トーマス・クラウン・アフェアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・クラウン・アフェアー
The Thomas Crown Affair
監督 ジョン・マクティアナン
脚本 レスリー・ディクソン
カート・ウィマー
製作 ピアース・ブロスナン
ボー・セント・クレア
製作総指揮 マイケル・タドロス
出演者 ピアース・ブロスナン
レネ・ルッソ
フェイ・ダナウェイ
音楽 ビル・コンティ
撮影 トム・プリーストリー・Jr
編集 ジョン・ライト
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年8月6日
日本の旗 1999年11月13日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $48,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $69,305,181[1]
世界の旗 $124,305,181[1]
次作 ザ・トプカピ・アフェアー
テンプレートを表示

トーマス・クラウン・アフェアー』(原題:The Thomas Crown Affair)は、1999年に製作されたアメリカ映画1968年スティーブ・マックイーン主演『華麗なる賭け』(原題:The Thomas Crown Affair)のリメイクである。

ストーリー[編集]

億万長者で会社経営者のトーマス・クラウンは、実は美術品を専門にする泥棒でもあった。彼はある日、メトロポリタン美術館からモネの絵画(San Giorgio Maggiore at dusk)を盗み出す。調査のために保険会社から派遣されたキャサリンは、トーマス・クラウンが犯人であると推理し、その証拠を挙げるために彼に近づく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ
トーマス・クラウン ピアース・ブロスナン 江原正士 田中秀幸
キャサリン・バニング レネ・ルッソ 塩田朋子 勝生真沙子
マイケル・マッキャン デニス・リアリー 星野充昭 菅生隆之
アンナ・ヌードセン エスター・カニャーダス 鈴木紀子
アンドリュー・ウォレス ベン・ギャザラ 水野龍司
パレッティ刑事 フランキー・フェイソン 辻親八 池田勝
精神分析医 フェイ・ダナウェイ 宮寺智子 池田昌子
ジョン・レイノルズ フリッツ・ウィーヴァー 中博史
ボブ・マッキンリー マイケル・ロンバード
フリードリヒ・ゴルチャン チャールズ・キーティング 水野龍司
ハインリヒ マーク・マーゴリス 手塚秀彰
博物館の警備員 ジョージ・クリスティ 長克巳
ポール・チェン ジェームズ・サイトウ 樫井笙人
ダニエル ダニエル・サザーン 清水敏孝
詐欺師 トム・ブルーム 水内清光
  • ソフト版吹き替え - VHSDVDBD収録
その他吹き替え - 柳沢栄治
その他吹き替え - 稲垣隆史佐藤祐四伊藤昌一大川透田原アルノ安井邦彦木下浩之沢木郁也土方優人魏涼子さとうあい薬師寺種子大西健晴北川勝博根本泰彦小室正幸川村拓央

制作[編集]

オリジナルとの違い[編集]

  • 主人公のトーマス・クラウンは、『華麗なる賭け』では銀行強盗であったが、この作品では絵画を盗み出す泥棒になっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Thomas Crown Affair (1999)”. Box Office Mojo. 2009年11月19日閲覧。
  2. ^ Pacheo, Patrick (1999年8月1日). “Art of the Con”. LA Times. 2007年2月24日閲覧。
  3. ^ Creating The World of Thomas Crown”. 2007年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]