社会的弱者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

社会的弱者(しゃかいてき じゃくしゃ、: socially vulnerable)とは、一社会集団の成員でありながら、大多数の他者との比較において、著しく不利な、あるいは不利益な境遇に立たされる者(個人あるいは集団)のことである。

概説[編集]

身体的特徴(人種など)・思想的特徴(思想、宗教など)・所属社会の特徴(所属民族国籍など)等に代表される個人あるいは一集団が持つ特徴によって、所属するより大きな社会集団の中で少数派の立場にあり、発言力も社会的な進出の機会も制約される、一般的な社会的少数者が第一に挙げられる。しかし、そればかりでなく、一社会集団の中で身体および身体能力、健康学歴年齢生活形態、社会的スキル等の有無により、その発言力が限定され、生活上の利便を図ることも難しく、他の多くの人々に比べて、その生活の質において、著しく不利で傷つきやすい立場に置かれている人々のことをいう。

要因[編集]

社会的弱者が生み出される要因として、次のようなものが挙げられる。

低所得者を見下し、ひどく扱う社会的風潮
男性差別、女性差別など。ジェンダーによる勤務時間や給与差、世間体からの評価・扱いなど。
身体的能力、学歴、社会的スキルなどによる差別。交通弱者など。極端な例だが、疫学的理由のない隔離なども挙げられる。
義務教育より先の課程にある学校(高校~大学)を卒業したかによる差別。
日本では特に「高校に進学(卒業)していない」という理由だけで、中卒者を無条件に見下す差別(当人の責めに帰さない理由[1]も含まれる)。
  • 法律的・文化的な差別
国籍、人種、エスニシティー(民族性)による差別。
社会的に数の少ない集団、あるいは、発言力の弱い集団。
インターネットに接続する環境にないなど情報量が少ない者。
ブロードバンドの利用できない地域の居住者。

脚注[編集]

  1. ^ 病気、障害、経済的な理由などで高校への進学が不可能ないし困難な場合、またはやむを得ない事情で自主退学(中退)を余儀なくされた場合など(犯罪その他の非行など、当人の責めに帰すべき場合は除く)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]