ジャック・カーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・カーソン
Jack Carson
Jack Carson
『虚栄の花(The Hard Way)』(1943年) 予告編より
本名 John Elmer Carson
生年月日 1910年10月27日
没年月日 1963年1月2日(満52歳没)
出生地 カナダの旗 カナダマニトバ州カーマン英語版
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスエンシノ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 188 cm
職業 俳優・コメディアン
活動期間 テレビ・ラジオ・映画
活動内容 1937年 - 1962年
配偶者 Elizabeth Lindy (1938-1939)
Kay St. Germain (1941-1950)
Lola Albright (1952-1958)
Sandra Jolley[1] (1961-1963)

ジャック・カーソン(Jack Carson, 1910年10月27日 - 1963年1月2日)は、カナダ生まれのアメリカ合衆国の俳優。1940年代から1950年代の「ハリウッド黄金期」に、コメディリリーフからシリアスな役柄まで幅広くこなす「性格俳優(Character actor)」として活躍する一方、1940年代にはラジオ番組のコメディアンとして人気になり、その後 1950年代以降はテレビのショー番組の司会者を務めた他、『ボナンザ』や『トワイライト・ゾーン』などのテレビドラマにも出演した。これらの活躍から、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに星をラジオ分野とテレビ分野で2つ持っている。また、「二度見(double take)」のコミカルな演技が有名で「King of the Double-Take(二度見の王様)」と呼ばれていた[2]

略歴[編集]

1910年10月27日カナダマニトバ州カーマン英語版で生まれ、その後、ウィスコンシン州ミルウォーキーで育つ。カールトン・カレッジで演技のセンスを磨き、190cm、100kgの大柄な体格を活かし、デイヴ・ウィロック英語版と「Willock and Carson」のコンビ名でヴォードヴィリアンとして活動する。

1937年ハリウッドに進出し、RKOとエキストラとして契約、その後1941年ワーナー・ブラザーズと契約する。

1940年代には妻以外の周囲の者に行き先を告げずに数週間に渡ってハリウッドから姿を消すことがしばしばあった。後に、クライド・ビーティ英語版のサーカス一座の巡業に道化役者として加わっていたことをカーソン本人が明かしたが、厚いメイクで正体を隠していたため、サーカスの観客がカーソンと気付くことはなかった[3]

1963年1月2日胃癌のためロサンゼルスエンシノで死去。偶然にも同じ日に俳優ディック・パウエルも死去した。

私生活[編集]

4回の結婚歴がある。

  • Elizabeth Lindy (1938-1939)
  • Kay St. Germain (1941-1950) ※2子あり
  • Lola Albright (1952-1958)
  • Sandra Jolley[1] (1961-1963) ※死別

2度目の離婚後、3度目の結婚までの1950年から1951年にかけて、ドリス・デイと交際していた[4]

主な出演作品[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b 俳優I・スタンフォード・ジョリー英語版の娘であり、俳優フォレスト・タッカー英語版の最初の妻 (1940-1950) である。
  2. ^ Chili Williams — The Polka-Dot Girl” (英語). Skylighters. 2014年3月2日閲覧。
  3. ^ Biography for Jack Carson” (英語). TCM Turner Classic Movies. 2014年3月2日閲覧。
  4. ^ Day, Doris; Hotchner, A.E. (Oct 1976) [1975] (英語) (Bantam mass market paperback). Doris Day: Her Own Story (第6刷 ed.). New York: William Morrow. p. 108. ISBN 0-553-02888-X. 

外部リンク[編集]