データ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

データ放送(データほうそう)とは、主に地上デジタルデータを送信することを目的とした放送である。

概要[編集]

データ放送の最も大きな特徴は、規定されるのがデータを伝送するための規格だけで、データを処理・表示するための規格は法律などによって厳密には規定されないことである。 このため同様にデジタルデータを送信するにもかかわらず、文字多重放送デジタル放送でのテレビ放送・ラジオ放送などは狭義のデータ放送から外れることになる。しかしデジタル放送で行うための規格を厳密に規定しているにもかかわらず、一般にデータ放送として扱われるものもあるため、その定義は混沌とし始めている。

日本のデジタル放送において、携帯端末向け以外のデータ放送にはARIBによりデータ放送向け記述言語としてBMLが規定されている。

データ放送の種類[編集]

デジタルテレビにおけるデータ放送実施例

他の放送との関連による分類[編集]

データ番組が同時に放送されるテレビやラジオ番組とどのように関わっているかで以下のように分類できる。

独立データ放送
データ放送サービスのみで完結するものをいう。
番組連動データ放送
放送されている番組と連動してデータ放送を行うものを言う。番組表で「」と表記されているのはこれのこと。
  • 例:テレビやラジオでクイズ番組を放送し、データではそれと連動したクイズを出題する。
ちなみにテレビの画面上ではNHKでは「dデータ」(地上波・BS共通)。日本テレビ系列、フジテレビ系列、テレビ朝日系列、テレビ東京系列では「dデータ放送」として表示している(テレビ朝日系列ではかつてはアナログ放送でも表示されていたが、アナログ放送では番組連動データ放送・補完データ放送はもとから行われていなかった)。
文字多重放送(字幕放送)とは異なり、番組連動データ放送のある番組でも、遅れネットではほとんど対応できない(過去にNHK総合テレビの「世界ふれあい街歩き」を北海道ローカルで地域番組差し替えに伴う別時刻での時差放送の際に番組連動データ放送を実施した事例がある)。
補完データ放送(番組情報)
その番組の放送中ではない時間にも、番組関連の情報をデータ放送で行うものをいう。
  • 例:テレビチャンネルやラジオチャンネルで供給される天気予報やニュースのデータ。おすすめ番組の紹介。
  • 最大震度3以上を記録する地震が発生した場合には震源地と規模、津波に関する情報(NHKのみ)。

ただし番組連動データ放送と補完データ放送を同一視する見方もある。

媒体による分類[編集]

通信衛星(CS)や、放送衛星(BS)によるデータ放送は特に衛星データ放送と呼ばれ区別される。地上波と比較し大容量のデータを全国一斉に配信できる利点がある。

CSデータ放送
スカパー!で行われたパソコン向けサービス、ディレクTVで行われた受像機向けサービスの他、110度CS放送(スカパー!e2)でも受像機向けのデータ放送が行われている。
BSデータ放送
狭義にはアナログ波による衛星放送のサービスの一部として実施されたデータ放送を指す。衛星デジタル音楽放送WOWOWがそれぞれ実施したが、いずれも2000年に放送を終えた。広義にはBSデジタルデータ放送を含む。
BSデジタルデータ放送
各テレビ放送、ラジオ放送チャンネルで補完放送としてデータ放送が行われているほか、独立データ放送のチャンネルも存在する。

データ放送の歴史[編集]

1980年代中盤 文字多重放送開始[編集]

日本におけるデータ放送の起源は1985年に開始されたテレビジョン文字多重放送に見ることができる。文字多重放送ではコード化された文字や図形、電子音で構成されたデータをテレビ電波に重畳させ、受信機でデータを処理し元の画面と音に戻す。法律上において文字多重放送とデータ放送は区別されるが、デジタルデータの放送という点では共通している。

この時期は文字多重放送の他、衛星放送や多サービスを目的とした都市型ケーブルテレビキャプテンシステムなどのニューメディアが注目されており、データ放送もそれらの1つとして構想された。

1990年代中盤 データ放送開始[編集]

法律上のデータ放送は1995年にBSアナログ放送にて開始されたスーパーファミコンアワーが初となる。スーパーファミコンに専用機器サテラビューを接続し受信端末とするもので、身近かつ安価なコンピュータとして普及したゲーム機を活用した新メディアとして注目を集めた。

翌1996年には地上アナログテレビ電波を利用したデータ放送として、専用端末へ文字ニュースを配信するE-NEWS、テレビ番組との連動と双方向通信を特徴としたITビジョンが開始される。

1997年には同じく地上アナログテレビ電波を利用し、パソコンを対象としたADAMSビットキャストがそれぞれ開始された。いずれも通信回線に頼らないデータ配信、テレビ番組とインターネットとの連携を特徴とした。

