将軍たちの夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

将軍たちの夜(しょうぐんたちのよる ドイツ語原題:Die Nacht der Generale)は、ハンス・ヘルムート・キルストによる1962年発表のサスペンス長編小説第二次世界大戦時下のドイツ軍が舞台である。後に映画化された。

あらすじ[編集]

舞台は1942年ドイツ占領下のワルシャワ。既に劣勢になりつつあった東部戦線から、タンツ将軍が占領軍司令部に赴任して来る。ヒトラー総統の信任厚いタンツ将軍は、現地の治安強化に辣腕を振るう。

その夜、売春婦が数十か所を切られる猟奇殺人が発生。被害者が軍情報部の情報提供者だったこともあり、捜査は情報部のグラウ少佐が担当することになる。目撃者は「犯人は軍服で、ズボンに赤いラインが入っていた」と証言。それはドイツ将官の軍服だった。容疑者は3人。占領軍司令官ガプラー将軍、参謀長カーレンベルク将軍、赴任してきたタンツ将軍。グラウ少佐は3人が一堂に会するパーティー会場に乗り込み直接対面するが、「戦時下に殺人事件に血道を上げる変わり者」と見なされ、中佐への昇進と引き換えにパリに厄介払いされてしまう。

時は流れて1944年パリ。ここでも猟奇殺人が起き、グラウ中佐はパリ警察のモラン警部に協力を要請。今回もタンツ将軍が赴任してきていたことを知る。グラウ中佐はタンツ将軍が犯人と確信するが、パリ軍政司令部では戦況悪化に危機感を募らせたカーレンベルク将軍らがヒトラー暗殺計画を正に実行に移そうとしていた。

カーレンベルク将軍は、親ヒトラー派で武装親衛隊中将となったタンツ将軍の目をくらませるべく無理やり休暇を取らせ、司令部から遠ざける事に成功する。タンツ将軍は従卒のハルトマン伍長を運転手にパリを観光するが、ハルトマンはタンツ将軍の異常な面を目撃してしまう。。。

映画[編集]

将軍たちの夜
The Night of the Generals
監督 アナトール・リトヴァク
脚本 ジョセフ・ケッセル
ポール・デーン
製作 サム・スピーゲル
出演者 ピーター・オトゥール
オマー・シャリフ
ドナルド・プレザンス
ジョアンナ・ペティット
音楽 モーリス・ジャール
撮影 アンリ・ドカエ
配給 コロムビア映画
公開 1967年5月
上映時間 149分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

概要[編集]

1966年アメリカ制作、公開は翌年5月。原題は英語訳のThe Night of the Generalsである。ストーリーは基本的に原作小説に沿った形になっているが、結末などは一部異なる。 ワルシャワの市街地を再現した大規模なセットを、機甲師団が破壊するシーンは大迫力で評判になった。また、アラビアのロレンスピーター・オトゥールオマー・シャリフが主役級で共演している。

キャスト[編集]

小説[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]