シャレード (1963年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャレード
Charade
監督 スタンリー・ドーネン
脚本 ピーター・ストーン
製作 スタンリー・ドーネン
出演者 ケーリー・グラント
オードリー・ヘプバーン
音楽 ヘンリー・マンシーニ
撮影 チャールズ・ラング・Jr
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1963年12月5日
日本の旗 1963年12月21日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,000,000(見積値)[1]
テンプレートを表示

シャレード』(Charade)は、1963年アメリカ映画ユニバーサル・ピクチャーズ制作のサスペンス映画である。クレジットに「MISS HEPBURN CLOTHES BY GIVENCHY」とあるように、ジバンシィが提供したヘップバーンの衣装が話題となった。

ストーリー[編集]

スキー旅行先で、富豪の夫・チャールズとの離婚を決意したレジーナ・ランパート(オードリー・ヘプバーン)。旅行からパリの自宅に戻ると、家財道具一切が部屋から持ち出されており、夫の姿も見えない。そこへ、司法警察のグラン・ピエール警部が現れ、チャールズの死を告げる。

警部によれば、チャールズは家財道具のすべてを競売にかけ、その落札代金25万ドルを持ってパリ脱出のために列車に乗ったのだという。しかしチャールズは、列車から誰かに突き落とされたのだった(オープニングのシーン)。警察署で、夫の遺品を受け取ったレジーナ。小さなバッグに手帳、櫛、万年筆、レジーナに宛てた、切手を貼った未投函の手紙などのほか、パスポートが4通もあった。

何もない、電気も止められてしまった自宅で途方にくれるレジーナ。そこへ、スキー旅行先で知り合ったピーター・ジョシュア(ケーリー・グラント)が現れる。ピーターは彼女に「夫の事件は新聞で知った。何か協力できることはないか」と申し出る。

チャールズの葬儀は寂しいもので、出席者はレジーナと、レジーナの親友でスキー旅行に同行したシルヴィ、そしてピエール警部だけであった。途中、ハゲた小柄な男・ギデオンとやせた背の高い男・テックス、そして、大柄で右手が義手の男・スコビーが順次現れ、チャールズの死亡を確認する。

レジーナはアメリカ大使館のバーソロミューに呼び出され、4通ものパスポートを所持したチャールズの素性を知らされる。本名はボス、そして証拠写真に写っていた若い頃の夫・チャールズ(ボス)は、葬儀に現れた3人と一緒だった。一味は第二次世界大戦中、OSS(CIAの前身)で対ドイツ戦に従事していた。25万ドル相当の金塊の輸送任務にあったが、4人は金塊を盗まれたことにして密かに地中に埋め、終戦後に山分けすることにした。しかし間もなく戦況は悪化し、ドイツ軍の攻撃を受け、スコビーが右手に大怪我を負い、散り散りになってしまう。そんな中でチャールズが金塊をこっそり掘り返し、持ち去ったのだという。

チャールズが持ち去った25万ドルのありかは妻のレジーナが知っているに違いないと信じたギデオン、テックス、スコビーの3人がレジーナの前に現れ、「金をよこせ」と脅迫する。3人の脅迫からレジーナを守ろうとするピーター。しかしスコビーからの電話忠告により、レジーナの中には、ピーターも実は3人の仲間で25万ドルを狙っているのではないかとの疑いが芽生える。

やがてスコビー、ギデオンが何者かに殺される。殺人者は? 次に殺されるのは? そして、25万ドルの行方は? そんな中、レジーナはピーターに惹かれていく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD フジテレビ テレビ朝日 日本テレビ PDDVD
レジーナ・ランパート オードリー・ヘプバーン 池田昌子 柊えり
ピーター・ジョシュア ケーリー・グラント 佐々木勝彦 中村正 黒沢良 瑳川哲朗 村瀬克輝
バーソロミュー ウォルター・マッソー チョー 富田耕生 小松方正 永井一郎 福里達典
テックス ジェームズ・コバーン 廣田行生 小林清志 大塚智則
スコビー ジョージ・ケネディ 福田信昭 島宇志夫 渡部猛 坂口芳貞 瀬水暁
ギデオン ネッド・グラス 中博史 永井一郎 西川幾雄 此葉
シルヴィ ドミニク・ミノット 久保田民絵
ジャン=ルイ トーマス・チェリムスキー 桑島法子 林勇 渡辺つばさ

著作権消失[編集]

本作は作品中(オープニングタイトル、エンドロールなど)に著作権表記が無かったため、公開当時の米国の法律(方式主義)により権利放棄とみなされ、パブリックドメインとなった(このため、ウィキコモンズに高解像度のスクリーンショット、ウィキクオートに台詞の抜粋が収録されている)。このことは家庭用ビデオが普及するまでは深刻ではなかった。家庭用ビデオが普及した1980年代に入ると、許諾や使用料が不要であることから、各社から様々な画質でビデオソフトが発売されるようになった。このことは、以前から無方式主義となる日本をはじめとする全世界に及ぶと考えられることから、日本をはじめ各国でも格安DVDとして各社からリリースされている。

リメイク[編集]

2002年にはリメイク版The Truth About Charlie(英語)、直訳すると「チャーリーの真実」)が製作された(邦題はオリジナルと同じく『シャレード』)。1963年版と比べて、よりサスペンス色が強まった。北米で2002年版DVDが発売されたときに、特典映像として1963年版が丸ごと同梱された。日本でも、2002年版と1963年正規版をセットにして発売された(それぞれ単独でも発売)。

脚注[編集]

  1. ^ Charade(1963) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年5月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]