エネルゲイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エネルゲイアとは、アリストテレスによって提唱された哲学用語現実態と訳される事もある。

可能的なものが発展する以前の段階であるデュナミスが、可能性を実現させた段階をエネルゲイアとアリストテレスは呼んだ。例えば種子を例とすれば、まだ成長していない種子はデュナミスであり、その種子が花となった段階はエネルゲイアということである。さらに可能性を完全に実現して、その目的に至っている状態のことをエンテレケイアと呼んだ。

エネルゲイア[編集]