宇宙戦争 (1953年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宇宙戦争
The War of the Worlds
監督 バイロン・ハスキン
脚本 バリー・リンドン
原作 H・G・ウェルズ
製作 ジョージ・パル
出演者 ジーン・バリー
アン・ロビンソン
音楽 リース・スティーヴンス
撮影 ジョージ・バーンズ
編集 エヴェレット・ダグラス
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年7月29日
日本の旗 1953年9月1日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,000,000
テンプレートを表示

宇宙戦争』(うちゅうせんそう、The War of the Worlds)は、1953年公開のアメリカ合衆国の映画H・G・ウェルズSF小説宇宙戦争』を、ジョージ・パルパラマウント映画が映画化した作品である。

H・G・ウェルズの古典SF小説宇宙戦争』を、『月世界征服』や『「地球最後の日』を製作したジョージ・パルが映画化した作品である。ウェルズの原作をバリー・リンドンが脚色し、バイロン・ハスキンが監督した。リンドンとハスキンは、この後『宇宙征服』でもパルと組んでいる。

物語の大筋は原作を生かしつつ、時代設定と主たる舞台は19世紀末のイギリスから製作当時のアメリカ合衆国カリフォルニア州南部に移された。火星人の兵器も、原作に登場する「トライポッド」と呼ばれる三脚型の機械から「マーシャーン・ウォー・マシーン」と呼ばれる空飛ぶ円盤型の宇宙艇に変更され、原作が書かれた当時は存在しなかった原子爆弾も通用しない強敵に描かれている。

特撮は『地球最後の日』を手がけ、アカデミー特殊効果賞を2度受賞しているゴードン・ジェニングスや、同じく特殊効果賞を2度受賞し、この後『宇宙征服』にも参加するスクリーン・プロセスの専門家ファーシオット・エドゥアートらが担当した。「マーシャーン・ウォー・マシーン」の造形は、美術を担当した日系人アルバート・ノザキによるものである[1]

主演のジーン・バリーは、後のテレビシリーズ『バークにまかせろ!』のバーク役で知られる。また、バリーとアン・ロビンソンはDVDのオーディオコメンタリーに声を吹き込み[2]、2005年にスティーヴン・スピルバーグがリメイクした『宇宙戦争』にもカメオ出演している。

本作はアカデミー特殊効果賞を受賞し、同編集賞音響賞にノミネートされた他、ヒューゴー賞映像部門も受賞した。

ストーリー[編集]

 ある日、世界各地に隕石が降り注いだ。科学者のフォレスター博士は、カリフォルニアに落下した隕石の分析を依頼されるが、その大きさの割にはクレーターが小さいことを不思議に思う。フォレスターは現場にいた教師のシルヴィア、彼女の叔父で牧師のコリンズを頼って近くの街に滞在し、さらに詳しい分析をしようと試みる。落下現場に監視が付けられたその夜、隕石の中から突如アームのようなものが伸びて光線を放ち、監視の男達を焼き殺してしまう。空からまたも降ってきた隕石と、殺された男達の哀れな姿を見たフォレスター達は、軍隊の出動を要請する。

 隕石の周囲を取り囲む軍隊の前に、恐るべきものが出現した。アームの正体は、火星人が地球侵略のために建造した戦闘兵器の一部だったのだ。牧師のコリンズは火星人との対話を試みるも光線を浴び、シルヴィアの前であえなく消え去った。ついに軍隊の総攻撃が始まるが、目に見えないバリヤーに守られた戦闘兵器は砲弾も何も通じず、軍は撤退を余儀なくされる。フォレスターとシルヴィアも退避を図るが、搭乗したセスナ機が途中で不時着し、荒野に放り出されてしまう。

 何とか民家へと逃げこむ二人。だか彼等は、そこで新たに送り込まれた戦闘兵器と遭遇する……

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
クレイトン・フォレスター博士 ジーン・バリー 森川公也
シルヴィア・ヴァン・ビューレン アン・ロビンソン 芝田清子
マン将軍 レス・トレメイン 吉沢久嘉
プライアー博士 ボブ・コーンスウェイト 伊井篤史
マシュー・コリンズ ルイス・マーティン 藤本譲
ラルフ・ヘフナー大佐 ヴァーノン・リッチ
ビルダーベック博士 サンドロ・ジリオ
サルヴァトーレ ジャック・クラッシェン 藤城裕士
ラジオのリポーター ポール・フリーズ
ウォッシュ・ペリー ウィリアム・ピップス 宮下勝
ナレーター セドリック・ハードウィック 平林尚三

吹替その他、小関一緒方賢一国坂伸叶年央加藤正之西村知道鳳芳野宮村義人政宗一成広瀬正志

スタッフ[編集]

  • 製作:ジョージ・パル
  • 監督:バイロン・ハスキン
  • 原作:H・G・ウェルズ
  • 脚本:バリー・リンドン
  • 音楽:リース・スティーヴンス
  • 撮影:ジョージ・バーンズ
  • 編集:エヴェレット・ダグラス
  • 美術:アルバート・ノザキ、ハル・ペレイラ
  • 視覚効果:ゴードン・ジェニングス、ファーシオット・エドゥアート他

続編[編集]

1988年にテレビシリーズとして、 "War of the Worlds" (『新・宇宙戦争』、別タイトル『エイリアン・ウォーズ』)が製作された。内容は、本映画の続編の形を取っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ George Pal: A Career in Perspective” (英語). 映画芸術科学アカデミー. 2009年9月1日閲覧。
  2. ^ ジーン・バリーは自身が登場する場面の度に「おや? このハンサムは誰だ?」などとジョークを連発してアン・ロビンソンを笑わせ、そのジョークと笑い声がそのまま収録されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]