恋人 (タロット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェイト版タロットの恋人
マルセイユ版タロットの恋人

恋人(こいびと、The Lovers)は、タロット大アルカナに属するカードの1枚。カード番号は「6」。

カードの意味[編集]

正位置の意味
合一、恋愛・性愛、趣味への没頭、浮気、調和、選択、楽観、絆、試練の克服。
逆位置の意味
誘惑、不道徳、失恋、空回り、無視、集中力欠如、空虚、結婚生活の破綻。

アーサー・エドワード・ウェイトタロット図解における解説では「魅力・愛・美」を意味するとされる。

カバラとの関係[編集]

ヘブライ文字はザイン(ז)、ただし複数の異説がある。また「黄金の夜明け団」の説ではビナーとティファレトのセフィラを結合する経に関連付けられている。

占星術との対応[編集]

以下のような諸説がある。

寓画の解釈[編集]

15世紀頃の初期のタロットでは複数の男女が人生を謳歌する構図で、単純に恋愛そのものを表していたようにみえる。

マルセイユ版タロットに注目すると、2人の女性が1人の男性の両側に立ち、その頭上に天使らしき1匹(?)を確認できるがこれはクピド(またはエロス)であり、(人間的な)生臭い男女の関係を表していると言える。向かって左側に位置する女性は(頭の被り物から見て)ある種の権力を持っているようであり、我が物顔で男性の肩に手を置いている。一方、向かって右側の女性は年も若く、アプローチも情熱的であろうことが男性の心臓に近い部分に当てられた手から窺い知ることができる。どことなく、頭上の天使とこの女性は協力関係にあるように見える。中心の若者は明らかに優柔不断であると見て取れるが、それは2人の女性両方が彼にとって大切な何かであることを表している。具体的には、彼の頭は(彼自身から見て)右側(意識・理性)の威厳ある人物へと向けながら、残りの身体は(彼から見て)左側(本能・無意識)の金髪の人物へと向けられていることから、まるで万力に挟まれたかのように身動きすらままならないようである。そこで「優柔不断」という解釈や「選択・決断」という意味がうまれる。

ウェイトは無駄を省いて均衡の取れた1組の男女を書き表した。ウェイト版に描かれている人物は、旧約聖書アダムとイヴユダヤ教の聖典・タルムードのイブとリリス又は女神アプロディーテーイリオスの王子・パリスとも)がモチーフとされる。クピドも天使ラファエルに変更されている。

脚注[編集]

  1. ^ 「黄金の夜明け団」の説。

外部リンク[編集]