20世紀少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本格科学冒険漫画 20世紀少年
本格科学冒険漫画 21世紀少年
ジャンル SFサスペンス冒険青年漫画
漫画
作者 浦沢直樹
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックスピリッツ
レーベル ビッグコミックス
発表期間 1999年 - 2006年(20世紀少年)
2007年1月 - 2007年7月(21世紀少年)
巻数 22巻(20世紀少年)
2巻(21世紀少年)
話数 249話(20世紀少年)
16話(21世紀少年)
テンプレート - ノート

本格科学冒険漫画 20世紀少年』(ほんかくかがくぼうけんまんが 20せいきしょうねん)は、浦沢直樹による日本漫画

1999年から2006年まで『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載された。完結編である『本格科学冒険漫画 21世紀少年』(21せいきしょうねん)は、2007年1月から7月まで連載された。単行本は『20世紀少年』が全22巻、『21世紀少年』は上・下巻の2巻が刊行されている。作品名は、T・レックスの楽曲「20センチュリー・ボーイ」に因んだものである[1]

第48回小学館漫画賞青年一般部門をはじめ、第25回講談社漫画賞一般部門、第6回文化庁メディア芸術祭優秀賞、第37回日本漫画家協会賞大賞、第39回星雲賞コミック部門、フランスジャパンエキスポアワードグランプリ受賞、海外でも2003年にヨーロッパ最大の漫画賞と言われるアングレーム国際漫画祭の最優秀長編賞を受賞する。その他にも多数の賞を受賞している。2010年12月時点で累計発行部数は2800万部を記録[2]

2008年から2009年にかけては、これら2作を原作とした日本映画本格科学冒険映画 20世紀少年』が3部作として公開された。

あらすじ[編集]

高度成長による「夢と希望」に満ちあふれていた時代から、一転して経済は停滞しオカルトブームが起き、世界滅亡の空気まで漂いはじめた、1970年前後。

そんな時代の中で、少年たちは、地球滅亡をもくろむ悪の組織や、東京を破壊し尽くす巨大ロボットに蹂躙され、混沌とし、滅亡に向かっていく未来の世界を空想した。そして、それらに立ち向かい地球を救うのは、勧善懲悪の正義のヒーローとその仲間たちだ。下らないようなストーリーを描いたスケッチブックを、少年たちは“よげんの書”と名付ける。しかし大人になるにつれ、そんな空想の記憶は薄れていく。

1997年、主人公のケンヂは、突然失踪した姉の娘のカンナを養い、コンビニを営む平凡な日々を送っていたが、お得意先の一家の失踪や幼なじみの死をきっかけに、その薄れかけていた記憶を次第に呼び覚まされていく。そして世界各地の異変が、幼い頃空想した“よげんの書”通りに起こっていることに気づく。一連のできごとの陰に見え隠れする謎の人物“ともだち”との出会いによって、全ての歯車は回り出す。

登場人物[編集]

用語[編集]