1998年には衛星デジタル多チャンネル放送スカイパーフェクTV!にてパソコン向けにプログラムを配信するスカイパーフェクPC!が開始された。競合企業のディレクTVはITビジョンと同種のサービスとなるインタラクTVを開始する。全てのディレクTV受信機にはあらかじめこの機能が備わっており、簡単に利用できる付加サービスであることを訴求してスカイパーフェクPC!との差別化を図った。

1990年代中盤から後半にかけては多種多様な受信端末、媒体にてデータ放送が実施された。これらのほとんどは無料で放送されたが、サービスごとに別々の受信機が必要となること、導入に費用が掛かることから普及はしなかった。さらにコンテンツ不足、時間経過による技術・受信機の陳腐化といった問題を抱えることとなり、2000年代に入るとEPGなど最低限のサービスを残し終了した。中には事業化が見込めないと早期に判断され、開始からわずか数年で終了したサービスもある。

2000年代初頭 ISDB方式によるデジタル放送開始[編集]

2000年にはISDB方式によるBSデジタル放送が開始され、データ放送もその特徴の1つとして盛んに持ち上げられた。テレビ、ラジオ各事業者がそれぞれデータ放送を開始した他、独立データ放送を専門に行う事業者も登場した。データ放送は無料で提供されており受信機以外に特別な機材は必要ない。操作もリモコンのカーソルキー、決定キーの利用を主とし、4つの色ボタンと、0-9までは数字ボタンで入力する(0は10のボタン)を補助的に利用する簡単なものである。

独立データ放送チャンネルでは主に文字と静止画による情報が提供される。ただしほとんどのチャンネルではBGMとして音楽を放送しており、番組によっては動画も放送されるなど、テレビやラジオとの境界は曖昧となっている。テレビチャンネルではニュースや天気予報、番組案内のほか、番組と連動させたアンケートやクイズ、ゲームなどの視聴者参加型番組が開始され、ラジオチャンネルでは音楽に沿った画像や曲目などの補完情報をテレビ画面へ表示した。この他にEPGや受信機の改善を行うプログラムもデータ放送により供給される。各局とも見聞きするだけの放送から使う、参加する放送であることを訴えた。

2002年にはBSデジタル放送と受信機を共用した110度CSデジタル放送プラット・ワンスカイパーフェクTV!2(いずれも現・スカパー!e2)がそれぞれ開始され、有料のデータ放送チャンネルも登場した。プラット・ワンでは教育資格番組や懸賞情報、ニュース、さらに専用受信機を利用するepなど主に有料チャンネルが、スカイパーフェクTV!2ではゲームや音楽情報、CMとの連動を目的とした新サービスを提供する無料チャンネルが設けられた。

2003年には地上デジタルテレビジョン放送が開始された。BSデジタル放送と同様にニュースや天気予報、番組案内などの補完データ放送が各チャンネルにて実施されている。アナログ放送との兼ね合いもありレギュラー番組での視聴者参加型番組は少なかったが、2011年の完全デジタル化以降は徐々にではあるが増えつつある。受信機には新たにLAN端子が設けられ、インターネット経由でのデータ送受信を可能とした。この機能の利用は2005年から一部の局において開始されている。

2000年代中盤 淘汰[編集]

かねてから不振が続いた110度CSデジタル放送であったが、独立データ放送チャンネルは2003年から2004年にかけてテレビ放送への転換や終了が続き、20程度あったチャンネルもわずか5チャンネル程度に減少した。BSデジタル放送でも2004年にデータ放送事業者メディアサーブが撤退し、以降撤退する事業者が相次いだ。いずれの局も予想に反したデジタル放送普及の遅れ、普及が進んだインターネットとの競合、広告収入が得られず経営が成り立たないなどの問題点を終了の理由として挙げている。

テレビチャンネルに付随して行われるデータ放送はデジタル放送の普及と共に認知されつつあるが、独立データ放送の将来性は必ずしも楽観できず、放送メディアとしての認知度はいまだ低い状態にある。

その中で、2009年には、BSデジタル放送で唯一単営独立データ放送を行っているウェザーニュースが双方向機能(LAN回線のみ可)を使用して、同chで放送されているSOLiVE24の番組と連動した電子投票機能(ソラボタン)を開始、2010年には更にSOLiVE24で実施されているチャット(ソラチャット)の閲覧や、全国各地の天気予報や気象レーダー画面などウェザーニューズWEBサイトで提供されているコンテンツをデータ放送でも見られる様にするなど、データ放送の新たな可能性を見出す動きもある。

日本で実施されたデータ放送[編集]

