ジーン・バリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジーン・バリー
Gene Barry
Gene Barry
左は女優ティナ・ルイーズ
(1964年撮影)
本名 Eugene Klass
生年月日 1919年6月14日
没年月日 2009年12月9日(満90歳没)
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク市
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルスウッドランドヒルズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動期間 1950年-2005年
配偶者 Betty Claire Kalb (1944–2003)

ジーン・バリーGene Barry, 1919年6月14日 - 2009年12月9日)は、アメリカ合衆国映画俳優ニューヨーク出身。本名Eugene Klass

キャリア[編集]

ユダヤ系の家庭に生まれ、20代前半から本格的に俳優としてスタートしたが、主役級の俳優として認められたのは30歳を過ぎてから、と遅咲きだった。その安定感ある存在を買われ、医師役や刑事役、探偵役、学者役と知的なイメージが先行する職業の役に多くキャスティングされる。ハンサムなルックスから「第二のクラーク・ゲイブル」の異名をとった。

1953年の古典的なSF映画『宇宙戦争』に主演。余すところなく持ち味を発揮、作品もヒットし当たり役となった。後年、テレビシリーズで新シリーズが作られ、バリーは出演はしなかったものの、続く2005年の同名リメイク『宇宙戦争』(トム・クルーズ主演作)においては特別出演的な扱いでカメオ出演した。

1957年製作の西部劇テレビドラマ「バット・マスターソン」が1959年開局したばかりの日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)で夜7時から放映され、この局の数少ないヒット番組となった。アクの強い伊達男というバリーの個性はこの番組によって印象付けられた。

1960年代は多くのテレビドラマに出演。『バークにまかせろ!』(1963年)シリーズでは、お気楽でコミカルなバーク所長役を演じる。そして1994年から1995年まで新シリーズが復活、ライフワークとして定着した。

ピーター・フォーク主演の大ヒットシリーズ『刑事コロンボ』では「殺人処方箋」というエピソードで緻密な完全犯罪を目論む高名な精神科医を演じ、コロンボと対決。パイロット版であるためシリーズには数えないが、このエピソードが、事実上コロンボシリーズの第1作目となる。

1968年には『イスタンブール特急』に主演。その後も1980年代まではテレビ、映画両方で活躍し、健在ぶりを見せていた。

最もボンドに近く、そして実現しなかった俳優とも呼ばれ、かねてから「007」ことジェームズ・ボンド役の候補者として常に名前が挙がった人物としても有名であった。ショーン・コネリーと役を争い、そして3代目のボンド役をかけて再び白羽の矢が立ったものの、結局ロジャー・ムーアに敗れた。

日本では若山弦蔵が吹き替えを担当することが殆どだが、こうした逸話を意識したオマージュなのかは不明である。

2009年に入所していた高齢者福祉施設で死去した。

備考[編集]

芸名の「ジーン・バリー」は、俳優ジョン・バリモアに敬意を表してつけられた[1]

私生活[編集]

バリーは1944年に舞台女優として活躍していたBetty Claire Kalbと結婚し、彼女が死去する2003年まで約58年間夫婦であり続け3人の子供を授かった。

主な出演作[編集]

  • 四人姉妹 (1953年)
  • 宇宙戦争 (1953年)
  • 一攫千金を夢見る男 (1955年)
  • 地獄の翼 (1956年)
  • 四十挺の拳銃 (1957年)
  • バット・マスターソン (1957年)
  • バークにまかせろ! (1963年)
  • イスタンブール特急 (1968年)
  • 刑事コロンボ/殺人処方箋 (1968年)
  • 遺産相続人 (1970年)
  • ザ・アドベンチャー (1973年)
  • ファンタジー・アイランド (1978年 - 1981年)
  • ガイアナ人民寺院の悲劇 (1980年)
  • クライ・フォア・ラブ (1980年)
  • トワイライト・ゾーン (1987年)
  • ザ・ホテル (1987年)
  • 新・弁護士ペリー・メイスン/追憶の影 (1987年)
  • パラダイス (1989年)
  • 新・バークにまかせろ! (1994年 - 1995年)
  • だって女優ですもの! (2001年)
  • 宇宙戦争 (2005年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]