小山ゆう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小山 ゆう
本名 大竹由次[1]
生誕 1948年2月20日(66歳)
日本の旗 日本静岡県小笠郡菊川町(現菊川市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1973年 -
ジャンル 少年漫画青年漫画
代表作 がんばれ元気
お〜い!竜馬
あずみ
受賞 第22回小学館漫画賞少年少女部門(『がんばれ元気』)
第43回小学館漫画賞青年一般部門(『あずみ』)
第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(『あずみ』)
公式サイト 小山ゆう 公式ホームページ
テンプレートを表示

小山 ゆう(こやま ゆう、男性1948年2月20日 - )は、日本漫画家。本名・大竹由次(おおたけ・よしじ)[1]

概要[編集]

代表作は『がんばれ元気』、『お〜い!竜馬』、『あずみ』など。『がんばれ元気』、『おれは直角』、『お〜い!竜馬』はテレビアニメ化され、『あずみ』は上戸彩主演で映画化された。

ペンネームの小山ゆうは、恩人である小池一夫の「小」、山本又一朗の「山」、そして自身の本名である由次の「ゆう」を組み合わせたものである[2]

略歴[編集]

静岡県小笠郡菊川町(現菊川市)で専業農家の長男として出生。静岡県立島田商業高等学校卒業後、作曲家を目指して上京した[3]。上京まで漫画はほとんど読まず、興味も薄かったという[4]

上京後、新聞広告で見て入ったアニメ制作会社のテレビ動画株式会社でアニメーターのアルバイトを1年ほどする。休憩時間中にさいとう・たかをの『無用ノ牙』の模写をしていたのがきっかけで[5]1968年にさいとう主宰の「さいとう・プロダクション」を紹介され[6][7]アシスタントとして漫画の世界へ入り、漫画家を目指す決意をする[1]。3年半後、さいとうプロの友人だった山本又一朗やまさき拓味と3人でオリオンプロを設立し、キャラクター商品のデザインや挿絵やカットの仕事を請け負うも1年半で廃業。漫画の仕事をすべく、先にさいとうプロを独立した小池一夫のスタジオシップ(現・小池書院)へ1971年に3人で移籍した[8]

1973年、『週刊少年サンデー』に掲載の『おれは直角』でデビュー[1]。作中のギャグ調の描写で人気作となる[9]。同作連載終了後の1976年にスタジオシップを退社[2]

1976年から『週刊少年サンデー』誌上で連載開始したボクシング漫画『がんばれ元気』は一転してギャグを使わず、少年の成長物語を描いた[10]。同作は5年間の長期連載作となり、1977年には第22回小学館漫画賞少年少女部門を受賞。そして、1980年に自身の初のテレビアニメ化作品になった。

1986年から1996年にかけては、大好きだという坂本龍馬を主人公とした『お〜い!竜馬』を連載[11]

1991年には『おれは直角』が、1992年には『お〜い!竜馬』がそれぞれテレビアニメ化された。

1994年から『ビッグコミックスペリオール』誌上で連載開始した『あずみ』は長年の念願だったというチャンバラの時代劇漫画だった[12]。同作で1998年に、第43回小学館漫画賞青年一般部門と第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。さらに2003年と2005年には旧友の山本又一朗のプロデュースにより映画化された[13]

作品リスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『Fusion Product 創刊号』ふゅーじょんぷろだくと、1981年7月。PP152-153。
  2. ^ a b 宇都宮滋一『「ダメ!」と言われてメガヒット 名作マンガの知られざる制作現場』東邦出版、2003年、p.293
  3. ^ 宇都宮滋一(2003)、pp.271-272
  4. ^ 小山ゆう「特別寄稿」『文藝別冊 KAWADE夢ムック ちばてつや 漫画家生活55周年記念号』河出書房新社、2011年、p.72
  5. ^ 根岸康雄『まんが家インタビュー オレのまんが道(I)』小学館、1989年、p.173
  6. ^ 宇都宮(2003)、pp.272-273
  7. ^ インタビュー・構成木村修「スペシャルインタビュー 小山ゆう」『格闘マンガで強くなる!』アスペクト、1997年、p.12
  8. ^ 宇都宮(2003)、pp.279-283
  9. ^ 根岸(1989)、p.178
  10. ^ 根岸(1989)、p.179
  11. ^ 根岸(1989)、p.180
  12. ^ 宇都宮(2003)、pp.308-310
  13. ^ 宇都宮(2003)、pp.312-315

外部リンク[編集]