ザ・ウィメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ウィメン
The Women
劇場公開時のポスター
監督 ジョージ・キューカー
脚本 アニタ・ルース
ジェーン・マーフィン
原作 クレア・ブース・ルース
製作 ハント・ストロンバーグ
出演者 ノーマ・シアラー
ジョーン・クロフォード
ロザリンド・ラッセル
音楽 デヴィッド・スネル
エドワード・ウォード
撮影 ジョセフ・ルッテンバーグ
撮影監督
オリヴァー・T・マーシュ
編集 ロバート・カーン
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1939年9月1日
日本の旗 劇場未公開・上映会あり
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
フランス語
製作費 約1,688,000ドル
興行収入 1,610,000ドル(北米配収)
660,000ドル(海外配収)[1]
テンプレートを表示

ザ・ウィメン』(原題:英語: The Women)は、1939年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

1936年ニューヨークで初演されたクレア・ブース・ルースの戯曲の映画化であり、ジョージ・キューカーが監督、ノーマ・シアラージョーン・クロフォードロザリンド・ラッセルが主演した。男優は一切出演していない。

劇中のファッションショー場面のみテクニカラーで撮影されている。2008年ミック・ジャガーがプロデューサーの一人となって再映画化され、ダイアン・イングリッシュが監督、メグ・ライアンアネット・ベニングらが出演した。

日本では長らく劇場未公開であったが、アテネ・フランセ文化センターで上映されたことがある。

2007年アメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

キャスト[編集]

  • メアリー・ヘインズ:ノーマ・シアラー
  • クリスタル・アレン:ジョーン・クロフォード
  • シルヴィア・ファウラー:ロザリンド・ラッセル
  • ド・ラーヴ伯爵夫人:メアリー・ボーランド
  • ミリアム・アーロンズ:ポーレット・ゴダード
  • イーディス・ポッター:フィリス・ポヴァー
  • ペギー・デイ:ジョーン・フォンテイン

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョージ・キューカー
  • 製作:ハント・ストロンバーグ
  • 脚本:アニタ・ルース、ジェーン・マーフィン、F・スコット・フィッツジェラルド(クレジットなし)、ドナルド・オグデン・ステュアート(クレジットなし)
  • 音楽:デイヴィッド・スネル、エドワード・ウォード
  • 撮影監督:オリヴァー・T・マーシュ
  • カラー撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ
  • 編集:ロバート・カーン
  • 美術:セドリック・ギボンズ
  • 装置:エドウィン・B・ウィリス
  • 衣裳:エイドリアン
  • 録音:ダグラス・シアラー

[編集]

外部リンク[編集]