言語差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

言語差別(げんごさべつ)とは、人種差別・老人差別・性差別などのような偏見の一形式である。大まかな定義では、個人の富・教育社会地位人格言語の選択と使用の特質を独自に判断できることを必然的に含むものである。

言語差別は、1980年代半ばにフィンランド出身の社会言語学者 Tove Skutnabb-Kangas によって造語された言葉で、Skutnabb-Kangas & Phillipson (1989: 455) は言語差別を「言語に基づいて線引きされた集団間の(物質的・精神的)権力資源不平等な分配を正当化・達成・再生産するために使われるイデオロギー構造」と定義した。

言語差別は主に社会的な現象である。ある特定の言語グループに対する政策決定の形式として言語差別が取られる地域もある。しかし、人種差別は社会的であって、アパルトヘイト政治的であるように、言語差別と政策決定が同時に存在する必然性はない。考慮されうる言語の部分には、訛り語彙の規模(人は複雑で様々な言葉を使うけれども)・統語論であろう。また、その人のある言語以外の言語を使う能力があるかないかも必然的に含まれるだろう。例えば、フランス日本語を話す人は、フランス語を話す人とは違った扱いを受けるだろう。

偏見の一形態としての言語差別は多分、今日では文化的タブーである人種差別性差別とは違って多くの注意が払われていないので、しばしば他の形式よりも潜在意識的なものである。更に、多くの人は言語的技量に部分的に基づいて、ある人の教養についての推論を導くことは論理的に筋が通っておらず、道徳的に不届きであると感じている。しかしながら、多くの言語学者が注意を促しているように、その人たちが使う「何が技量を構成するか」という定義はしばしば非論理的である。

参考文献[編集]

  • Ammon, Ulrich [ed.] (1989) Status and Function of Languages and Language Varieties, Walter de Gruyter ISBN 311011299X.
  • Skutnabb-Kangas, Tove & Robert Phillipson (1989) "'Mother Tongue': The Theoretical and Sociopolitical Construction of a Concept" In Ammon (1989)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]