佐倉惣五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐倉 惣五郎(さくら そうごろう、慶長10年(1605年)? - 承応2年8月3日(1653年9月24日)?)は、江戸時代前期における下総国印旛郡公津村(現在の千葉県成田市台方)の名主。姓は木内氏、俗称は宗吾。

佐倉惣五郎

概要[編集]

下総国印旛郡の堀田領内佐倉城下に生まれ、本名を木内惣五郎という。肥後国五家荘には、五家荘葉木の地頭・緒方左衛門の子で、下総の木内家の養子になったという伝承がある[1]年貢の取り立てが年々厳しくなるにつれて、佐倉を代表して殿様への直訴を申し出た。

江戸時代の公津村は佐倉藩領で、惣五郎は藩主である堀田氏の苛政を、や江戸役人、幕府老中にも訴えたが聞き入れられなかった。このため惣五郎は、1653年承応2年)、上野寛永寺に参詣する四代将軍徳川家綱に直訴した。その結果、藩主の苛政は収められたが、惣五郎夫妻は(はりつけ)となる一方、男子も死罪となってしまった。その後、惣五郎は堀田氏に祟るようになり、堀田氏は改易となったという。

しかし、こうした伝承がある一方、資料上では惣五郎が一揆や直訴を行ったという記録はない。江戸時代中期以降、『地蔵堂通夜物語』や『東山桜荘子』などの物語や芝居に取り上げられ、義民として知られるようになった。『東山桜荘子』初演の8年後の安政6年(1859年)に信濃国伊那谷白河藩飛地領で起きた南山一揆の指導者小木曽猪兵衛は佐倉惣五郎を講釈に仕立てて一揆を組織したと言われている[2]

また佐倉の信奉者は多く、幕末期から明治時代の思想家である福澤諭吉も、「古来唯一の忠臣義士」としてその名を挙げている[3][4]

惣五郎の逸話をモデルにした作品として、第17回小学館文学賞を受賞した児童文学短編『ベロ出しチョンマ』がある。作者である斎藤隆介自身が惣五郎を逸話をもとにした創作であると解説している[5]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 蒲生重章「佐倉宗五郎傳」:『近世偉人傳・二編』(明治11年)より

関連項目[編集]