ウイルス
世界を二度にわたって滅亡の危機に追い込んだ殺人ウイルス。“血の大みそか”以前のものは潜伏期間が無いに等しく、発症後はすぐさま体中至る所から激しく出血、感染者を即座に失血死させる。2015年に使われたものは風邪によく似た初期症状がまず現れ、その後数日の間に前述のような大量出血を引き起こす。これらにより世界人口の半数以上の人々が感染し死亡する事となり、人類が存亡の危機に立たされる事となった。
作中では細菌とウイルスが混乱して描かれているので生物兵器と解釈するべきである。
巨大ロボット
敷島教授が開発した巨大な二足歩行ロボット。“ともだち”によって使われ“血の大みそか”で東京を蹂躙した1台目と、ヤン坊・マー坊の提案で敷島博士が再制作した2台目の二種類がある。双方共に巨大な球体に足がついたような形状をしており、前面には二つのライトが目のように配置されている。主にリモコンで操作されている他、内部にも操縦席がある。
1台目は敷島教授曰く「ロボットとも呼べないようなもの」であり、内部に空気を詰めて巨大に見せているだけで、駆動機構も「二足歩行」とは名ばかりで、足の裏に付けられた履帯によってブリキのおもちゃのようにすり足で動くだけの代物であった。だが、原作ではケンヂの操縦によって数歩だけだが二足歩行を行っている。また、下部にはウイルスの噴霧装置を備えており、これで一般人や出動したSAT及び陸上自衛隊の隊員を出血死させた。
2台目は1台目と違って完全な二足歩行を実現しており、胴体も完全な金属製となっている。原作では上部に2基の砲塔を有していたが、映画版では武装の有無は不明。原作では“ともだち”から離反し、修理工を営んでいた敷島教授が制作したもので、オッチョたちによって“ともだち”に対抗するために使われるはずだったが、リモコンを奪った“ともだち”に使用されてしまった。映画版では最初から“ともだち”が使用している。
なお、元となったケンヂの落書きには「原子りょくきょだいロボット」と書かれているが、実際のロボットが原子力を動力としているかは不明。
絶交
“ともだち”側の人間が敵対する者、邪魔者や裏切り者を殺害することを指す。
首つり坂の事件(原作のみ)
1970年、ケンヂたちが首つり坂の屋敷で幽霊を見に行った出来事。首を吊って自殺を遂げた女性の幽霊が出ると噂されていた。バーチャルアトラクションでは1971年の出来事になっており、このことは1970年の嘘と大きく関わっている。
友民党(友達民主党)
“ともだち”組織たちで構成される政治政党党首は万丈目胤舟。徐々に市民の支持を得て、連立内閣に組み入り、結果“ともだち”は政治的権力をも持つことになった。
ジャーナリストの片岡亮は、創価学会がモデルになっているのではないかと推測している。[3]
地球防衛軍
ウイルスをばらまいた宇宙人の侵略から地球を守るために作られた部隊。英語表記はTDF(TERRESTRIAL DEFENCE FORCE)[4]特撮のような制服とヘルメットを身につけており、レーザー銃(但し玩具のように極端に出来が悪く、まともに武器とも言えない武器)で武装している。一応拳銃などの現実的な武器も所持している他、ヘリコプターや74式戦車なども保有している。本部は東京にあるガラクタの様な巨大なタワー。
映画版では制服が『ウルトラマン』の科学特捜隊に、マークが『ウルトラセブン』のウルトラ警備隊に酷似している。また、レーザー銃も形状こそ原作と同様だが、実弾を発射するものに変更されている。代わりに銃口付近にレーザーサイトを内蔵しており、ある程度は実用的な武器となっている。
親友隊
“ともだち”の親衛隊。任務内容は地球防衛軍とほぼ共通しているが、制服は地球防衛軍とは異なり、通常の軍隊のような物となっている。指揮権は当初万丈目が持っていたが、彼の死後は新幹事長となった高須が掌握する。
ともだちランド
一見遊園地、またはアミューズメント施設だが、実は“ともだち”による洗脳施設。“ともだち”に関わる事柄について調べている青少年が主にその対象となるため、“ともだち”に対する強い信仰を持った人物か、逆に“ともだち”に対する不信感を持った人物が主なターゲットとなっている。さまざまなアトラクションがあり、その中の一つにケンヂや“ともだち”の子供時代を再現した仮想空間もある。ここで成績が悪かったり、従順化せず研修を終えた者は、再教育のためともだちワールドという場所へ送られる。
