ちばあきお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ちば あきお
本名 千葉 亜喜生
生誕 1943年1月29日
満州国の旗 満州国奉天
死没 1984年9月13日(満41歳没)
東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1967年 - 1984年
ジャンル 野球漫画スポーツ漫画
代表作 キャプテン
プレイボール
ふしぎトーボくん』 他
受賞 第22回小学館漫画賞1976年
テンプレートを表示

ちば あきお(本名:千葉 亜喜生、1943年1月29日 - 1984年9月13日)は、日本漫画家満州の奉天(現:中華人民共和国遼寧省瀋陽)出身。4人兄弟の3番目で、長兄は漫画家のちばてつや、弟は漫画原作者の七三太朗

来歴[編集]

少年時代は手先が器用でラジオの修理なども出来たほど。高校は夜間学校で昼間は玩具製造工場に勤めていたが身体を壊し退社。療養中に兄・ちばてつやのアシスタントとして漫画界に携わる。

ちばてつやのアシスタントをする中、1967年なかよし』(講談社)掲載の『サブとチビ』でデビュー。代表作は『キャプテン』、『プレイボール』など。ひたむきで健全な少年達を明朗に描いた作品で人気を得た。

躁鬱病を患った後、自殺を図り41歳で逝去(高速道路を走行中のタクシーから飛び降り)。絶筆となった『チャンプ』の最終回(第8話)は、チーフアシスタントであった高橋広が、ちばあきおの下絵をもとに作品として仕上げ掲載された。

21世紀に入ってからも『プレイボール』がアニメ化されるなど、根強く評価されている。

経歴[編集]

  • 1967年、『サブとチビ』でデビュー。
各種少年少女誌に読切作品を掲載する。ちばてつやのアシスタントは1971年まで行う。
  • 1972年、『キャプテン』を連載開始(~1979年)※1972年読みきりの『がんばらなくっちゃ』好評に付き改題して連載化する。
  • 1973年、『プレイボール』を連載開始(~1978年)
  • 1977年、第22回(昭和51年度)小学館漫画賞受賞(『キャプテン』『プレイボール』)。
  • 1979年、『キャプテン』終了後、休筆
  • 1982年、『ふしぎトーボくん』を連載(~1983年)
  • 1984年、『チャンプ』を連載(絶筆)

作品リスト[編集]

自伝的短編。主にデビュー作執筆中の奮闘ぶりが描かれている。
中学野球の物語。谷口、丸井、イガラシ、近藤の墨谷二中の4代に渡るキャプテンと仲間の物語。
1980年代初頭にアニメ化。
『キャプテン』の初代キャプテン谷口の高校野球における活躍を描く。
2005年にアニメ化。
動物と言葉を交わす不思議な少年を描く。
  • チャンプ(1984年4月号~11月号:絶筆、月刊少年ジャンプ) 原案:七三太朗
田舎育ちの少年がボクシングの世界に挑戦する物語。

エピソード[編集]

  • 2008年に『週刊ヤングマガジン』で発表されたトモガキによると、ちばてつやは気分転換として弟のあきおと幼い頃から他の人に電気あんまをかます事がしばしばあったとの事で、『ママのバイオリン(1958年7月 - 1959年5月、少女クラブ、講談社)』が連載されていた当時も締め切りが迫っていて缶詰状態だった為に、気分転換のために当時の担当者にあきおと電気あんまをかましたところ、担当者は堪らずにちばてつやを蹴飛ばしてしまった。てつやは蹴飛ばされた勢いで窓ガラスに体を突っ込んでしまい、割れたガラスの破片で腕の健を切る大怪我を負い、一時は漫画が描けなくなってしまった。この時、口の中にもガラスの破片が刺さっていたが、かろうじて奥歯で食い止められていた為に頚動脈を切らずに済んだとの事だった。
  • 漫画原作者の武論尊を売れる前から面倒を見ていた。当時、武論尊の住んでいたマンションにちばあきおの仕事場があり、アシスタントの食事を作る際に1食分多く用意しよく食べさせてたという。後に『ドーベルマン刑事』がヒットして有頂天になっていた武論尊を呼び出し説教したこともあった。武論尊は「あきおさんのひと言がなければ、ヒット作を一本出しただけでオレは消えていたかもしれない」と語っている[1]
  • 死の直前は仕事のプレッシャーからか、アルコール依存症状態だったと言われる。

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『北斗の拳』原作者・武論尊が語る自衛隊時代、そして、恩人ちばあきおに伝えられなかった言葉 日刊サイゾー 2013年07月18日付

外部リンク[編集]