アナトール・リトヴァク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナトール・リトヴァク
Anatole Litvak
アナトール・リトヴァクAnatole Litvak
本名 Michael Anatole Litwak
生年月日 1902年5月10日
没年月日 1974年12月15日(満72歳没)
出生地 ロシアの旗ロシア帝国(現・ウクライナキエフ
死没地 フランスの旗 フランスヌイイ=シュル=セーヌ
職業 映画監督
配偶者 ミリアム・ホプキンス (1937-39)
Sophie Steur

アナトール・リトヴァクAnatole Litvak1902年5月10日 - 1974年12月15日)は、ドイツフランス英国米国の映画監督。「リトバーク」、「リトヴァーク」とも表記される。

略歴[編集]

誕生名はMichael Anatole Litwak。ウクライナキエフ生まれ。ユダヤ人の銀行頭取の息子で、14歳の時サンクトペテルブルクに出て前衛劇場で俳優としてデビュー。同地の大学で、哲学と演技を学び、劇団で俳優兼助手となった。

1923年、ソビエト映画に足を踏み入れ、ノルドキノ・スタジオに入り、数本の作品の脚本や美術を担当後、短編"Tatiana"で監督となったが、その年ドイツ映画界入り。

最初はゲオルク・ヴィルヘルム・パープスト監督の『喜びなき街』(1925)の編集をした後、アレキサンダー・ボルコフの助監督をつとめ、1930年本格的に監督デビュー。『女人禁制』(1931)、『今宵こそは』(1932)を発表する。

ナチス政権樹立と共にフランスへ移り、『最期の戦闘機』(1935)、『うたかたの恋』(1936)などを発表。

1937年米国映画界入り。ここでも大きく才能を開かせる。数編の犯罪映画やロマンチックな物語(『黄昏』(1938)、『凡てこの世も天国も』(1940))、戦中はフランク・キャプラ等と共同監督で米国陸軍のドキュメンタリーを制作。

戦後も才能は衰えることなく、『私は殺される』(1948)、アカデミー監督賞にもノミネートされた『蛇の穴』(1948)、『暁前の決断』(1951)、そして『追憶』(1956)などの米国での作品がある。

50年代の中頃以降の作品はほとんどヨーロッパで制作されたが、スリラーが多い。

このようにドイツ、フランス、英国、米国の4カ国で優れた作品を作り続けた監督は珍しい。フランスではレジオン・ドヌール勲章を受章している。

主な監督作品[編集]

  • 女人禁制 - Nie wieder Liebe (1931)
  • 今宵こそは - Das Lied einer Nacht (1932)
  • 最後の戦闘機 - L' Équipage (1935)
  • うたかたの戀 - Mayerling (1936)
  • 黄昏 - The Sisters (1938)
  • 凡てこの世も天国も - All This, and Heaven Too (1940)
  • 栄光の都 - City for Conquest (1940)
  • 純愛の誓い - This Above All (1942)
  • 私は殺される - Sorry, Wrong Number (1948)
  • 蛇の穴 - The Snake Pit (1948)
  • 想い出 - Un acte d'amour (1953)
  • 愛情は深い海の如く - The Deep Blue Sea (1955)
  • 追想 - Anastasia (1956)
  • マイヤーリング - Mayerling (1957) ※テレビ映画(1936年の『うたかたの戀』の再映画化作品)
  • 旅 - The Journey (1959)
  • さよならをもう一度 - Goodbye Again (1961)
  • 将軍たちの夜 - The Night of the Generals (1967)
  • 殺意の週末 - The Lady in the Car with Glasses and a Gun (1970)

外部リンク[編集]