韓国ナヌムの家にある歴史資料館のように嘘の歴史を刷り込ませるための施設であるとされる。
ドリームナビゲーター
ともだちランドのスタッフ。“ともだち”に従順な信者によって構成され、マニュアルに機械のように従う人間がそろえられている。またドリームクリーナーと呼ばれる清掃員などもいる。
空飛ぶ円盤
ウイルスをまき散らす円盤。人類滅亡の予言を実行するために、“ともだち”の指示で科学技術省長官を務めていたマー坊が開発したもので、原作では3機、映画版では2機が登場した。リモコンで操作される典型的なアダムスキーUFOで、機体下部にウイルスの噴霧装置を有する。飛行原理は不明で、マー坊も「飛ばないと思っていたが、作ってみたら飛んだ」といった旨の発言をしている。
エロイムエッサイムズ
小泉響子が追っかけをしていたバンド。メンバーはルシフェル斉藤、メデューサ井上、ダミアン吉田(脱退)、穣二・A・ロメロ(新加入)・不明の4人で成り立つ。ダミアンは西日暮里の交差点で「悪魔くん」ことケンヂに出会い、彼の作った曲と破天荒なギター技術を教わった。
2000年血の大みそか
世界各地で突如ウイルスが撒き散らされた事件。2000年12月31日に起きた事件であるためこのように名付けられた。この事件の自作自演によって、“ともだち”と彼の率いる友民党は、世界の救世主たる地位を確立する。また首謀者はテロリストとして指名手配されていたケンヂ一派とされ、後の教科書にも正史として記録された。
超能力
劇中で何度も登場する謎の力。主にスプーン曲げに代表されるが、神様には予知能力らしきものがある。フクベエ、万丈目、カンナの3人に関わる出来事ではスプーン曲げの場面がいくつか描かれている。が、一方で単なるイカサマであるというシーンも描かれており、ほとんどの場面では超能力が曖昧な存在として描かれている。
1970年の嘘
フクベエが万博に行けなかったことを隠すためについていた嘘。“ともだち”の少年時代を再現しているヴァーチャルアトラクション内では、“ともだち”の少年時代として当初はその嘘がそのまま再現、設定されていた。少年時代、フクベエは万博に行けなかった事を隠すため外出を控え、ケンヂ達に嘘がバレぬよう必死で身を潜めていた(映画版ではカツマタになっている)。
ラビット・ナボコフ
ソビエト連邦の崩壊(1991年)以後自由主義資本が流入するロシアで、アレクサンドル・ナボコフなる人物が考案したとされるトランプカードを使用した架空のカードゲーム(及びそのゲームでの最高役名)。大勝ちと大負けが発生する両極端なギャンブル性と、イカサマのしやすさから、通常のカジノでは行われなくなっており、主にマフィアが仕切る闇カジノで行われている。役名や用語は「ハラショー」「ピロシキ」「ペレストロイカ」などロシア語が多い。
友路
ともだち暦3年(西暦2017年)の時点で日本で使われている通貨。読み方は“ゆうろ”。
喜楽庵(原作のみ)
氷の女王のアジト。蕎麦屋である。右側の真ん中の席に座り、あるもの(ひえひえ)を頼むと氷の女王の仲間になれる。実は蕎麦を茹でる店員・中川は、“ともだち”のスパイであったため、解雇された。
ジジババ
子供時代のケンジ達がよく行っていた駄菓子屋の通称。あるいはその店の店長である老婆のあだ名。元々ジジと呼ばれる老人がいたが、すでに故人であるため、ババ一人で経営している。
宇宙特捜隊バッジ
ケンヂ達の子供時代、ジジババの店で売られているガムの当たり券の景品であったバッジ。当時の子供達の間ではレアアイテムとして注目されていた。映画版では「地球防衛軍バッジ」という名称に変更されている。作中ではマルオがこれを引き当てていた他、サダキヨ以外の「お面の子供」がこれを胸に着けていた。なお、映画版最終章にてヨシツネも引き当てていたことが判明した。原作と映画版を共通し、物語終盤では“ともだち”の核心を掴むための手掛かりである重要なアイテムとなっている。
形状などから『ウルトラマン』で科学特捜隊員が通信機として使用していた「流星バッジ」がモデルと思われる。

