・ブリクセン名義、山室静訳、新潮社 1970年)
  • ディネーセン・コレクション(アイザック・ディネーセン名義、横山貞子訳、(晶文社
    • アフリカの日々(1981年)
    • 夢みる人びと 七つのゴシック物語1(1981年)
    • 復讐には天使の優しさを(1981年)
    • ピサへの道 七つのゴシック物語2(1982年)
  • アフリカ農場 アウト・オブ・アフリカ(カーレン・ブリクセン名義、渡辺洋美訳、工作舎 1983年、のち筑摩叢書
  • バベットの晩餐会(イサク・ディーネセン名義、桝田啓介訳、筑摩書房 1989年、のちちくま文庫
  • バベットの晩餐会(アイザック・ディネーセン名義、岸田今日子訳、シネセゾン 1989年)
  • 不滅の物語(イサク・ディーネセン名義、工藤政司訳、国書刊行会 1995年)
  • 冬物語(カーレン・ブリクセン名義、渡辺洋美訳、筑摩書房 1995年)
  • 運命綺譚(カーレン・ブリクセン名義、渡辺洋美訳、ちくま文庫 1996年)
  • 草原に落ちる影(カーレン・ブリクセン名義、桝田啓介訳、筑摩書房 1998年)

名前の表記に関する問題[編集]

Isak Dienesenは本来はイサク・ディーネセンと読むが、映画『愛と哀しみの果て』の日本での公開の際に「アイザック・ディネーセン」という誤った表記が広まり、定着してしまった(アイザック=英語読み、ディーネセン→ディネーセン=デンマーク読みの誤表記)と書いている人もいるが、映画は1985年で、それ以前に横山貞子が『ディネーセン・コレクション』という表記で著作集を出しているので、こちらが定着したもの。戸田奈津子の映画字幕では「ダインセン」となっていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]