カール=ハインリヒ・フォン・シュテュルプナーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュテュルプナーゲル(1941年)

カール=ハインリヒ・ルドルフ・ヴィルヘルム・フォン・シュテュルプナーゲル(Carl-Heinrich Rudolf Wilhelm von Stülpnagel, 1886年1月2日 - 1944年8月30日)は、ドイツ軍人。 最終階級は陸軍大将1944年7月のヒトラー暗殺計画に加担し、失敗して処刑された。

経歴[編集]

ブランデンブルクの名門貴族でプロイセン王国軍人ヘルマン・フォン・シュテュルプナーゲル中将と、男爵家出身の母の間に、ベルリンで生まれる。第一次世界大戦に従軍し、1914年に第二級・第一級鉄十字章受章。1916年、荘園を所有する男爵の令嬢と結婚した。

陸軍参謀本部第三課長(外国陸軍および駐在武官担当)[1]を経て、1938年から1940年のあいだ歩兵大将として陸軍参謀本部次長を務める。第二次世界大戦初期の1940年、西方電撃戦フランスが降伏すると、独仏停戦委員会の委員長を12月まで務めた。ついで1941年10月まで第17軍司令官。

独ソ戦初期の1941年7月1日、シュテュルプナーゲルの第17軍が東ガリツィアのリヴィウを占領すると、ドイツのゲシュタポ及び親衛隊保安部隊の特務グループ、ドイツ軍に協力する外国人志願兵や地元のウクライナ人市民などが同市のユダヤ人4000人を殺害した。ソビエト連邦側の発表によれば、このポグロムは第17軍司令部の教唆によるもので、ナチス・ドイツの指導部もこの出来事を「自浄作用」と肯定的に評価したという。シュテュルプナーゲル個人がこの出来事にどの程度関わっていたかは明らかではない。ただしこの説を唱えているのはスターリン時代のプロパガンダのみで、他に史料は残っていない。

1942年2月、フランス軍政長官(Die Befehlsstelle des Militärbefehlshaber Frankreich)に転じ、パリに駐在する。前任者オットー・フォン・シュテュルプナーゲル(de:Otto von Stülpnagel)は遠い親戚に当たる。

ヒトラー暗殺計画に加担するが、1944年7月20日の決行は失敗に終わり、シュテュルプナーゲルは逮捕された[2]。拳銃自殺を試みて失敗し失明したシュテュルプナーゲルは、人民法廷で死刑判決を受け、ベルリン・プレッツェンゼーの監獄で絞首刑となった。

文献[編集]

(翻訳元のドイツ語版に挙げられているもの)

  • Genealogisches Handbuch des Adels (GHdA), Adelige Häuser A Band XVIII, Seite 429, Band 87 der Gesamtreihe, C. A. Starke Verlag, Limburg (Lahn) 1985, ISSN 0435-2408.
  • Heinrich Bücheler: Carl-Heinrich von Stülpnagel, Soldat – Philosoph – Verschwörer. Ullstein, Berlin 1989, ISBN 3-550-07300-3.
  • Friedrich-Christian Stahl: General Karl-Heinrich von Stülpnagel; in: Gerd R. Ueberschär (編): Hitlers militärische Elite. Von den Anfängen des Regimes bis Kriegsbeginn Bd. 1, Primus Verlag, Darmstadt 1998, ISBN 3-89678-083-2, Seite 240-247
  • Barbara Koehn: Carl-Heinrich von Stülpnagel: Offizier und Widerstandskämpfer, Eine Verteidigung. (Zeitgeschichtliche Forschungen 34), Duncker & Humblot, Berlin 2008, ISBN 978-3-428-12892-1.

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ カナリス防諜部長が推進していた日独防共協定構想に対して、他の陸軍主流派と同様に否定的な立場をとった。
  2. ^ 同じく計画に加担していたB軍集団参謀長ハンス・シュパイデルの裏切りにより逮捕されたとする説もある[1]