よげんの書[編集]

ケンヂ達が小学校の頃に秘密基地のメンバーで考えた「将来やってくるだろう悪の組織の地球征服」の方法を書いたもの。しかし、それとは別にフクベエ(映画版ではカツマタ)達がしんよげんの書を作っていた。

よげんの書(旧来)
  • サンフランシスコで細菌兵器が散布される。(1ページ目)
  • ロンドンで細菌兵器が散布される。(2ページ目)
  • 大阪で細菌兵器が散布される。(3ページ目)
  • 羽田空港が爆破される。(4ページ目)
  • のろしが上がる(国会議事堂が爆破される)。(5ページ目)
  • 2000年12月31日東京に巨大ロボットが襲来。世界各地で細菌兵器が散布される。(6ページ目)
  • 9人の戦士(書かれた時点ではケンヂ、オッチョ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、モンちゃん、ケロヨン、コンチ、ドンキーのはずであった)が立ち上がる。(7ページ目)
しんよげんの書(新来)
  • 新宿の教会で救世主(ホクロの警官)が暗殺される。(1ページ目)
  • 万博が開かれる。(2ページ目)
  • リリリンと電話が鳴り、人類滅亡の準備が整う。(3ページ目)
  • スーツケースを持ったセールスマンが世界中でウイルスを散布し始める。(4ページ目)
  • 聖母(キリコ)が天国か地獄をたずさえて降臨する。(5ページ目)(原作のみ)
  • 2015年で西暦が終わる。(6ページ目)
  • 世界大統領が誕生する(7ページ目)
  • 世界大統領が火星移住計画を発表する。(8ページ目)(原作のみ)
  • ともだち暦3年(西暦2017年)の8月20日、宇宙人が地球を襲い、世界が滅びる。(映画9ページ目)
しんよげんの書 最後のページ
  • 巨大ロボットに秘密基地が踏み潰されたとき隠された反陽子爆弾のスイッチが押され世界が滅びる(原作9ページ目)。
  • そして人類はほとんど死に、世界大統領は仲のいい友達と楽しく暮らす。(映画10ページ目)

時系列[編集]

※ 記述が膨大なため、伸縮型のメニューとして表示する。

番外編[編集]

映画版の公開に伴いスピリッツに掲載。内容と設定は下記の映画版を基盤にしている。

  • 20世紀少年 予告(血の大晦日のロボットに向かい歩むケンヂたちのエピソード、「20世紀少年探偵団」にも収録)
  • 20世紀少年 第2章 最後の希望 予告(VA内に入ったカンナが幼年ケンヂと別れた後のエピソード)
  • あおぞらChu-意報 作・画/ウジコウジオ(劇中漫画家ウジコウジオがユキジに見せた劇中漫画)
  • まんがり道 作・画/ウジコウジオ(劇中漫画家ウジコウジオがユキジに見せた劇中漫画シリーズ)

コミックス・関連書籍[編集]

単行本[編集]