BSデジタル放送、110度CSデジタル放送、地上デジタル放送にて送信されるデータ放送は、終了したepを除きすべて受信機単体で利用できる。放送期間は西暦で示した。

衛星データ放送[編集]

放送
期間
サービス名称 放送事業者 受信端末 主な内容
1995-
2000
スーパーファミコンアワー
→1999年からセントギガ衛星データ放送
衛星デジタル音楽放送 BS受信機+スーパーファミコン+サテラビュー+テレビ テレビゲーム、娯楽中心の文字情報など
1998-
2000
インタラクTV ディレクTV 全てのディレクTVチューナー+テレビ 番組連動情報、天気予報、ニュース、オッズなど
1998-
2000
ITビジョン WOWOW ITビジョンチューナー+テレビ、またはITビジョン対応テレビ 番組連動情報
1998-
2000
スカイパーフェクPC! スカイパーフェクTV! スカイパーフェクTV!チューナー+専用ボードを接続したパソコン
1999- (名称なし) ミュージックバード データ放送対応チューナー単体、またはチューナーにパソコンを追加 文字情報による曲目紹介、パソコンに番組連動画像を表示
2000-
2009
オッズプラス
→2002年からスカイパーフェクTV!プラス
スカイパーフェクTV! スカイパーフェクTV!チューナー+データ放送アダプタ、またはデータ放送対応チューナーとテレビ オッズなど番組連動情報
2002-
2004
ep イーピー放送 専用チューナーepステーション+テレビ 番組連動情報、蓄積型データ番組
2003- Gガイド メガポート放送→2005年から日本ビーエス放送→2006年からBS-TBS 受信機能を備えたテレビ、DVD/BDレコーダーなどの録画機器 情報家電を対象としたEPGの配信
2004-
2009
モバHO! モバイル放送 専用端末 ニュース、娯楽など約50番組を提供

アナログ地上波によるデータ放送[編集]

放送
期間
サービス名称 放送事業者 受信端末 主な内容
1996-
1998
E-NEWS
MISTY方式)
フジテレビジョン 専用端末 電子新聞
1996-
2003
ITビジョン テレビ東京などTXN系列 ITビジョンチューナー+テレビ、またはITビジョン対応テレビ 番組連動情報、天気予報、ニュースなど
1997-
2006
ADAMS-P
データイレブン
CLARK
(DataWave)
テレビ朝日などANN系列24局 専用ボードを接続したパソコン 番組連動情報、天気予報、ニュース、EPGなど
1997-
2006
データパレード
ビットキャスト
東京放送などJNN系列8局 専用ボードを接続したパソコン 番組連動情報、天気予報、ニュースなど
1997- Gガイド 東京放送などJNN系列を中心とした30局(JNN系列28局・系列外2局) 受信機能を備えたテレビ、DVD/BDレコーダーなどの録画機器 情報家電を対象としたEPGの配信
1998-
2006
フジテレビジョンビットキャスト
(ビットキャスト)
フジテレビジョン 専用ボードを接続したパソコン 番組連動情報、天気予報、ニュース、EPGなど
1998- ADAMS-EPG(DataWave) テレビ朝日などANN系列 受信機能を備えたテレビ、DVD/HD DVDレコーダーなどの録画機器、パソコン 情報家電を対象としたEPGの配信
2000-
UHBデータ放送
(ビットキャスト)
北海道文化放送 専用ボードを接続したパソコン 番組連動情報、天気、ニュース、EPGなど

地上デジタル放送でのデータ放送[編集]

NHK総合NHK Eテレは全国でスタイルが同じである。

日本テレビテレビ朝日TBSテレビ東京フジテレビ民放キー局系列は系列毎にスタイルが共通である。但し、クロスネット局福井放送は日本テレビ、テレビ大分は番組によって日本テレビかフジテレビ(テレビ大分のネットワーク内訳を参照)、テレビ宮崎はフジテレビとそれぞれのスタイルである。ただし、同系列内でもサービスの更改の遅れなどで(バックカラーなどを別にしても)デザインが大きく差が出る例もある。

独立局は局によってスタイルが異なる。

放送大学学園は独自である(デザインは地上波・BSとも同じだが、BSでは531chのラジオ放送を選局するアイコンが追加されている)。

NHKとテレビ東京を除く在京テレビ局では、平日朝の番組で、データ放送を利用し、B-CASカードに登録した居住地の郵便番号から、画面左下に該当の区市町村の3時間ごとの天気表示する。なお、この表示はリモコン赤ボタンで消去可能。2014年4月からTBS系列(全国)で放送の「あさチャン!」でも、同様の表示を始めている。

関連項目[編集]