ラウラ・アントネッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Laura Antonelli
ラウラ・アントネッリ
本名 Laura Antonaz
生年月日 1941年11月28日(72歳)
出生地 イタリアの旗 イタリア ポーラ
(現在のクロアチアの旗 クロアチア プーラ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1960年代初 -
活動内容 1960年代初 テレビドラマでデビュー
1965年 映画デビュー
主な作品
クロツグミの男
青い体験
セッソ・マット
イノセント
Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg it:File:Laura Antonelli.jpg 1973年
Searchtool.svg it:File:Divinacreatura1975-Stamp&Antonelli.jpg悦楽の闇』、1975年
Searchtool.svg it:File:Il Merlo Maschio Laura Antonellli 1971.jpgクロツグミの男』、1971年
Searchtool.svg it:File:Laura Antonelli Sessomatto2 Dino Risi.jpgセッソ・マット』、1973年

ラウラ・アントネッリLaura Antonelli1941年11月28日 - )は、イタリア女優である。クロアチアプーラ(旧イタリア・ポーラ)生まれ。イタリア式コメディの重要人物である。

略歴[編集]

1941年(昭和16年)、当時イタリア領だったプーラで生まれ、幼少期に家族と共にナポリに移住する。

体育の教師となる予定だったが、コカ・コーラが提供するテレビ・シリーズに数回出演した後、1965年(昭和40年)に初めて映画出演を果たす。数本の映画に脇役として出演し、1969年(昭和44年)のマゾッホ原作の『毛皮のヴィーナス』で初めて主役を演じる。1971年(昭和46年)の『クロツグミの男』などでセクシーな役を演じて、ヨーロッパで少しずつ知られるようになる。また、『コニャックの男』で共演したジャン・ポール・ベルモンドと恋仲になり、2人の関係は10年ほど続いた。

1973年(昭和48年)には、中学生の少年に初体験をさせるメイドを演じた『青い体験』が、本国イタリアを始めヨーロッパで大ヒットした。イタリア映画記者協会の選定する賞、ナストロ・ダルジェント賞主演女優賞を受賞した。一躍1970年代のヨーロッパを代表するセックス・シンボルとなる。

1970年代後半には、彼女を「ヴィーナスの体をしている」と評したルキノ・ヴィスコンティ監督の遺作、ダヌンツィオ原作の『イノセント』やエットレ・スコラ監督の『パッション・ダモーレ』といったイタリア映画の名匠の作品にも出演した。

1991年(平成3年)、自宅でコカインが押収され、麻薬所持・密売の容疑で、3年半の禁錮刑を言い渡される。アントネッリは、常習は認めたものの密売は否定、2000年(平成12年)には抗告が認められ、判決が取り消された。その後、『青い体験』の続編とも言える『Malizia 2000』のオファーを受けたが、撮影中にしわを隠すためコラーゲンを注入する手術を受けて失敗した。アントネッリは、強要された手術に原因があるとプロデューサー、監督等を相手取って損害賠償を求める訴訟を起こすが、2003年(平成15年)に敗訴した。麻薬と手術の裁判が長すぎたため多大な損害を与えられたとして、アントネッリの弁護士側は、2003年に今度は国を相手取って損害賠償を請求した。2006年(平成18年)に国は原告の主張を認め、10万8千ユーロが支払われた。

おもなフィルモグラフィ[編集]

[編集]

外部リンク[編集]