単行本は、全て小学館より刊行された。巻数表示は、『20世紀少年』のみ「第○集」である。

浦沢直樹『20世紀少年』小学館〈ビッグコミックス〉、全22巻
  • 第1集 「ともだち」 2000年3月1日発行、ISBN 4-09-185531-8
  • 第2集 「予言者」 2000年7月1日発行、ISBN 4-09-185532-6
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2000年第4・5合併号-第10号、第13号-第17号初出。
  • 第3集 「ギターを持った英雄」 2000年10月1日発行、ISBN 4-09-185533-4
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2000年第18号-第25号、第27号-第30号、第33号初出。
  • 第4集 「愛と平和」 2001年3月1日発行、ISBN 4-09-185534-2
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2000年第34号-第41号、第44号-第47号初出。
  • 第5集 「さいかい」 2001年6月1日発行、ISBN 4-09-185535-0
    • 本巻の途中から、舞台は2014年に移る。週刊『ビッグコミックスピリッツ』2000年第48号-第50号、2001年第1号-第10号初出。
  • 第6集 「最後の希望」 2001年9月1日発行、ISBN 4-09-185536-9
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2001年第13号-第21・22合併号、第26号、第27号初出。
  • 第7集 「真実」 2001年12月1日発行、ISBN 4-09-185537-7
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2001年第28号-第33号、第36・37合併号-第41号初出。
  • 第8集 「ケンヂの歌」 2002年4月1日発行、ISBN 4-09-185538-5
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2001年第41号-第44号、第47号-第51号、2002年第1号-第4・5合併号初出。
  • 第9集 「ラビット・ナボコフ」 2002年8月1日発行、ISBN 4-09-185539-3
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2002年第6号、第7号、第11号-第19号初出。
  • 第10集 「顔のない少年」 2002年10月1日発行、ISBN 4-09-185540-7
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2002年第20号-第31号初出。
  • 第11集 「成分表示」 2003年2月1日発行、ISBN 4-09-186631-X
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2002年第34号-第46号初出。
  • 第12集 「ともだちの顔」 2003年5月1日発行、ISBN 4-09-186632-8
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2002年第47号、第49号-2003年第1号、第3・4合併号-第9号初出。初版限定で作中に登場するあるアイテムが封入されている。
  • 第13集 「終わりの始まり」 2003年8月1日発行、ISBN 4-09-186633-6
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2003年第10・11合併号-第22・23合併号初出。
  • 第14集 「少年と夢」 2003年11月1日発行、ISBN 4-09-186634-4
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2003年第24号、第25号、第27号-第36号初出。
  • 第15集 「ばんぱくばんざい」 2004年2月1日発行、ISBN 4-09-186635-2
    • 巻末より舞台は「ともだち歴3年」(西暦換算で2017年にあたる)に移る。週刊『ビッグコミックスピリッツ』2003年第37・38合併号、第39号、第42号-第51号初出。
  • 第16集 「鏡のむこう」 2004年6月1日発行、ISBN 4-09-186636-0
    • 巻頭カラー。週刊『ビッグコミックスピリッツ』2004年第4・5合併号-第16号初出。
  • 第17集 「クロスカウンター」 2004年12月1日、ISBN 4-09-186637-9
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2004年第17号-第20号、第22・23合併号-第25号、第33号-第36号初出。
  • 第18集 「みんなの歌」 2005年4月1日発行、ISBN 4-09-186638-7
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2004年第37・38合併号-第41号、第44号-第47号、第49号-第51号初出。
  • 第19集 「帰ってきた男」 2005年8月1日発行、ISBN 4-09-186639-5
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2004年第52号-2005年第3・4号、第7号、第10号、第11号、第13号-第15号、第17号初出。初回限定版には「20th Century Boy」を収録したCDが特典として付属された。
  • 第20集 「人類の勝負」 2005年12月1日発行、ISBN 4-09-186640-9
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2005年第18号、第19号、第21・22合併号、第23号、第26号-第28号、第30号、第32号-第34号初出。
  • 第21集 「宇宙人現る」 2006年4月1日発行、ISBN 4-09-180159-5
    • 週刊『ビッグコミックスピリッツ』2005年第38号-第40号、第42号-第44号、第47号-第49号、第51号、第52号初出。
  • 第22集 「正義の始まり」 2007年1月1日発行、ISBN 4-09-180805-0
    • 本巻は、単行本の中では最もページ数が多く、唯一250ページを超えている。週刊『ビッグコミックスピリッツ』2006年第1号、第3・4合併号、第5・6合併号、第8号、第10号、第11号、第13号-第15号、第18号-第21・22合併号初出。
浦沢直樹『21世紀少年』小学館〈ビッグコミックス〉、全2巻

関連書籍[編集]

  • 竹熊健太郎 『20世紀少年探偵団』 小学館〈ビッグコミックススペシャル〉、2008年(平成20年)、ISBN 978-4-09-182194-2
    • 漫画の主な舞台となった1970年代の世相・風俗を解説したオフィシャル本。
    • 原作者である浦沢直樹が監修を担当している。
  • 浦沢直樹ウジコウジオ 『20世紀少年の脇役 ウジコウジオ作品集』 小学館〈ビッグコミックススペシャル〉、2010年(平成22年)、ISBN 978-4-09-183245-0
    • 『20世紀少年』スピンオフ作品集。

映画[編集]

2008年から2009年にかけて、堤幸彦監督、唐沢寿明主演により3部作で公開された。

総製作費60億円のプロジェクトで、3部作は全て週末観客動員数1位を記録し、最終興行収入は3部作総額で113.7億円。映画完結後も、未公開シーンを加え劇場版と異なるラストを収録したDVDBlu-ray Discの発売、地上波テレビにて『20世紀少年 サーガ』と題した再編集バージョンが放送されるなどしている。

脚注[編集]

  1. ^ 雑誌『AERA臨時増刊号 AERA in FOLK 〜あれはロックな春だった!』2006年3月18日発売(朝日新聞社)
  2. ^ 「20世紀少年」全3部作、スカパー!で無料“イッキ見”ウェブ魚拓
  3. ^ ナックルズBOOKS『日本のタブー バカは知らない真相報道』(ミリオン出版)、64-72ページ。
  4. ^ 20世紀少年世界(ワールド)Tシャツ応募者全員サービス」より。
  5. ^ だがダミアンは2014年(平成26年)に脱退させられた際、悪魔に会ったという発言をしているので矛盾が生じる。

外部リンク[編集]