アナトール・リトヴァク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナトール・リトヴァク
Anatole Litvak
Anatole Litvak
本名 Michael Anatole Litwak
生年月日 1902年5月10日
没年月日 1974年12月15日(満72歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 キエフ
死没地 フランスの旗 フランス ヌイイ=シュル=セーヌ
職業 映画監督
活動期間 1930年 - 1970年
配偶者 ミリアム・ホプキンス1937年 - 1939年
Sophie Steur (1955年 - 1974年

アナトール・リトヴァクAnatole Litvak, 1902年5月10日 - 1974年12月15日) は、ロシア出身の映画監督ドイツフランスイギリスアメリカで活動した。日本ではリトバークリトヴァークとも表記される。

来歴[編集]

出生名アナトリー・ミハイロヴィチ・リトヴァク(Анатолий Михайлович Литвак)としてロシア帝国 (現ウクライナ)のキエフで生まれた。父親はユダヤ人の銀行頭取。14歳の時にサンクトペテルブルクに移り、前衛劇場で俳優としてデビューした。その後、同地の大学で哲学と演技を学び、劇団で俳優兼助手となった。

1923年、ノルドキノ・スタジオに入り、数本の作品で脚本や美術を担当。同時に初の短編Tatiana』を製作したが、同年にドイツへと渡った。

ドイツではゲオルク・ヴィルヘルム・パープスト監督の『喜びなき街』(1925年)の編集やアレキサンダー・ボルコフの助監督を務めた。その後、1930年長編Dolly macht Karriere 』で映画監督としてデビュー。以後、『女人禁制』(1931年)、『今宵こそは』(1932年)を発表したが、1933年ナチス政権が誕生すると、リトヴァクはフランスへと移住。同地で『最期の戦闘機』(1935年)や『うたかたの戀』(1936年)などを発表した。

1937年アメリカへと渡り、ハリウッドに進出。数本の犯罪映画や『黄昏』(1938年や『凡てこの世も天国も』(1940年)といったロマンス映画を発表。1942年から1945年までは『ザ・バトル・オブ・チャイナ』(1944年)などのプロパガンダ映画Why We Fight』シリーズをフランク・キャプラと共同で監督した。戦後、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章が授与された。

その後もアメリカに留まり、アカデミー監督賞にノミネートされた『蛇の穴』(1948年)やイングリッド・バーグマンを起用した『追想』(1956年)などの作品を発表した。1960年代からは再びヨーロッパに移り、バーグマンとイヴ・モンタンを起用した『さよならをもう一度』(1961年)や『将軍たちの夜』(1967年)などの作品を発表した。

1974年12月15日、フランスのヌイイ=シュル=セーヌで死去した。

監督作品[編集]

  • Dolly macht Karriere (1930年)
  • 女人禁制 Nie wieder Liebe (1931年)
  • Calais-Douvres (1931年)
  • Coeur de lilas (1932年)
  • 今宵こそは Das Lied einer Nacht (1932年)
  • Tell Me Tonight (1932年)
  • La chanson d'une nuit (1933年)
  • Sleeping Car (1933年)
  • Cette vieille canaille (1933年)
  • 最後の戦闘機 L' Équipage (1935年)
  • うたかたの戀 Mayerling (1936年)
  • The Woman I Love (1937年)
  • トヴァリッチ Tovarich (1937年)
  • 犯罪博士 The Amazing Dr. Clitterhouse (1938年)
  • 黄昏 The Sisters (1938年)
  • 戦慄のスパイ網 Confessions of a Nazi Spy (1939年)
  • Castle on the Hudson (1940年)
  • 凡てこの世も天国も All This, and Heaven Too (1940年)
  • 栄光の都 City for Conquest (1940年)
  • Out of the Fog (1941年)
  • Blues in the Night (1941年)
  • 純愛の誓い This Above All (1942年)
  • Prelude to War (1942年) ドキュメンタリー。フランク・キャプラと共同監督
  • The Nazis Strike (1943年) 短編ドキュメンタリー。 フランク・キャプラと共同監督
  • Divide and Conquer (1943年) ドキュメンタリー。 フランク・キャプラと共同監督
  • The Battle of Russia (1943年) ドキュメンタリー。 フランク・キャプラと共同監督
  • ザ・バトル・オブ・チャイナ The Battle of China (1944年) ドキュメンタリー。 フランク・キャプラと共同監督
  • War Comes to America (1944年)
  • 朝はまだ来ない The Long Night (1947年)
  • 私は殺される Sorry, Wrong Number (1948年)
  • 蛇の穴 The Snake Pit (1948年)
  • 暁前の決断 Decision Before Dawn (1951年)
  • 想い出 Un acte d'amour (1953年)
  • 愛情は深い海の如く The Deep Blue Sea (1955年)
  • 追想 Anastasia (1956年)
  • マイヤーリング Mayerling (1957年) 『うたかたの戀』を再映画化したテレビ映画
  • The Journey (1959年)
  • さよならをもう一度 Goodbye Again (1961年)
  • 真夜中へ五哩 Le couteau dans la plaie (1962年)
  • 将軍たちの夜 The Night of the Generals (1967年)
  • 殺意の週末 The Lady in the Car with Glasses and a Gun (1970年)

外部リンク[編集]