心理的虐待

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

心理的虐待(しんりてきぎゃくたい)とは、著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。例としては、言葉の暴力、罵声、暴言、恫喝、無視、拒否、自尊心を踏みにじる行為が掲げられる。保護者側に認識のない虐待例としては過干渉などが挙げられる。精神的虐待(せいしんてきぎゃくたい)とも呼ばれる。

欧米先進国や日本では知名度が高い概念ではあるが、国によってはこれに関する報告義務がないなど重視される事は少ない。これは定義が非常に難しく、「虐待のうち身体的虐待性的虐待ネグレクトに含まれないもの」というような消去法(あるいは、他の虐待の合併による合法)でしか定義できない。しかし、個人の精神的問題の尺度を確認するのには有用な概念でもあり、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、いじめ、パワーハラスメント、モラルハラスメントなどに遭った人たちは、この心理的虐待の合併のせいで著しい症状をきたしているとの報告や見解がなされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]