シャレード (2002年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャレード
The Truth About Charlie
監督 ジョナサン・デミ
脚本 ジョナサン・デミ
スティーヴ・シュミット
ピーター・ジョシュア
ジェシカ・ベンディンガー
原作 ピーター・ストーン脚本による映画『シャレード
製作 ジョナサン・デミ
ピーター・サラフ
エドワード・サクソン
製作総指揮 イロナ・ハーツバーグ
出演者 マーク・ウォールバーグ
タンディ・ニュートン
ティム・ロビンス
音楽 レイチェル・ポートマン
主題歌 シャルル・アズナヴール(Quand tu m'aime)
アンナ・カリーナ(Charade d'amour)
ラシッド・タハ(Garab)
撮影 タク・フジモト
編集 キャロル・リトルトン
製作会社 Clinica Estetico
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年10月25日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $7,093,284[1]
テンプレートを表示

シャレード』(The Truth About Charlie)は、2002年アメリカ映画

概要[編集]

この映画は1963年の『シャレード』(主演:ケーリー・グラントオードリー・ヘップバーン)のリメイクであるが、フランソワ・トリュフォーの『ピアニストを撃て』のオマージュ要素もあり、後者に出演したシャルル・アズナヴールが"Quand tu m'aimes"の英語版この映画のために歌う場面で登場した(なお、サントラはフランス語のオリジナル版を収録し、英語版はこの映画の中でのみ聴けるのもファン泣かせ)。日本では東京国際ファンタスティック映画祭で特別上映された後、DVDスルーとなった。

制作・監督はジョナサン・デミ。脚本はデミとピーター・ジョシュアことピーター・ストーン。なお、ピーター・ジョシュアという名前は1963年版『シャレード』で、ケーリー・グラントが演じた役名であり、 マーク・ウォールバーグの演じた役名がジョシュア・ピーターズ(Joshua Peters)となっている。

スコア音楽はレイチェル・ポートマンが担当しているが、アンジェリーク・キジョハレドマヌ・チャオ、エンド・クレジットに炸裂するラシッド・タハの「Garab」など劇中はフランスで人気のアーティストの楽曲が多数使用され、デミの音楽センスが発揮されている。撮影はパリで行われ、多くのフランス人俳優も採用された。劇中で歌を披露するアズナヴールはもとより、マガリ・ノエル、ピーター・ブルックの舞台で活躍したソティギ・クヤテ、アラン・レネ作品の常連フランソワーズ・ベルタン、映画監督のアニエス・ヴァルダらが顔をみせ、アンナ・カリーナはジャック・リヴェットの『パリでかくれんぼ』を彷彿させるクラブ歌手・カリーナとしてセルジュ・ゲンズブールの歌を唄い、カリーナのファン役でフィリップ・カトリーヌも登場。おもちゃ屋の主人は同じく『パリでかくれんぼ』にも出演したウィルフレッド・ブナイシュである。なお、カリーナはスコア担当のレイチェル・ポートマンと共作で新曲「Charade d'amour」を描き下ろした。なおヘンリー・マンシーニジョニー・マーサーによるオリジナル映画の有名なテーマ曲「シャレード」はBuzz Kilmanの歌で使われた。 ちなみに同じロケ地なども登場するが、『サムシング・ワイルド』『愛されちゃって、マフィア』などに近いデミ色の強いマニアックな作りとなっているため、オリジナル映画のように幅広い層に向けた作品とはなっていない。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

以下登場順(主な出演者)

DVD日本語吹き替え声優[編集]

サウンドトラック[編集]

  1. De Phazz - "Jim the Jinn"
  2. Rachid Taha - "Garab"
  3. Jean Marc Miro - "La voix du vaurien"
  4. Angélique Kidjo - "Les Enfants Perdus"
  5. The Soft Boys - "Mr. Kennedy"
  6. Transglobal Underground - "This Is The Army Of Forgotten Souls"
  7. Khaled - "Ragda"
  8. スパークルホース - "It's A Wonderful Life"
  9. Gotan Project - "Epoca"
  10. マヌ・チャオ - "Mentira"
  11. エイジアン・ダブ・ファウンデーション - "Fortress Europe"
  12. Lhasa - "De cara a la pared"
  13. The Feelies - "Slow Down"
  14. Anna Karina - "Sous le Soleil exactement"
  15. Backward Dog - "Hey Natty (Day Monsters)"
  16. テッド・デミ - "Bigga Man"
  17. レイチェル・ポートマン - "Truthful Moods"
  18. シャルル・アズナヴール - "Quand tu m'aimes"

DVD[編集]

元の作品がパブリックドメインだったため、リメイク版の北米版DVDには映像特典としてリメイク元の映画も添加された。日本では、本作のみでDVDスルーとなった。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]