ボーン・イエスタデイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーン・イエスタデイ
Born Yesterday
監督 ジョージ・キューカー
脚本 アルバート・マンハイマー
ガーソン・ケニン(クレジット無し)
原作 ガーソン・ケニン
製作 S・シルヴァン・サイモン
音楽 フレデリック・ホランダー
撮影 ジョセフ・ウォーカー
編集 チャールズ・ネルソン
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年12月25日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ボーン・イエスタデイ』(Born Yesterday)は、ジョージ・キューカー監督による1950年のアメリカコメディ映画である。ガーソン・ケニンによる同名の舞台を原作としており、本人も脚色に参加している。

1993年にはルイス・マンドーキ監督によるリメイク版が公開された。

あらすじ[編集]

クズ鉄業で財をなしたハリー・ブロック( ブロデリック・クロフォード)は、事業拡大(法に触れるかもしれない合併)の話をまとめるためワシントンに、元女優で愛人兼名目上の共同経営者ビリー・ドーン(ジュディ・ホリデイ)とともにおもむき、議員と話をするが、ビリーの頭の悪さに難儀する。そこでハリーは彼を取材にきたジャーナリストのポール・ベラル( ウィリアム・ホールデン)に、彼女の教育を依頼する。ワシントンの名所を案内されながら、アメリカという国・民主主義という考えかたの講義をうけ、ポールに釣り合う女性になるために勉強したビリーは、ハリーの不正に気がつき、ポールに情報を提供する。ビリーはハリーの愛人の立場から足を洗い、ポールと結婚する。

キャスト[編集]

評価[編集]

2000年にアメリカ映画協会が発表した「アメリカ喜劇映画ベスト100」では24位となった[1]

映画賞受賞・ノミネート[編集]

部門 候補 結果
アカデミー賞 作品賞 ノミネート
主演女優賞 ジュディ・ホリデイ 受賞
監督賞 ジョージ・キューカー ノミネート
脚色賞 アルバート・マンハイマー
衣裳デザイン賞(白黒) ジャン・ルイ
ゴールデングローブ賞[2] 作品賞 ノミネート
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) ジュディ・ホリデイ 受賞
主演女優賞(ドラマ部門) ノミネート
監督賞 ジョージ・キューカー
ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 ジョージ・キューカー ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ AFI's 100 YEARS...100 LAUGHS”. アメリカ映画協会. 2011年4月22日閲覧。
  2. ^ The 8th Annual Golden Globe Awards (1950)”. HFPA. 2011年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]