柔らかい肌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柔らかい肌
La Peau douce
監督 フランソワ・トリュフォー
脚本 フランソワ・トリュフォー
ジャン=ルイ・リシャール
出演者 ジャン・ドサイ
フランソワーズ・ドルレアック
ネリー・ベネデッティ
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
撮影 ラウール・クタール
編集 クローディーヌ・ブーシェ
製作会社 フィルム・デュ・カロス
SEDIF
SIMAR
配給 フランスの旗 アトス・フィルムズ
日本の旗 日本ヘラルド
公開 フランスの旗 1964年4月20日
日本の旗 1965年5月11日
上映時間 113分
119分(フランスディレクターズ・カット
110分(ポルトガル短縮版)
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
ポルトガル語(一部)
英語(一部)
テンプレートを表示

柔らかい肌』(やわらかいはだ、原題: La Peau douce)は、フランソワ・トリュフォーの監督による、1964年フランスの長編映画である。ストーリーは新聞の三面記事に載った実際の事件に基づいている。撮影はオールロケーションでセットは使っていない。不倫と三角関係が主題だが、ヒッチコックを思わせるスリリングなサスペンス調で描かれている。トリュフォー監督は『突然炎のごとく』の正反対の映画になるように意識してつくったようだ。そのためか、[要出典]最初にカンヌ国際映画祭に出品したときは、良い評価を得られなかった[1]

ストーリー[編集]

バルザックの評論も書いている著名な評論家ピエール・ラシュネーは、リスボンへの講演旅行の途中で、美しいスチュワーデスのニコル・ショメットと出会う。ニコルもまたピエールに魅かれ、リスボンのホテルで2人は関係を持つ。その日から、ピエールのスリリングな二重生活が始まる。ピエールには長年連れ添った妻フランカがいたが、二人の恋は徐々に深みにはまっていく…。

キャスト[編集]

解説[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]