ガス燈 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガス燈』(ガスとう、Gaslight)はパトリック・ハミルトン戯曲映画化したサスペンス映画である。

解説[編集]

1940年英国版1944年米国版があり、イングリッド・バーグマンアカデミー主演女優賞を受賞した後者がよく知られている。

舞台版の『ガス燈』は1939年1月にロンドンで上演されテレビ中継もされた。米国では1941年12月に『Angel Street』と改題されてブロードウェイで上演され、3年に渡るロングランとなった。そのブロードウェイ公演では主人公ジャック・マニンガムをヴィンセント・プライス、ラフ刑事をレオ・G・キャロルが演じた[1]

この作品(特に1944年の米国版映画)の内容から、1970年代後半以降「ガスライティング」が心理的虐待を表す用語として使われるようになった[2]

あらすじ[編集]

霧深いロンドンに、ある夫婦が暮らしている。夫に「物忘れや盗癖が目立つ」と指摘された妻は自分がおかしくなったのだと思い込み、不安に苛まれるようになる。しかし、それは夫がそう言い聞かせることで妻を精神的に追い込んでいたからだった。そこにはかつてアリスという裕福な女性が殺害され、宝石が盗まれた事件が関係しており、その犯人はまだ捕まっていなかった。

ガス燈(1940年)[編集]

ガス燈
Gaslight
監督 ソロルド・ディキンソン
脚本 A・R・ローリンソン
ブリジッド・ボランド
原作 パトリック・ハミルトン
製作 ジョン・コーフィールド
出演者 アントン・ウォルブルック
ダイアナ・ウィンヤード
音楽 リチャード・アディンセル
撮影 バーナード・ノールズ
編集 シドニー・コール
製作会社 British National Films
配給 Anglo-American Film Corporation
公開 イギリスの旗 1940年6月25日
上映時間 84分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ブリティッシュ・ナショナル・フィルムズの製作で、A・R・ローリンソンブリジッド・ボランドが脚色、ソロルド・ディキンソンが監督に当たった。

解説[編集]

第二次世界大戦参戦直前の作品であるため日本では公開されなかった(キネマ旬報には『ガスの灯り』として紹介されているので輸入された可能性はある)。また、MGMが米国版を製作した際、この英国版のプリントを市場から一掃しようとしたため稀少な作品となったこともあるが、現在DVDなどでは1944年版と併せて収録されている。

キャスト[編集]

ガス燈(1944年)[編集]

ガス燈
Gaslight
ポーラ役を務める イングリッド・バーグマン
監督 ジョージ・キューカー
脚本 ジョン・ヴァン・ドルーテン
ウォルター・ライシュ
ジョン・L・ボルダーストン
原作 パトリック・ハミルトン
製作 アーサー・ホーンブロウ・ジュニア
出演者 シャルル・ボワイエ
イングリッド・バーグマン
ジョゼフ・コットン
音楽 ブロニスラウ・ケイパー
撮影 ジョセフ・ルッテンバーグ
編集 ラルフ・E・ウィンタース
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1944年5月4日
日本の旗 1947年6月
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2,068,000ドル
興行収入 2,263,000ドル(北米配収)
2,350,000ドル(海外配収)
テンプレートを表示

メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの製作で、ジョン・ヴァン・ドゥルーテンウォルター・ライシュジョン・L・ボルダーストンが脚色し、ジョージ・キューカーが監督した。

イングリッド・バーグマンアカデミー主演女優賞ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞している。また、アンジェラ・ランズベリー(撮影当時17歳)の映画デビュー作であり、アカデミー助演女優賞ノミネートされた。

キャスト[編集]

俳優 日本語吹替
NET(テレビ朝日)版 PDDVD版
イングリット・バーグマン 池田昌子 日野由利加
シャルル・ボワイエ 納谷悟朗 仲野裕
ジョゼフ・コットン 堀勝之祐 檀臣幸
メイ・ウィッティ 高村章子 浅井晴美
アンジェラ・ランズベリー 芝田清子 加納千秋
バーバラ・エヴェレスト 浅井淑子 桐山ゆみ
トム・スティーブンソン 岸野一彦 遠藤純一
ヘザー・サッチャー 鈴木れい子
その他日本語吹き替え:増岡弘叶年央
  • PDDVD版
その他日本語吹き替え:田村勝彦山本勉大塚智則橘鈴松永麻里

映画賞受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
第17回アカデミー賞 作品賞 ノミネート
主演男優賞 シャルル・ボワイエ
主演女優賞 イングリッド・バーグマン 受賞
助演女優賞 アンジェラ・ランズベリー ノミネート
脚色賞 ジョン・ヴァン・ドルーテン
ウォルター・ライシュ
ジョン・L・ボルダーストン
美術監督賞(白黒) セドリック・ギボンズ
ウィリアム・フェラーリ
ポール・フルトシンスキー
エドウィン・B・ウィリス
受賞
撮影賞(白黒) ジョセフ・ルッテンバーグ ノミネート

DVD[編集]

両面1層で、A面に1944年版、B面に1940年版と特典映像(ドキュメンタリー、1944年版のオリジナル劇場予告編など)が収録されている。

作品ごとの違い[編集]

  • オリジナルの戯曲と2本の映画でメインとなる登場人物3人の名前が異なっている。
オリジナル戯曲 1940年版 1944年版
ジャック・マニンガム ポール・マレン グレゴリー・アントン
ベラ・マニンガム ベラ・マレン ポーラ・アルキスト・アントン
ラフ刑事 B.G.ラフ(元刑事) ブライアン・キャメロン警部補
  • 1944年版では殺されたアリスの設定が違う。オリジナルおよび1940年版ではただの裕福な女性という設定だが、1944年版では国際的に有名なオペラ歌手であり、ヒロインの伯母(または叔母)で育ての親である。またアリスの名字はオリジナルおよび1940年版ではバーロウだが、1944年版ではアルキストになっている。

脚注[編集]

  1. ^ Angel Street” (英語). Internet Broadway Database. 2011年4月12日閲覧。
  2. ^ Rush, Florence (1980). The best kept secret: sexual abuse of children. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall. p. 81. ISBN 0-13-074781-5. 

外部リンク[編集]

1940年作品
1944年作品