蜂須賀正勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
蜂須賀正勝 / 蜂須賀小六
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永6年(1526年
死没 天正14年5月22日1586年7月8日
改名 小六、小六郎、正勝
別名 彦右衛門(通称)
戒名 福聚院殿良巌浄張大居士
墓所 興源寺徳島県徳島市
蓮華寺愛知県あま市
官位 従四位下修理大夫
主君 斎藤道三織田信長豊臣秀吉
氏族 蜂須賀氏
父母 父:蜂須賀正利
母:安井御前(安井弥兵衛尉重幸の娘)
兄弟 正勝正元
大匠院(まつ、松)[1]
家政奈良姫賀島長昌室)、糸姫黒田長政室)

蜂須賀 正勝(はちすか まさかつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての日本武将羽柴氏豊臣氏)の家臣。通称小六(ころく)もしくは小六郎(ころくろう)で、特に前者は広く知られているが、のちに彦右衛門(ひこえもん)に改名している。官位従四位下修理大夫。

生涯[編集]

蜂須賀正勝生誕地(蜂須賀城跡)に立つ「蜂須賀正勝公碑」(愛知県あま市蜂須賀蓮華寺前)

蜂須賀氏は、尾張国海東郡蜂須賀郷(現・愛知県あま市蜂須賀)を根拠とした国人領主であり、正勝は大永6年(1526年)、蜂須賀正利の長男として蜂須賀城に生まれる。父の死後、母・安井御前の故郷である丹羽郡宮後村(現・愛知県江南市宮後町)に移住する。

若年期には川並衆(その存在は『武功夜話』にのみ記され、存在は疑問視される)を率いて木曽川の水運業を行うことで利益を得ていたと考えられている。また、これらの地理的な知識や人脈を用いて美濃国斎藤道三、尾張国の岩倉城主・織田信賢、同国の犬山城主・織田信清にも一時的に仕えたこともあるが、あくまで独立勢力として存在していた。なお、講談や『太閤記』では野盗の親分とされ、長らく信じられている[2]

豊臣秀吉との出会いは諸説あり、特に浪人時代の秀吉と矢矧川の橋(矢作橋)で会ったという逸話が有名であるが、当時の矢矧川はまだ架橋されておらず、後世の創作である可能性が高い。一説では、秀吉が織田氏に仕える以前に正勝に仕えたともいわれ、小和田哲男『豊臣秀吉』では、秀吉は父・弥右衛門が蜂須賀正利の配下であった縁で正勝に仕えたと指摘している[3]。なお、織田信長側室生駒吉乃の実家である生駒氏とは縁戚関係にあり、『織田家雑録』によれば秀吉が織田氏に仕えたのは正勝と縁のあった吉乃の推薦によるとしている。

永禄9年(1566年)、美濃国において秀吉の手で果たされた墨俣城築城前野長康らと協力し(「墨俣一夜城」の逸話も後世の創作である可能性が高い)、秀吉がその守備頭となった際には与力としてともに行動し、斎藤氏方を調略する案内役として活動していた。その後は、越前天筒山城金ヶ崎城攻め、近江横山城の攻略、および、長島一向一揆攻めで、秀吉に従軍して功をあげ、天正元年(1573年)、浅井氏の滅亡後に秀吉が近江長浜城主(当初は小谷城主)となると、長浜領内に所領を与えられた。

天正5年(1577年)から始まった中国攻めにも従軍し、天正7年(1579年)の播磨三木城攻め(三木合戦)、天正9年(1581年)の因幡鳥取城攻めにも従軍して活躍し、その功によって播磨龍野5万3千石を与えられた。天正10年(1582年)、本能寺の変の際には備中高松城攻略の最中で、黒田孝高と共に高松城開城に尽力し、いわゆる中国大返しを成功に導いた。天正12年(1584年)の徳川家康との小牧・長久手の戦いにも従軍する。

天正13年(1585年)、朝廷より従四位下官位を賜り、修理大夫に叙任される。同年の四国攻めでは阿波木津城を降し、四国取次として戦役前後の交渉や領土引き渡しなどの処理にあたった。長宗我部元親への押さえとして秀吉から阿波一国を与えられるが、正勝は秀吉の側近として仕えることを望んでこれを辞退し、嫡男家政に譲り渡された。自身は結局、阿波に入国することはなかったといわれる。黒田孝高と共に毛利氏の取次も務め、中国国分国境を確定させた。

万年山墓所の蜂須賀正勝の墓(徳島県徳島市眉山町)

天正14年5月22日1586年7月8日)、大坂城外の邸宅にて死去した。享年61。法名は福聚院殿前匠作四品良巌浄張大居士。墓所は徳島県徳島市眉山町、および、同市下助任町の大雄山興源寺に所在するほか、出身地である愛知県あま市蜂須賀の池鈴山蓮華寺にも家政との合同墓碑がある。

系譜[編集]

関連作品[編集]

月岡芳年 『美談武者八景 矢矧の落雁
矢矧橋における蜂須賀小六(描画上は蓮葉皃六将勝)と日吉丸(少年期の豊臣秀吉)の出会いを描いた大判浮世絵武者絵明治元年1868年)刊。
映画
テレビドラマ
小説
漫画

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三輪五郎左衛門吉高または益田太郎右衛門持正の娘。
  2. ^ 但し、正勝が盗賊だったということは間違いで、前記の通りに国人(土豪)が正しい。
  3. ^ 小和田(1985年)

参考文献[編集]

関連項目[編集]