ポーレット・ゴダード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Paulette Goddard
ポーレット・ゴダード
ポーレット・ゴダード
Second Chorus』(1940年)より
本名 Pauline Marion Levy
生年月日 1910年6月3日
没年月日 1990年4月23日(満79歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
活動期間 1929年 - 1972年
配偶者 Edgar James (1927-1931)
チャールズ・チャップリン (1936-1942)
バージェス・メレディス (1944-1950)
エーリッヒ・マリア・レマルク (1958-1970)

ポーレット・ゴダードPaulette Goddard, 本名: Pauline Marion Levy, 1910年6月3日 - 1990年4月23日)は、アメリカ合衆国女優

経歴[編集]

ニューヨーク州ニューヨーククイーンズ区出身。父親はユダヤ人。両親は彼女が幼い頃に離婚し、母親に育てられる。

モデルとして働いた後、1926年に映画デビュー。翌年には舞台にも出演。同年、裕福なビジネスマンと結婚するが1930年に離婚。

1929年にはハリウッドに移り、ハル・ローチのスタジオと契約してローレル&ハーディの短編映画等に出演。また、サミュエル・ゴールドウィンの下、エディ・カンターの作品等に出演するようになる。

1932年チャールズ・チャップリンと出会い、公私共にパートナーとなり(後述の経緯により事実婚とされる)、『モダン・タイムス』や『独裁者』に出演。1936年3月には、そのチャップリンと共に日本を訪れている。また、ジャネット・ゲイナー主演の『心の青春』やボブ・ホープ主演の『猫とカナリヤ』などチャップリン作品以外でも活躍した。1942年にチャップリンと別れ、1944年には俳優のバージェス・メレディスと再婚。前年の『SO PROUDIY WE HAIL』でアカデミー助演女優賞にノミネートされている。

晩年は4人目の夫エーリッヒ・マリア・レマルクとともにスイスで暮らした。

備考[編集]

  • チャールズ・チャップリンの三番目の妻」とされてきたが、チャップリン研究の第一人者である大野裕之によると2人は法的には籍を入れておらず、事実婚であったとみなされる。『チャップリン自伝』の中で、チャップリン自身はポーレットのことを「妻」と明記している。

主な出演作品[編集]

  • 『カンターの闘牛士』The Kid from Spain (1932)
  • 『極楽兵隊さん』 Pack Up Your Troubles (1932)
  • モダン・タイムスModern Times (1936)
  • 『心の青春』The Young in Heart (1938)
  • 猫とカナリヤThe Cat and the Canary (1939)
  • チャップリンの独裁者The Great Dictator (1940)
  • 北西騎馬警官隊Northwest Mounted Police (1940)
  • 『セカンド・コーラス』Second Chorus (1940)
  • 『絶海の嵐』Reap the Wild Wind (1942)
  • 『森林警備隊』The Forest Rangers (1942)
  • 『ハリウッド宝船』Duffy's Tavern (1945)
  • 『ジャン・ルノワールの小間使の日記』 The Diary of a Chambermaid (1946)
  • 『ハリウッド・アルバム』Variety Girl (1947)
  • 『征服されざる人々』Unconquered (1947)
  • 『戦乱の花嫁』Bride of Vengeance (1949)
  • 『目撃者は語らず』Girl in Room 17 (1954)

参考文献[編集]

  • 大野裕之『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』NHK出版、2007年、ISBN 978-4-14-081183-2

外部リンク[編集]