熱いトタン屋根の猫 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
熱いトタン屋根の猫
Cat on a Hot Tin Roof
監督 リチャード・ブルックス
脚本 リチャード・ブルックス
ジェームズ・ポー
原作 テネシー・ウィリアムズ
製作 ローレンス・ウェインガーテン
出演者 エリザベス・テイラー
ポール・ニューマン
音楽 チャールズ・ウォルコット
撮影 ウィリアム・H・ダニエルズ
編集 フェリス・ウェブスター
製作会社 [メトロ・ゴールドウィン・メイヤー]]
Avon Productions
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1958年9月18日
日本の旗 1959年4月7日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $17,570,324[1]
テンプレートを表示

熱いトタン屋根の猫』(あついトタンやねのねこ、Cat on a Hot Tin Roof)は、1958年アメリカ合衆国の映画メトロ・ゴールドウィン・メイヤー製作でテネシー・ウィリアムズ同名の戯曲を映画化した作品。監督はリチャード・ブルックス。人間の愛と欲望・血脈・心の葛藤を描いた濃密なドラマである。

アカデミー賞では作品賞と主演賞を含め6部門でノミネートされたが受賞はできなかった(ビッグ・ダディ役を演じたバール・アイヴスは別の作品で助演男優賞に輝いている)。スター俳優達のW主演で興行的には成功を収めている。

あらすじ[編集]

アメリカ南部の旧家が舞台。当主のビッグ・ダディの退院を祝いに出来損ないの長男グーパーとその妻メイとその子供たち(孫)がやってくる。しかし、それは癌と診断され死期が近いビッグ・ダディの遺産を狙って、彼に取り入ろうとする長男夫婦の思惑があった。ビッグ・ダディ本人は余命わずかなのを知らない。次男のブリックは学生時代、フットボールの花形選手だったが、今では美貌の妻・マギーとの夫婦関係が、親友で自殺したスキッパーとマギーの不倫の疑いで冷え切っている。だが、不倫の疑いとは実はブリックを愛するマギーが、「ブリックとスキッパーの秘密」を探るためスキッパーに近付いたものだった。ブリックはスキッパーが自殺してから、ショックと悲しみで酒浸りの生活を送っており、おまけに怪我をして足を骨折している。一方、ビッグ・ダディは長男夫婦より、次男のブリックとマギーの方を溺愛していた。

出演[編集]

備考[編集]

タイトルの 『熱いトタン屋根の猫』 とは、愛する夫が同性愛に走り、久しく夫婦関係がない欲求不満のマギーのことを指す。映画化に際し、原作戯曲のブリックとスキッパーのホモセクシュアルな関係は匂わす程度で留まり、隠された演出となっている。この脚色に原作者のウィリアムズは大変失望したと言われている。

撮影期間は1958年3月6日から同年5月19日まで[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Cat on a Hot Tin Roof (1958) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年4月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]