メイ・ウィッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メイ・ウィッティ
May Whitty
May Whitty
本名 Mary Louise Whitty
生年月日 1865年6月19日
没年月日 1948年5月29日(満82歳没)
出生地 イングランドの旗 リヴァプール
死没地 アメリカ合衆国の旗 ビバリーヒルズ
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
ジャンル 映画・舞台
活動期間 1881年 - 1948年
配偶者 ベン・ウェブスター(1892年 - 1947年)※死別
主な作品
ミニヴァー夫人』(1942年)
備考
1918年 大英帝国勲章(DBE)

メイ・ウィッティMay Whitty1865年6月19日 - 1948年5月29日)は、リヴァプール出身のイングランド女優メイ・ホイッティと表記されることもある。

女優として史上初めて大英帝国勲章デイム・コマンダー(司令官騎士、DBE:Dame Commander of the Order of the British Empire)を受章した。そのため「デイム (Dame)」を冠して名前が表記されることが多い。

略歴[編集]

1865年リヴァプールで新聞編集者ウィリアム・アルフレッド・ウィッティとその妻メアリー・ルイーザ・アシュトンとの間に生まれる。1881年に地元の舞台に立ち、女優としてデビュー。翌年にはロンドンの舞台に立つ。

1892年に俳優ベン・ウェブスターBen Webster)と結婚。

1895年アメリカに渡り、ブロードウェイの舞台に立つ。1905年にアメリカで娘マーガレット[1]を出産。

1914年イギリスサイレント映画Enoch Arden』で映画デビュー(夫と共演)。その後、数本のサイレント映画に出演。1918年に女優として史上初めて大英帝国勲章デイム・コマンダー(DBE)を受章。1937年に『夜は必ず来る』でハリウッドデビュー。同作で第10回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされる。その後、ハリウッド映画の脇役として様々な作品に出演。1942年の『ミニヴァー夫人』で第15回アカデミー賞の助演女優賞にノミネート。

1948年で死去。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1937 夜は必ず来る
Night Must Fall
ブラムソン夫人
征服
Conquest
マリア・レティツィア・ボナパルト
1938 バルカン超特急
The Lady Vanishes
ミス・フロイ
1941 断崖
Suspicion
マーサ・マクレイドロウ
1942 ミニヴァー夫人
Mrs. Miniver
レディ・ベルドン
1943 名犬ラッシー 家路
Lassie Come Home
ダリー
キュリー夫人
Madame Curie
ウジェーヌ・キュリー(ピエールの母)
1944 ガス燈
Gaslight (1944 film)
Miss Thwaites
ドーヴァーの白い崖
The White Cliffs of Dover
乳母

脚注[編集]

  1. ^ Margaret Webster (1905 - 1972):舞台女優・演出家。

外部リンク[編集]